アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
杳月日記
ブログ紹介
旅行、神社仏閣、本、日常。ゆるい日記ブログです。

短歌と料理は別ブログにて更新中。
zoom RSS

避難中

2018/07/18 14:56
 さすがにヤバい。これは人死にが出る。という暑さ。

 昨日、夕方になって少し涼しいからって鼻歌交じりに小説を書いていたら、パソコンがいきなり「きゅぅうん」って可愛い声を上げたかと思うとブラックアウト。

 えええええ。ちょ、えええええ。

 電源が入っているのに、電源ランプがつかん。電源入れても電源入らん。

 ニンゲン様は氷嚢や保冷剤で冷やしながら書いているから良いものの、パソコンちゃんは熱くなりすぎたのかしら?

 お手上げで、旦那さんにお願いした。

 帰宅後、あれこれ手を尽くしてくれて、復活。どうやらバッテリーがバカになったらしい。暑さのせいなのか寿命なのかはわからないけれど、とにかくかわいそうなことをした。

 あまりにも暑いので、今日は午前中に父親とプールに行ってから実家に留まっております。
 例のクーラーの効かない拷問部屋ではなく、一階の和室。
 設定温度を28度にして、長袖を羽織り、足には薄手の綿ケットをかけてるところ。これでも「クーラーの中にいるなあ」という感じなのよ。私にとっては。

 でも、そんなに暑くないと、水分をとらなきゃという切羽詰まった感じがしないから、逆に良くないかもしれないっすね。この気持ち悪い感じが熱中症なのか熱中症なのかわかりかねます。

 ……旦那さんに怒られそうなので、ポカリスエットを飲みます。

 年齢を経る毎に、暑さに弱くなってきたような気がするんだけど、それと同じくらい寒さ(クーラーによる冷え)にも弱くなってて、仕事をしているときは冷凍車みたいな院内で寒い寒いと二の腕をさすっていたため、それよりはかなり快適な状況ではありましょうが、なかなか、「ちょうどよい」ってのは難しいです。

 家では汗っかきの旦那さんが「朝、出勤するときに目が汗に入って痛い」と言ってました。かわいそうです。あんなラクダみたいなまつ毛でも防御できないほどの汗をかくとは。それか、目がくぼんでいるため、おでこの汗が鋭角に落ちてくるのかもしれません。私は眉毛部分が全く秀でてないため、おでこで発生した汗は上から下へ、するーんと落ちるだけですが、旦那さんは角度があるからぎゅーんって来るんじゃないかしらん。難儀な顔面をしておいでだこと。

 さて、今日はもう少し涼しくなるまでここにいて、家の用事は明日にしよう。

 銀行口座を作る際に、今はマイナンバーカードが必要なことがあるのはご存知?
 それがね、住所が書いてあるのですけれども、我が家は番地の表記が新しくなって引っ越してないのに住所が変わったんですよ。保険証とか運転免許証とかはすぐに変えたんだけど、マイナンバーカード(正しくはマイナンバー通知カード)は失念しておった。

 まあ、免許証との二重チェックで事なきを得たものの、これは改めておくべきか。ということで、区役所へ行かねばならぬのです。

 旦那さんが「それこそそっち(国)で変えろって話だよな。ちゃんと紐付してさ。めんどくさい」って言ってました。その通りだと思います。一律に送られてきた通知カードだと身分証明書にすらならんという。どうしようもない。ほんまに。

 それと、図書館に行かねばならぬ。予約した本が来ておりますのよ。お高い市県民税を支払っているのだから、横浜市民として図書館は十分に利用させてもらおうという所存です。

 帰ったらご飯を炊いて、オムライスを作るのにゃ。

 明日も暑いらしい。明日はどうしよう。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


連日暑い

2018/07/16 08:31
 連日暑いですね。どうなってるんでしょうか。まじで止めて欲しいです。

 11日は父親の車に便乗してプールで泳ぎまくり。
 12日は母とみなとみらいの赤レンガ倉庫で開催中のねこ写真展に行き。
 13日はお休みの旦那さんに送り迎えしてもらって、母とM銀行で国債を購入し。
 14日はあまりの暑さで実家へ避難。
 15日は両親と旦那さんの4人で新宿と高円寺へお墓参り。

 14日。暑くて昼ごはんを適当に食べて実家へ避難。避難先も地獄(笑)。


画像



 13時ちょい前かな。室内で35℃って。どうなってるんだ。

 暑さで朦朧としながらエアコンをつける。しかし、部屋の広さとエアコンの頑張れる広さがどうにも合致していないらしく(実家のLDKは無意味に広い)、風量マックス、風向き自動、設定温度20度にしてもまったく室温が下がらない。

 扇風機と送風機をかけつつ、エアコンはゴーゴー言うほど風が出ているが、下がらない。

 1時間後、34℃。……あかん。電車の中で倒れる前に起こる、あの吐き気がしてふわふわするやつが来てる…。ヤバイやつだ……。

 保冷剤を背中と胸にくっつけて、梅干しを食べ、オレンジジュースを飲む(その前に水をなるべく飲んでいたのだがなあ)。

 夕方5時。室温33℃。ただひたすらに暑い。

 4時くらいからウトウトと眠って起きたら左手の指先がビリビリする。慌てて梅干しを食べる。梅干しってこんなに美味しかったっけ。あたし、苦手だったのに。梅干し…トゥクン。

 梅干しに恋しながらオレンジジュースも飲む。これは普通に美味い。

 日が落ちて、エアコンのダメさに見切りをつけて窓をあちこち全開に。外から風が入ってきて、ようやく涼しくなった。ああ、無駄に熱風を浴び続けていただけだったなあ(笑)。

 旦那さんは遅番だったので、実家で晩御飯も食べてきた。「暑いからお寿司買ってきちゃったけど」と母が言うので、レトルトご飯とレトルトカレーを温めて食べた。あと、出来合いのおかずだったりをちょこっとつまんで、私としてはずいぶんと豪華な食事になった。

 夜7時半頃に実家を出る。夜道をバイクで走るととても気持ちが良かった。

 そして昨日。

 車で早稲田と高円寺へ。

 東京、暑い!!!

 父の車だったので、外の気温がわかるようになってて、目黒通り辺りで38℃を記録しました!!アスファルトやべえ!!

 都内は38℃から35℃でしたね。さすがに暑い。こちら(田舎)に戻ってきたら、34℃から日陰だと33℃程度に。そうか。都内とは5℃くらい違うのか。エアコンがないと死ぬね。路上生活の人とか外猫さん達は大丈夫なんだろうか。カラスとか、野鳥も死なないか心配。

 さあ、そんで今朝も暑いです。もう暑い(8時現在)。
 昨日はずっと頭が痛くて、寝ても痛くて起きても痛かったから耐えられずにロキソニン飲んだ。
 熱中症で痛み止めを飲むと腎臓への負担がすごく大きいからダメだと薬剤師さんのツイートで読んだのだけれど、万が一熱中症での頭痛としても、この拍動性の頭が割れんばかりの頭痛が止められるのであれば、頑張れ腎臓。と言う他ない(たぶんいつもの偏頭痛)。

 西日本及び東海地方は今週もずっと35℃を超える猛暑だそう。

 被災地の方々の心配もあるし、もう少し涼しくなって欲しいものです。

 こんな東京でオリンピックやって本当に大丈夫なのかね。アスファルト、60℃くらいになるらしいじゃん。

 寒いのも嫌ですが。暑いのはもっと嫌です。みなさまご自愛くださいませ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ワールドカップ終了

2018/07/16 08:10
 終わっちゃたよ。ワールドカップ。

 我が家では4年ぶりの家庭内totoを開催。お互いに優勝国を予想して賭けるのですが、若い頃から大のサッカー好きである旦那さんと、中学時代の嫌な思い出(いじめっ子がサッカー部だった)せいでサッカーにまったく興味のない私では、予想する能力が競馬新聞とタコほど違うため、ハンデとして旦那さんはベスト16の時点で予想し、私はベスト8の時点で予想することに。

 私の予想→イングランド(もしくはベルギー)

 旦那さんの予想→クロアチア

 4年前はドイツが優勝することを当てた旦那さん。今年もイケるんじゃないか!!と、昨晩(と言うか日付が変わっていた)は夜中まで起きてリアタイで見ていました。え、あたし?寝てたよ。当たり前じゃん。小さい頃から夜更かしは苦手だったけど、中年になってからますます起きてられんのだ。


 トイレに起きた際、観戦を終えた旦那さんに「どっちかったぁぁ?」と聞いたら、「……フランス」。

 えええ。やっぱりフランスかぁぁぁ。


 クロアチアの選手は疲れていたし、満身創痍っぽいし、難しいね。って言ってたん。残念。私としても、それならばクロアチアに優勝してほしかった……。

 ちなみに、賭けに勝ったら何がもらえるか。ですが。


 4年前は「負けた方が葦(ケーキ屋さん名)のケーキを奢る」でした。

 今年は。

 旦那さん→箕面ビール2本、もしくは高級クラフトビールを2本プレゼント!

 私→コレと決める前にイングランド敗退!

 
 でも、クロアチアは頑張ったから、箕面ビール1本くらいは良いのではないかと嫁は思っています(笑)。

 ワールドカップ期間中はビールの量が増える(サッカー観戦にビールはつきもの!)のが唯一心配だった私。今朝起きたら、4本カラもになってて、「おおう。飲んだな」と若干ビビったけど、それもおしまい。

 また4年後。いつか「優勝は日本!」って賭けられる日が来たらいいなぁ(無理っぽい)。

 それか、日本はベスト○まで行く予想もしてみたい。

 選手のみなさまお疲れさまでした。私が一番好きなメッシ選手はアルゼンチン代表を退くみたいなので、もう4年後には見ることができないっぽいけど、イニエスタ選手みたいに余生は日本でまったり試合してほしいです(そうしたらJリーグ見に行く!)。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


横浜赤レンガ倉庫 ねこ写真展2018

2018/07/12 19:31
 横浜みなとみらい地区にある、赤レンガ倉庫で猫の写真展が行われております。昨日から!
 猫好きな母と本日行って参りました!

 横浜赤レンガ倉庫 ねこ写真展2018

 母娘共に、三度の飯より猫が好き!


 
画像

 

 期間短すぎじゃね? と、言いながら入館。大人500円です。安い。しかも、館内は撮影オッケー。SNSでどんどん宣伝してくれと言う大盤振る舞い。

 冷房がガンガン効いた広めのスペースに、猫の写真が写真家さんごとに展示してありまして。
 大きく引き伸ばしても猫の可愛さはいや増すばかりでひたすら「かわいい」「かわいい」と呟きながら地蔵と化す。

 その中で、沖昌之さんの写真を見つける。
 『必死すぎるネコ』とか『ぶさにゃん』というシリーズの写真を撮っていらっしゃる方です。


 
画像



 外ねこさん達の、必死すぎる姿を愛情あふれる目線で切り取った写真は、ものすごく、えと、大好きでして。
 どれくらい好きかって言うと、写真を見て、「あああ!この人!あたし、すごく好きな写真家さんなの!」と母に言ったら、ご本人が隣にいて、鳥肌が立ったくらいです!(笑)。

 いや、まじ。びっくりした。本当に鳥肌が立ったんだよ(笑)。

 「ええ。まさかご本人様で!?」と言ったら、「そうですよー」と。すっげ気さく(でも丁寧)な方。背が高くてヒゲで、でも優しそうな感じ。

 「や、やああ。だって、すっごい好きなんです。大好きです!」って言ったら、「え。ええ。なんで?」って聞かれて、なんでってなんでやねんってすっごく思いつつ、「いや、ほら。ツイッターとかで」とフォロワーです的なことを言ったら御納得いただいたのですが、「ええ。ぼく、毎日いるってツイートしてますやん」と言われまして、ええ、ええっと、あの。

 すいません!フォロワーではありませんでした!!(帰宅後、ソッコーフォローさせてもらいましたが!)。

 他の猫写真家さんをフォローしてて、それで沖さんの写真がぐいぐい流れてくるんだよぉ。

 そうしたら、「あ、そか。インスタの方では書いてないかぁ」とふむふむしてました。すいません。インスタ、やってません(笑)。

 「なんか、ほら、写真集とか持ってます?」と聞かれるも、「んあああ。持ってきてないですうう」と残念がり、残念がったら、「なんか、なんでもいいですよ。サインしますよ」と言ってくれ、キョドっていたら、お名刺にサインくれました。いいひと!!むっちゃくちゃいいひと!!!

 写真を撮る時の話とか、「猫って見てて飽きないですよね」みたいな他愛ない話とか、思いがけずたくさん話をしてくださって、その間中、「うああああ」と鳥肌が立ちっぱなしの私でした。

 岩合さんもそうだけど、猫写真家の人って、こう、オーラが優しいというか、猫より人間に近いのか(褒めてます)、やわらかい関西弁もふわふわで、ほわわんとしてて素敵。すごい好きって伝えたら、インスタのフォロワー、8万人もいるのに、「ええ?どうして僕なんか?」みたいなスタンスで、だって!すごい写真いっぱい撮ってるやん!って思った。自覚してくださいよ(笑)。

 ああ、来てよかった!!と、思いながらお礼を言って別の写真へ。

 プロ・アマ問わずの写真たち。秋田のリンゴ農園のにゃんこ達がいました。


 
画像


 
 超もっふり!!
 こちらも写真家さんご本人が説明してくだる(のを、後ろで聞いていた)。ほんのり東北訛りがあって、意味もなく親近感。曰く、「岩合さんのリンゴ園の子たちと同じような柄の猫が多くて、こう、ふわふわしているのとか、サバ柄とか」って。確かにリッキーくん(岩合さんが撮った弘前のリンゴ園の猫)と同じ柄の子がいた。雪の中で寄りそうにゃんことか、「寒そう」と言いつつ「かわいい」。ううむ、どこにいても猫はかわいい。


 
画像



 これは左上の「喧嘩両成敗」の猫が、もう、可愛くて(膝から崩れ落ちる)。

 首からパスをぶら下げてウロウロしている人は、どうやら写真家さんであるらしく、どんどん話しかけてくる人もいれば、ふわふわ漂っている人もいた。

 葛飾の保護猫さんを撮ってらっしゃる人ともお話しさせてもらったんだけど、そちらでは缶バッチを購入。お代金は保護猫さんの支援に使われるらしい。絵葉書はもう家にものすごいあって、飾れないくらいなんで今回は泣く泣く購入を断念。缶バッチは普段使っている買い物袋につけた。かわいい。

 写真、たくさんあって見応えがある。それに、どれも可愛い。あと、自分の好みがうっすらわかる(笑)。
 外猫さんで、がんばって生きている姿とかに弱い。秋田の漁港で、人間が作ってあげた囲いみたいな所(入口に「ねこの家」という手書きの札がかかっている)に、10匹近くの同じような柄の子たちがぎゅうぎゅうに入って風雪をしのいでいる姿とかね。たまらん。


 
画像



 ちっちゃい!!かわいい!!三毛ちゃん!!



 
画像



 なんなの?天使なの?!(軽くキレる)。

 隅から隅までじっくり眺めて「はぁぁぁ」とため息と共に展示室を出ました。
 ワールドポーターズまでの道のり、母と「ねこ」「ねこ」「まじ、ねこ」「いい、ねこ」「飼いたい」「ねこ」と語彙を喪失させながらの猫大絶賛大会。
 中井久夫先生の本に、「訪問診察に行った先に、猫がいたことがない」ってあって(犬はあるのだそう。そして、その家のわんこと必ず言葉を交わすそうですよ。中井先生は犬とお話しができるのだ)、それって猫を飼っていると精神を病まない説なんじゃない?!って思った。そうだよね。やはり猫が家にいれば人間は頭を病まないのよ!

 その後、ワールドポーターズの中にある、アウトレット化粧品店(型番が古いものや、リニューアル前の商品がものすごく安い)で、ふがふがと買い物。
 私はモノを選ぶ時、ものすっごく時間がかかる。買うと決まっているのであれば良いが、「買う」と決断するまでが長い。旦那さんは買い物に付き合ってくれるし、「早くして」とか絶対に言わないし、文句もなく一緒にいてくれるのだが、それが、こう、申し訳なくて。なので、一人でいくらでも考えていられる今よ!今なのよ!と。
 案の定、母は「あたし、ちょっと向こうで座っているね」と別行動。それだけぐねぐね悩む。
 けっきょく、フェイシャルマスク(8枚入りで198円!)と泡だてネット付き洗顔石鹸(72%オフ!!)、旅行用ミニパックのシャンプーリンスセット(3つで100円!)を購入。
 母に戦利品を見せると、「コンシーラーが欲しい」と言うので、再び店に戻って、「ほら、これをこう使うと良いのだよ」と自分の顔のシミで実演したらニキビ跡が消えて、「やばい!これ買う!」と購入。なにやってんのか。自分。

 3coinsでもクーラーバックを買ったりピアスを買ったり。ああ、散財した。楽しかった。久しぶりの「好きなだけすげー買う」をしたわ。とは申せ、総額2000円程度だけどね。

 母をあまり歩かせても悪いので、桜木町を2時くらいに出る。
 地元駅についたら、雨がパラパラ降っていた。しかし、スーパーで買い物をしたいため、母と寄って。

 出たら豪雨(爆笑)。きっとすぐに止むだろう。と言いつつ、「いいや。帰ろう」と濡れて帰りました。
 バイク。すごいよ。パンツまで濡れた(笑)。

 ああ、でも楽しかった。
 沖さんにも会えたし。そうだ。握手してもらえば良かったなー。
 アーティストの方に直に説明してもらえたり、お話が聞けたり、ものすごく贅沢な写真展でした。今日はいい日だった!


 
画像



 沖さんのサイン、ねこさんがいるの!

 「ああ!かわいい!」って言ったら、「昌之のMが耳なんですよ」って言ってました。かわいいが過ぎる!
 あと、どの写真家のみなさんも、「ねこさん」という言い方をしていたのが今思えばおもしろいです。むろん、私もそう言いますが。なんだろう。猫好きの性…ですかね(笑)。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


褒められると伸びるタイプの子。

2018/07/11 14:42
 毎晩、寝る前に旦那さんが「今日のお弁当美味しかった。ありがとう。晩御飯も美味しかった。ありがとう」と言いながら撫でてくれるのですが、仕事をしている時は、これに「お仕事お疲れさま」だった。

 仕事を辞めて専業主婦になってからは、私が「今日は布団を干した」とか「掃除機をかけた」とか、あたりまえの家事を「帰るメール」のやりとりの時に報告するものだから、「掃除機もかけてもらったし、布団もふかふかになったね。ありがとう」などと具体例も出して褒めてくれる。
 食事を作る以外何もしなかった日でさえ、「家の事いっぱいしてくれてありがとう」となる。いや、まじ、何もしてないんだけど。と言うと、「お弁当作ってくれたじゃん。晩御飯も。美味しかった」と譲らない。

 専業主婦は社会に参画していないからと、自分の価値が低いと思いこんでしまうと聞いた。

 世の旦那さん達は、うちの旦那さんを見習って同じように言うたら良い。

 言われた方は毎日嬉しいから(嬉しさが目減りすることはない)、激しくお勧めする。私は褒めて伸ばして欲しい。
 
 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


模様替え

2018/07/05 11:41
 ようやく暑さが一段落しました。このままずっと暑かったらどうしようかと思った(泣)。

 さて、昨日は旦那さんがお休みだったので、部屋の模様替えをしました。
 とりあえず、実家にあったパソコンデスクと椅子を実家に搬入。その前に古い歴史小説と歴史関連書籍をブックオ○へ。なぜか『信長の野望』(ファミコン版の初期作!)の攻略本や、ラルクの写真集なんかも一緒に。
 値段がつかない本ばかりで、5冊で50円だった(笑)。つか、攻略本は買ってくれてびっくり(笑)。

 13000円以上した本も無料引き取りだったから、本当だったらメル○リとかで売った方が良かったんだろうなー。別にいいけど。

 さて、家に持ってきたは良いけど、これをどこへどう置こうか。

 そこから先は旦那さんが力仕事を頑張ってくれて、大量の本と漫画を移動&カラーボックスの移動&片付け。
 なんとか無事に収まりました。私もこれからはデスクでパソコンが打てるので快適。ありがたいこと。
 あー。パソコンでやる在宅の仕事とかできるな、これなら(スキルがないので無理ですが)。

 夜はW杯の試合がないからぼんやり。
 友人の旦那さん、一カ月くらい海外出張をする人なんだけど、その出張中に遊ぼうぜ!ってことで、旦那さんも土曜日に休みを作ってくれて、再来週に会うことになってました。
 LINEで相談する中で、「都内に泊まりがけで飲もうぜ」と決まり、「どこがいい?」「どこでもいいよ」からの、私が「浅草とかどう?」って言って、浅草に決定。
 彼女も浅草は出やすいし馴染みのある場所。さて、宿ですが。

 都内は高い!やはり海外からの観光客が増えて、ビジネスホテルも値上がりしているのですね。
 ネットでぐるぐる探していたら、ト○バゴでユニゾ○ン浅草がどうやら安い様子。
 「ユニ○が安いんだけど、どう?」「シングル空いてない」「まじか。じゃあ止めるか」「いや、大丈夫っぽい」ってやりとりの後、トリバ○→ホテル○.comにて早速予約。
 格安レートになっており、残室も2だったから、とにかく押さえた(笑)。
 お互いに無事に取れて、良かった良かった。おやすみ。って寝て。

 今朝、改めて予約メールからトリ○ゴへ飛んで場所とか確認しようかと思ったら。

 昨日、8370円(税・サービス料抜き)で取れたセミダブルが、13100円(税・サービス料抜き)になっていた。

 こ、怖い…。ぶるぶる。

 なんか、仮想通貨とか株式みたいだわ。

 お金のカミサマありがとう!これでお安く泊まれます!!

 二人で泊まるとお金もかかるし、と、少し前は思っていた。
 しかし、友人にいつ赤ちゃんができるかわからないし、赤ちゃんができたら一緒に泊まりがけで飲むとか深夜までバカ話するとかできなくなるし、「今」しかできないことに躊躇は要らないなと思うようになった。

 痛飲すると内臓と脳が心配だから、旦那さんにはお酒を控えてもらいたいけれど、それだって飲める身体の時に飲んで楽しい気持ちになったり、「美味しいなあ」って思ってもらいたい。

 それから、それらは友人や旦那さんの身に何か起きたらという意味ではなく、私自身も、大好きな人達が幸せそうにしている姿をいつまで見られるかわからないという気持ちもある。
 死んで、ぷかぷか見守るのも良いけれど、できれば生きているうちに目の前で、「そうだねー」とか言いながら見られた方が嬉しいなあと思って。

 本来であれば、友人の旦那さんも一緒に四人で宿泊飲み会すれば良いのに、いない間にするってどうなんだろうかと一抹の思いはありつつ(笑)。
 
 そういえば。

 実家を片づけているときに、2004年に同僚2人と北海道へ行った時のアルバムが出てきまして。
 いやあ、二十代の私、パンパン(笑)。あと、この時に着ていた服、まだ持ってるし!(笑)。
 そんで、旦那さんにも見せたところ、「このくらい太ってもいいよ」と言う。何を言うか。この男は。

 「すごくモテた子と一緒だったんだけど、今見ると可愛いね。やっぱり。垂れ目の、小柄の子がいたでしょ?」

 「え。わかんない。見てない」

 「見てないってww なんでw」

 「だって興味ないし(苦笑)」

 彼女や奥さんの前で違う女性を褒める男性はうちの旦那さんの爪の垢を煎じて飲んだ方が良いと思うな。つか、ただのブス専だから。という理由もあろうかと思うけれど。
 
 まあね、私も他人様のことが言えないっていうか。

 「旦那さんのことが一番好きだけど、前から歩いてくる人がすごくカッコ良くて、声をかけられたらついて行っちゃうなって思っていたら旦那さんだったの」というノロケを吐かれた。というツイートを見て、それは普通なのでは?と思った人間なので。

 買い物先で洋服を見る時などは「散会!」って言って各々分かれるのね。独りでぶらぶらレディースを見て、もういいやと思ってメンズのコーナーに行き、「あれー。すごく好みの人がいる。可愛いな、あの人」って、近寄ったら旦那さんだった。ということはざらにある。つか、すぐに気づかない限りは毎回これ。

 え。みんなそうじゃないの? 買い物に出かけると、「うちの旦那さんが一番かっこいいなあ」って毎回思うもんじゃないの?

 浅草に行ったとき、友人に聞いてみよう。

 
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


祝・10周年!

2018/07/03 16:27
 今日で、このブログは10周年だそうです。10年!もうそんなになるんか!

 せっかくなので、10年を振り返って何か書こうかと思ったのですが…。特にないな(笑)。

 ちなみに、今、実家に来ておりまして。小説を長時間書くにあたって、パソコン机がないと体が痛くなるもんですからね、実家で愛用していたデスクを家に持ってこられないかと旦那さんが言ってくれたのです。
 つきましては、パソコンデスクに乗っかっている有象無象を掃除せねば。ということで。
 
 実家あるあるだと思うんだけど、実家の自室って基本的に物置だよね?(同意を求めるまなざし)。そんで、捨てなきゃいけないけど面倒だから放置してあるよね?(みんなそうであるはず!)。
 御多分に漏れずワタクシも同じでして、いやあ。

 さっきまで、ノート10冊分の日記をシュレッダーにかけていたよ!

 ちなみに、日記は2011年から2013年にかけてで、ちょうど旦那さんと付き合っている頃に合致するのですが、「仕事が大変」とか「クソ忙しかった」とかそんなことばかりしか書いておりません。かわいそう。

 それと、自作のBL小説がノートに4冊分あるんだけど。どうしよう。これ。←

 日記は躊躇なく読み返しもしないでガリガリとシュレッダーにかけたものの、小説はちょっと躊躇しているところ。
 え。まあ。BLだけど。F?の二次創だけど。基本的に甘々で、「あまーい」と絶叫する感じだけど。

 それと、歴ヲタ時代のパンフレットや文献のコピー、切り抜き、資料がクソほどある。あのころの私に申し訳ない気がして、こちらも捨てられない。もう二度と活躍することはないだろうに(たぶん)。

 ……10周年と関係ないこと言ってるわ。

 ええと。昨年のブログを読んだら、「仕事は辞めていると思うけど、来年の私が笑っているかどうかはわからん」みたいなことが書いてあって、なんか、ごめん。って思った(笑)。
 すまんのう。まだ仕事してないよ。よよよ。旦那さんが「まだいいよ」と笑顔でいる間は甘えさせてもらおうと思っているところで、いきなり死ぬ可能性があるのなら、今はやりたいことを思いきりやりたいのでした。

 ああ、そうだな。そう思える。というところが、10年で一番変わったところかもしれない。

 誰かのためではなく、自分のためにやりたいことがあって、今はそれをやれている。
 それが出来たから、何が変わるとか、見える成果があるとかではない。完全なる自己満足。それでも、それをやりたいと思うし、「やりたい」って言う、自分の声が聞こえるのはとても嬉しい。私が、「これをやりたいの」と言い、私が「そうか。ならばやろうぜ」と言える。すごく幸せなことだと思う。

 それから、旦那さんが私のダメな所をちゃんとわかってくれているのが大きい。
 実家のゴタゴタに対しても、「そっちがちゃんと終わってから仕事を探しなよ」と言ってくれる。「どうせ放っておけないんでしょう?それなら、忙しくしてない方がいい」って。私が理由をつけて逃げるのを嫌うのも、そのくせすぐにキャパオーバーになって倒れるのも知っている。
 私はきちんと旦那さんからもらっているだけのギフトを返せているのだろうか。難しいな。

 

 ともかく、10周年で、今まで90182件の訪問回数だそう。とてもありがたいことで、これからも同じような歩みで書き続けていきたいと思います。

 
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


続きを見る

トップへ

月別リンク

杳月日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる