杳月日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ブス」という呪文

<<   作成日時 : 2018/05/21 10:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 旦那さんが好きだそうで、カレー沢薫さんの本を読みました。

 『ブスの本懐』(カレー沢薫・著)


 
ブスの本懐
太田出版
カレー沢 薫
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ブスの本懐 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





 私は泣く子も黙る正統派ブスなので、この本は「あるある」と頷きすぎて顎がガクガクした。もう大変。
 バッサバッサと斬って捨てるさまを、「ひどい」と取るか、「おもろい」と取るか。私は完全に後者で、「語彙力すげぇ」とただただ感心するのみでした。
 本の帯にもある通り、「みんな違って、みんなブス」や、「『ブスだけどモテる』と言われている女は、5億%ブスではない」など、名言が乱発乱立阿鼻叫喚です。
 まあ、この年にもなるとね、ブスの上にババアという、最強のBBになるため、別に気にもせず。長年ブスで生きていると、処世術(という名のスルースキル)も身に着くのです。

 あー、でも、「鏡を見ないブス」ってのはキたなー。私、完全にそうだもん。鏡を見ると自分の顔が見えるわけで、そら見ないっての。見たくない(笑)。

 私はブスですが、私自身は可愛い人が好きです。友達諸氏はみな可愛いのでデゥフェェって感じ。なにせ、自分のブス面は自分には常時見えているわけではありませんが、話をしている他人の顔は目に入るわけですからね。友人の目をつぶししといて何言ってやがるんだと思いますが、真理なので仕方ありません。あきらめろ、友人!

 本書の中で一番ぴったりとハマったのが、

 「恋愛、結婚においても、全世界の男に『爆笑or無言』というリアクションを頂戴する顔の女であっても、たった一人、自分にピッタリ合った男か石油王に見初められれば幸せになれることもある」

 という一文です。おお、俺のことやないか!

 そうなんですよ。世の中にはブス専という男もいます。ブス専にも種類があって、「光のブス専」と「闇のブス専」がいるとあります。ウチの旦那さんは前者で(たぶん)あって良かったです(そうであってほしい)。
 蓼食う虫も好き好きっていうか、旦那さんは目鼻立ちのハッキリした華やかな美人や、子リス的なキュート系かわいこちゃん、ちょっとドジッ子な部分もある民放女子アナ風美人、などが、嫌い。です。どれも、私は10000分の1ナノもかすってません。平安時代の化け猫顔に生まれて良かった!

 「美人の方が性格が悪い」っていうのはブスが考えた言葉だというのにも、深く頷きました。ブスは幼いころから虐げられ、自己評価が低いのでひねくれやすく、性格も悪化しやすい。逆に美人は幼いころから他者に助けられ、他者を助けて生きている。余裕があって、明るい人が多いような気がします。ブスでもいい。明るく他者を助けるニンゲンでありたい(遠い目)。

 読了後、中井先生の『統合失調症は癒える』を読んでいます。
 旦那さんが、「中井先生の本を読んで、カレー沢さんの本を読むと、言葉遣いが悪いww」と言ってましたが、温度差がパなくておもしろいです。
 
 中井先生のお言葉は相変わらず癒しの泉で、ブスという言葉をめちゃくちゃ浴びたあとに、スルスルと染みわたっています。
 精神科医が「(私は)患者を尊敬しています」ときっぱり言い切るって、ねえ、どーよ、「『だれもが病人でありうる、たまたま何らかの恵みによっていまは病気ではないのだ』という謙虚さは、ともに生きる社会の人間の常識であると思います」って、そんな風に考えて一緒に歩んでくれる先生と出会えた患者さんは間違いなく病気でありはしたが幸せなんじゃないかと思う。
 中井先生イズムというか、この素晴らしい考えを継承してゆく、優れた精神科医が増えてくれることを願ってやまない。

 
 旦那さんに、「女性に対してのブスと同じような呪文ともいえる言葉、男性だったらなんだと思う?」って聞いたら、「うーん。『キモイ』かな」とのこと。
 自力ではどう転んでも駄目。「ブスが可愛くなるための努力をすれば、『ブスが勘違いしてんじゃねえよ』と言われ、ブスがナチュラルにいれば、『努力しろよ、ブス』と言われる」というのと全く同じことが、「ブス」を「キモイ」に置き換えても言うことができる。
 「キモヲタはどう頑張ってもキモいんだよ」「努力しろよ、キモイから」など。しかも、ブスはある一定の基準があるのに対し、「キモイ」は個人的な主観であるから、どうしたらそれが覆るかはわからないものである。

 ただ、私の友人のように、「Kくん(当時彼氏)、なんかキモイんだよね」と言いながら、にこにこと幸せそうにし、そして結婚して、むろん今も仲良しで幸せになった人もいる。

 ブスもキモ男子も、蓼食う虫は極少数ながらいるようなので、頑張って探そう。

 
 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「ブス」という呪文 杳月日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる