福福旅

 土日で、神田~下谷~浅草、という下町旅行をした。  っていうか、本当は、友人との語らいや飲み重視(笑)。  ホテルが鴬谷だったので、まず荷物を置いてから、お茶ノ水。  以前の弁護士さんがお茶の水に事務所を構えていたから、いいイメージがない。  というか、若干、恐怖の駅(苦笑。トラウマだぁ)。  でも、橋を渡って、行きたかった神田明神さん。  その前に、門前で昼から瓶ビール!蕎麦と出し巻き卵と、瓶ビール!!  昼から飲む酒なんか、一年ぶり…。  神田明神は、なぜか「行きたーい」と思っていたので、「来たよー」な感じ。  言わずと知れた有名神社なので、説明不要と思う。    そのあと、湯島聖堂を見て、鴬谷に戻る。    ネットで調べて、どうしても行きたくなってしまった、小野照崎神社へ~。  ご祭神が小野篁で、篁ファンの私としては、「関東に!なぜ、篁?!」との思いもあり、こりゃスルーできんべさー。と、思ったのだった。  友人は神社仏閣については、私に付き合って一緒に行ってくれるものの、私と違ってフェチではない。    連れまわすことになってしまって、大変申し訳なかった。  あ、そうだ。小野照さん(←と、呼ばれてるらしい)の前に、寿老人が奉られてる元三島神社と、色鮮やかな毘沙門天がいる法昌寺にも行きましたヨ。  法昌寺では、私が毘沙門天の真言を教えたら、友人が舌たらずな言い方でマネをしてくれたのが、非常にツボでした。萌え。笑。  改めて、そう…

続きを読む

行ってきました。寺社コン。

 昨日。  「寺社コン」なるモノに行ってきました。  平たく言うと、お寺や仏像好きな人たちが集まって、拝観しに行き、そのあと飲み会をする。  というものです。  私は幼馴染が仏友で、若いころから一緒に見に行ったりしてたし、今は母も仏友。職場にも看護士Kさんは仏友。  だから、普通の人よりも、仏像好き人口が多いと思うんですよね。  あ、友人の旦那さんも、仏像好きだったわ。  一番好きな友人は、カミサマに愛されている人だし(お寺も神社も厭わないで一緒に行ってくれる)。  だけど、初対面で、共通項が「神社仏閣が好き」って人は初めてで。  なんつーか。  私が一番マニアックだった…。死。  で。  新井薬師や氷川神社、哲学堂公園に行ってきましたヨ。  新井薬師は真言宗豊山派だったのですねー。ウチの菩提寺と一緒ですー。    久々にお寺に行ったずらー。  お寺はええのぅー。  みんないい人ばかりで、とても楽しかったです。  特に女子チームが。同じニオイがする。笑。  こういう会、もっとやったらいいのにー。と。深々と思ったです。  一人では見落としがちな部分もゆっくり見られて、ホントに良かった。  飲み会では、「自分の好みの異性について」を順番に披露したトコロ、私の相手はお釈迦様じゃなきゃダメだそうでして。  あはははは。あながち間違ってなくね?  つまりは人間じゃダメなんよー。    っていうか。  私は、他…

続きを読む

恒例・新春京都旅行/1日目

 いつも通り、1月10日と11日。1泊2日で京都に行ってきました。  朝6時の新幹線。4時起き。5時出発。新横浜まで車で送ってもらい、30分には到着。…コンビニでお茶を買い、新幹線の待合室でしばし休憩。  8時。京都到着。  最初に新京極の蛸薬師さんにお参り。  ちょうど太鼓を鳴らしながら、高速般若心経をお寺の方が唱えていて、一緒に乗っかって読経してみる。ついていけたので感動。お守りやお札をお返しし、新たに買い、お参りし、そして年に一度の運だめし。おみくじ。  …大吉でした  冬の季節から春の季節に至るので、もう少し辛抱すれば良くなるよ、みたいな卦でした。うにー。  母は「吉」。お互いに良い卦だったんで、良かったです。  お蛸さんで飼われている猫さんに出会ったり、嬉しい御縁もありまして。そいで、バスに乗って、今度は一条へ。  晴明神社です。ここでもお守りをお返しし、お参り。お守りを買って、おみくじ。  こちらは「吉」だったような気が。なんか、いっつもここのはちゃんと読まないで結んじゃうんだよなー(笑)。  再びバスで、白梅町へ。北野天満宮前で降りるつもりが、ふと、「千本釈迦堂には良い仏さん達がいっぱいいるらしいよー」ってんで、急きょ途中下車して、千本釈迦堂へ。  おかめさんがいっぱいいた。  で、500円の拝観料を支払って、宝物館。鎌倉時代の素敵な仏像がたくさんいました {%クローバーwebry%…

続きを読む

9月23日 最終日は因縁の多賀大社と湖北の観音さんへ。でも、問題は新幹線だぞ。の、巻き。

 朝からあいにくの雨模様  昨日、駅で借りた傘は、思わずホテルまで持ってきてしまっていたので、今朝、ちゃんんと返さねば。  その前に朝ごはん。  昨日の昼に買った「ランチパック」の残り(見切り品だったため、賞味期限が切れているのは、ご愛嬌。ということで)と、いつものクッキー。  牛乳も始末して、3日間のホテル暮らしも最後ですな。  ありがとう。スー●ーホテル!  さて。  いろいろと検討した末、彦根に荷物を置いておかないで、米原のコインロッカーを使うことにし、駅でロッカーへキャリーバックをつっこむ。今日は帽子も入れてしまった。雨が降るとイヤだからねぇ(頭が濡れるのは仕方ないが、帽子が濡れるのはイヤだ)。  米原から近江鉄道  その、それが2両しかないワンカンカーなんだよ(笑)。  ぼんやりと発車を待つ間、車内広告に、「ゆるキャラ展」なるを発見  どうやら「ひこにゃん」とかの簡単な展示会をやっているらしい。その仲間(?)の中に、「がもにゃん」なる子 がっ  鯰の兜をかぶって、筆と帳面を持っている!三毛猫!!(ポイント高しっ!!)。  ヤラレた。ヤバイでしょ。カンペキ、鶴ちゃんじゃね?つか、マジ、鶴ちゃん以外ありえ…

続きを読む

9月22日 醍醐寺と長命寺へ。三十三観音札所メインだけど、ついでに琵琶湖もね。の、巻き。

 朝起きて。昨日買った酒饅頭を食べる。「伏見饅頭」って書いてあるからレアな気がして嬉しい。お腹いっぱいになる美味しさだった。これで80円は安い  昨日と同じ時間に駅へ出て、雨が怖かったので駅に備え付けの「どうぞお使いください」って書いてある貸し出しのビニ傘を借りた  南彦根から山科へ。そこから地下鉄東西線で醍醐まで。  予定よりも乗った電車が1本早かったので、9時10分には醍醐寺に到着。伽藍、霊宝館がセットになった1000円のチケットを購入して、いざ!  時間が早いから、人が少ない。何より何より  入って左手すぐに金堂。ここに、今回お目当ての、西国三十三観音礼場第十一番札所・准胝観音菩さんがいらっしゃるのだ。  本等ならば、上醍醐と呼ばれる山の上にいらっしゃるけれど、昨年の8月に雷による火災でお堂が焼けたので、下醍醐の金堂にいらしている。上醍醐は山道を1時間近くかけて登らなければならない場所なので、ものすごくありがたい(笑)。  准胝観音さんが札所の観音さんになっているのはこの醍醐寺だけ。珍しいんですよ。  お堂に入ると、大きな薬師如来座像があり、両脇には、もちろん日光・月光菩薩が。  その薬師さんもステキだったけど、その前にちんまりと座してらした准胝観音さんが、すっげーーー可愛いの! {%キラキラwebry%…

続きを読む

9月21日 比叡山へ行きたい!。でも、こんな人の多い比叡山なんて!。の、巻き。

 朝起きて、少し早い時間だけど駅へ  朝ご飯は昨日のお昼と同じクッキーと、コンビニで買ったバウムクーヘン。牛乳もあるので満足。  南彦根から山科乗り換えで湖西線。比叡山坂本駅へ。  バスに乗る頃にはすごい人が集まった。これが全部ケーブルカーに乗るのかと思うと恐ろしい  チケットは前日、南彦根で購入しておいたいつもの周遊チケット。他の人はいちいちチケットを買うみたい。  さっさと並んだおかげで、ケーブルカーも座れました。座ることに関しては全戦全勝!  天気が良くて、琵琶湖がきれいに見える  バスの時間も全部チェックしていたので、道を急ぐ  ゼイゼイ言いながら、比叡山バスセンターで横川行きを待つが、バスが来ない。  京都駅から来ているので、道が込んで遅れたらしい。ああ、恐ろしい。今日の洛中は大変な事になっているに違いない  結局、20分も遅れた。せっかく急いだのに。でも、イライラしちゃいかんなぁ。と、泰然と待つことにした(つもり)。  11時ちょい過ぎ。比叡山横川到着  人が多い。東塔も多かったけど、横川に駐車中の車もハンパないし、ワサワサ混んでるなんてイヤだなぁとつぶやく。東塔が混んでるこ…

続きを読む

9月20日 神護寺~西明寺へ。シルバーウィークの京都、恐るべし。の、巻き。

 快晴。七時半に家を出れば余裕で間に合う電車を選んだものの、生来の貧乏性ゆえ、20分ほど早く出て、父に送ってもらう。  1本前の地下鉄に乗り、2本前の新幹線に乗った  新横浜を出ると、名古屋と京都しか止まらない新大阪行きだったせいなのか、座れた。ラッキー。  ポメラを出して、膝の上で小説を書く。アホみたいにはかどって、笑いが止まらない。  名古屋で乗り換え。米原に止まる新幹線は、結局のところ、乗るつもりにしていた新幹線しかなく(笑)、早く着いたのに、名古屋でぼーっと待つ。名古屋は嫌いだ。  名古屋からの新幹線も座れた。30分の旅路ながら、再び執筆。こんなに筆が進むなら、山手線をグルグルするのもありだな、などと思う。下を向いて手を動かしているから、時間の経過を感じない。腹が減ってきたから、そろそろ昼か?みたいな(笑)。  米原では、ものすごい人が乗り換えた。すべての人が、自分が乗る電車に乗るんじゃないか?という被害妄想で、走る。改札に切符をつっこみ、ピコーン。止められた。  駅員さんに確認してもらい、抜ける。  少し歩いたところで、先ほどの駅員さん呼び止められた。  「これ、帰りの切符もらっちゃった」  うわ。びっくりした。ヤバイヤバイヤバイ(ソフトバンクのお父さん風)。  交換してもらい、「良かったです」って、駅員さんが優しかったんで、「さすが滋賀県!」と無駄に喜ぶ。  やってきた電車は始発であった(笑)。無事…

続きを読む

倒れるならば、帰ってきてから。というのが、お約束。

 いよいよ(?)、来週の日曜日からのシルバーウィークで旅行です!  とはいえ、ウチの病院も新型インフルエンザの子がバンバン(でもないか)来ているので、リレンザ吸いながら仕事してますわよ。  しかしっ。  旅行前に倒れるのも、旅行中に倒れるのも、ぜーったいにイヤ!!  旅行へは、リレンザも持って行きますっ!(笑)  旅程は三泊四日で、1人で滋賀と京都をグルグルしてくるつもりー。  20日は、神護寺、西山寺など、三尾巡り。紅葉の時期になると車が動かなくなるスポットらしいけど、まだ早いから大丈夫…かな…。  21日は、比叡山に一日こもります。篭り倒しますともっ。  22日は、醍醐寺(三十三観音の札所)と、近江八幡の長命寺(こちらも札所)。  23日は、多賀大社と、湖北の渡源寺と、木ノ本地蔵尊。  もうー、全部寺ですよ(爆笑)。  あたしゃ寺以外は興味ないんかいっ!ってくらい、寺(と多賀大社)しか行かんツアーです。  病院で「寺しか行かんのですわ」って笑ってたんだけど、考えれば、「寺に行かないツアー」って、それこそ行かないし、寺ばかりなのは毎度の話だったりするんだよね。  今回は今週が案の定的に込んでくたびれているので、ちょっと余裕のある旅程にしてみました。  メインは比叡山と醍醐寺と長命寺かなぁ。  札所に行かれるのは嬉しいです。醍醐寺は下醍醐の方へ観音さんを移して御開帳してくださっているそうなので、お会いできるのも嬉しいス。  長命寺は10月からの御開帳…

続きを読む

比叡山・長谷寺 お礼参りツアー2

 翌朝起きて。「今日、雨らしいよ」「ガーン」。  傘持ってきてないんですけどっ!今日は歩くんですけどっ!  ブツブツ言いながら、ホテルを出発。  母は買っておいたおにぎりを2個とティラミスを食べ、私はそのティラミスを一口もらい、八条口にある、「SHIZUYA」というパンでミルクパンを買って1コ食べた。朝ごはん終了。  近鉄に乗り、一路、長谷寺へ  1時間半の道のりなのですよ(笑)。  長谷寺は、母方の家の菩提寺の総本山…真言宗豊山の総本山です。  一度は行ってみたかった  おまけに、今はご本尊がご開帳  朝早くに出発し、10時半頃、長谷寺に到着。  駅からが、また、歩いて大変だったんだけどね^^;    さすが総本山。大きいです。  しかも平日(月曜日)だからか、人がいない。  鬱蒼と茂る山。大きなお寺。気持ちよい。  山門をくぐると、有名な登廊が表れます。  雨が降るって言ったの、誰よ!くらい、晴れ渡り、汗をかきながら上りました(笑)。    両脇にはボタンが。アジサイもあって、青く清清しい色で迎えてくれました。  本堂まで登り、いざ、ご本尊ご開帳!!  高さ11メートルもある、「長谷寺様式」の、十一面観音立像です。  特別拝観料1000円(!…

続きを読む

比叡山・長谷寺 お礼参りツアー1

 ここに至るまで、果たしてどれだけの年月とお金と労力がかかったのか。  考えるだに恐ろしい程の、不毛な戦いが、一応の決着を見た。  それは3年前。  まだ、生前贈与分の金銭に関する裁判が終わってもいなかった頃。  続いて出てくるであろう、相手方の、当方ビル居住に関する裁判について。  不安で、暗中模索で、五里夢中で、怯えていた私は、比叡山へ行った。  1人旅だった。  横川の、元三大師堂にて、「おみくじ」を引いた。  そこは、おみくじ発祥の地であり、お尋ねごとを書いた紙をお坊さんに提出し、それを元に、祈祷→おみくじ授与となる、本格的な「おみくじ」である。  何て聞けば良いのかわからず、坊さん3人がかりで話を聞いてもらって、卦を出してもらった。  賃上げ請求裁判ならば吉。  立ち退き要求裁判ならば凶。  色々と励ましてもらって、すごく心強くなって、号泣して帰ってきた。  あれから3年。  1年半後から、案件は始まり、賃上げ請求方向で話し合いをし、6月30日をもって、全ての問題が決着した。    お礼参りに行こう。  そう、言ったのは、私からだったか、母からだったか。  元三大師堂以外にも、調停が無事に終わりますようにとお願いしたトコロ、相手方との縁が切れますようにとお願いした八幡宮、それらに、全て、「ありがとう」と言ってこよう。  そんな訳で。  7月5日 朝6時の新幹線にて。京都へ出発。  体調が思わしくなかった。体…

続きを読む

滋賀と京都。西国三十三観音と安土だよ!仏像集合ツアー!③

 2009年5月6日 大阪のホテルにて起床。  阿波座のホテルから、京都へ出て、そこから石山まで。石山からはバスで石山寺へというルートで、9時過ぎには石山寺の前に着いてしまった  雨がなんとなくパラパラ降る。少し肌寒い。  一度、山門から入り口まで行ってみて、ガイドツアーを申し込んでいるのですが、と聞いてみたら、「山門で待っていればいい」との答え。  えー。大丈夫かなー。  そう、思いはしたが、「はあ。じゃあ」って引き下がって、周囲をウロウロ。  トイレを探しがてら、「石山観光会館」なる建物を見つけたので、とりあえず入ってみる。  「えと。ボランティアガイドをお願いしていまして…」  「ああ。どうも。こちらへ」  笑顔のおじさんに連れられて会議室のようなところに通され、椅子を勧められた。    こっちが集合場所かよ!  危ない。山門でじっと待っていたら、会えないかもしれないところだった  10時からの回で、ご一緒するのは、岐阜から来たというご夫婦と、富山から来たという同じ年くらいの女性同士二人組み。おっと。一人参加はアタシだけかよ(笑)。  それに、ボランティアガイドのおじさんが一緒で、計6名での出発になった。  山門から出発~    雨に濡れる緑が美しく、新緑の香りが漂う。素晴らしい空気 {%キラキラ…

続きを読む

滋賀と京都。西国三十三観音と安土だよ!仏像集合ツアー!②

 長浜へ着いたら、小雨が降っていた。  慌てて駅まで小走りに走り、電車に飛び乗った。そうしたら。  新快速だった…  目指す安土は、新快速が止まらないないのだよ。  仕方なく、一つ先の駅まで行って、戻ることに。  そういえば。  朝、京都に着いてから、チョコレートバーを1本食べたきりで、何も口にしていなかったので、そろそろお腹が空いた。  時刻は1時ちょっと。安土…コンビニを見た覚えがない  何はともあれ、駅前で自転車を借りて、安土城跡へ  駅前に貸し自転車屋が増えていて、なおかつ派手派手しくなっていた、とか、「お客さん、はじめて?」「いいえー。ずいぶん前にはよく来ましたー」「ああ、じゃあ、じゃあコレ」と地図を手渡してくれたきり、説明がなかった、とか、突っ込みたいトコロが多々あれど。  27インチの自転車を借りられたのでご満悦。うしし  燃えるね  途中、スーパーに寄って、卵蒸しパンと、コーヒー牛乳を購入し、駐車場で食す。基本的にどこで何を食べても平気なので便利な性格だ。  お腹が満ちたトコロでもうひと漕ぎ  なんだか雨が降りそうな空模様…。  駅前の自転車屋のオッチャンに教えてもらったとおり、活津彦神社まで下がってから、裏道…

続きを読む

滋賀と京都。西国三十三観音と安土だよ!仏像集合ツアー!①

 すっごく、ダサいタイトルをつけて、少し後悔しています。笑。  何はともあれ帰ってきましたのです!ので!旅行記です。  いやー。朝の4時半に横浜に着きやがって、そっから1時間近く始発がないんでやんの。てやんでぃ。  そういう訳で、6時過ぎには帰って、一眠りしてから、寝てれば良いのにパソコンを開けております。  前置きはこれくらいに。  いざ。スタート。  2009年5月4日深夜  夜行バスは横浜天理ビル前を11時30分集合。  そんな時間、大抵は眠剤飲んでウトウトしてる頃。  頑張って起きて、乗り込んだバスは一番前の席でした  良いような、悪いような…。  それでも、隣りに座ったお姉さんは感じの良い人で、座席は狭くてギューギューでしんどかったけど、それなりに快適に京都到着。  心配して怯えていた高速道路事情も、さして悪くなく(東名は混んでるから、中央道を通ってくれた)、予定時間も15分程度の遅れだった。  京都駅で身支度を整え、いざ!琵琶湖へ  京都から近江今津まで約1時間くらいかな。駅からは徒歩5分程度で、近江今津港に到着。  目指す竹生島へは、今津港と長浜港と彦根港からそれぞれ定期便が出ており、どこから行っても良かったんだけど、乗ったことがない今津港から行ってみることにしたのだ。    長閑!(笑)。  そんな長閑な今津港に、人がギューギュー。おお。ビックリ…

続きを読む

上野興福寺展と桜。そして猫&猫。

 紆余曲折ありまして(その辺はマイスペに書いた。そっちは読まんでいいです)、昨日は上野国立博物館の興福寺展と上野の桜。それから根津~谷中の猫店&路地猫散策に行ってきました。  7時半出発、8時待ち合わせ。  T駅から電車に乗って、上野まで。  上野駅のイベントチケット発売所は長蛇の列で、並ぶ友人夫婦を待って、いざ、国立博物館へ。  開館30分前ながら、入場規制しながらの入り。なんだこりゃ。  今回は『興福寺 国宝阿修羅展』がメイン(に、なったらしい)。  私は母と行くつもりで前売りを買っていたので、母に、「Sさん達と行くことになるらしいので、申し訳ないが貴女は貴女で行っとくれ」と詫びを入れて、とりあえず見てきた。  ええと。  第一室の水晶球や金の粒、椀とか、綺麗でした。  十大弟子と八部衆は、えと。  お弟子さん達(変な言い方)は、あの、私、羅漢さんとか、そういう、元人間な人達のお像にはあんまり興味がなくて(←失礼)。  八部衆も、興福寺で3人くらい会っているので、会っていなかった人メインで見たけれど。  五部浄が。ちょっと感動でしたよ。  なんか、写真で見ると切ないっていうか泣きそうっていうか、ちょっと情けないっぽい表情に見えるんだけど、本物の五部浄は、キリッとしてて、むしろ勇ましい感じを受けました。良かったなぁ。  そして、阿修羅は。  もう、人間が取り巻いていて、「時計方向に少しずつお進みくださーい」てな状況で、むしろ、この煩悩に取り付かれた人…

続きを読む

リアルトラベル・改 その2

 昼寝してました。不眠症の私が昼寝。マジで色々とボロボロだ(笑)。    ええと、さて。  続きです。  3月20日(金曜・祝日)。  朝起きて、体力が戻ってるような、戻ってないような。  最近は酒を飲んでも寝付けないため、旅行先でも酒を飲む日でも、眠剤持参なので、眠ったことは眠った。はず。  ホテルのお姉さんは美人で優しかったし、加湿器を借りたり禁煙ルームに変えてもらったり、世話になってハッピーなホテルライフでした。ありがとう、ホテルルートイン大阪本町!  ただ、近頃、母親と一緒に京都へ泊まる際には、京都都ホテルを愛用しているため、ビジネスホテルのアメニティに愕然とした。スゲー。洗面所に歯ブラシと剃刀しかねーよ!みたいな(笑)。人間、楽をすると堕落するということがよーっくわかりました。  そんなホテルを出て、本町乗換えで梅田へ。  前日、「昼割りキップ」で大阪→京都のキップを金券ショップで購入していたので、そのままJRへ。  この、近距離キップさ、関東でも流行らせて欲しいよね!540円が330円になるんだよ!東京→横浜間と同じだよ!東京→横浜間が330円になったら、かなり嬉しいし、みんな喜ぶと思うの!  ケチなハナシはそのくらいにして。  さて、京都は、もう、「何が起きているの?」というくらい、もンのすげー混み方をしてました。  市バス乗り場が黒山の人だかり。スゴイ。私は安いオフシーズンに京都に行くことが多いので、「祝日の京都、恐るべし!」と思った…

続きを読む

リアルトラベル・改 その1

 出先からの文章は愚痴が多いばかりで、なんだか旅行記的になっていなかった…。笑。  という訳で。改めまして。高野山&京都旅行記でございます♪  3月19日(木曜) 朝、5時起床。  せっかく7時22分の新幹線を取ったのに、どうしてこんなに早起きしないといけないのか  新幹線で新大阪まで行き、地下鉄でなんばまで。そこから南海鉄道で高野山を目指します。  高野山は2度目でして、前回は友人と「墓参り目的」で。ただ、それだけのために行ったんだ。  今回は「仏像及び寺社仏閣目的」。あまり進歩がないような気がするのは、気のせいと言うことにいたしましょう。  ええと。12時45分に高野山駅に到着。  折りよく来ていたバスに乗り、高野山の大伽藍方面へ  高野山は大伽藍が立ち並ぶ一角と、奥の院がある一角の2つに大まかに大別できます。山内はバスがグルグル走ってるから、観光には不便さをあまり感じません。  とりあえず、バス停『金堂前』で降りて、伽藍を見ることに。  いやー。いい。  まあ、山内が寺だらけだから、元気になるよ。  ただ、グズグズと、仕事のコトと家のコトのしんどさを抱えていたので、あまり気分が晴れず。もやもや。  金堂内から聞こえてくる読経に、テンションがわずかに上がる。    時間との兼ね合いもあり、入ることは止め、点在するお堂を1つずつ回ってみた。  色々あるのよ。不動堂とか、准胝…

続きを読む

東洋的美と西洋的美。どちらが好みか、魂に問う。

 昨日の祝日は、六本木にあるサントリー美術館で開催中の『三井寺展』に行ってきました。  天台宗五代座主、智証大師円珍が帰朝1150年記念ということで、円珍関連モノの寺宝と、狩野光信の没後400年で、狩野派の襖絵などが展示されてました。    あたしゃ、つくづく山門派なんやなぁ。  知証大師の坐像、いっぱいあったけど、「ふぅん」って。ダメだ。  それに、新羅明神が怖くて。  ええと。簡単に説明しますと。  仏教には天台宗という宗派がありまして、その開祖は、最澄という人です。  最澄の次の次、第三代座主に、私が敬愛する慈覚大師円仁という人がなり、その次の次、第五代座主に、智証大師円珍がなりました。  昔の仏教のお坊さん達は、仏教の本場・中国での修業や学問を望み、何人もが入唐しました。  最澄は中国の天台山という聖地に入り、天台宗を日本に持ち帰って広めた訳です。    当人達が生きていたときは、さして問題にならなかったコトなのですが、入寂された後、円仁派と円珍派、という二つの派閥に比叡山が分かれてしまいました。これが、山門派と寺門派です。  山門派は山に残り、寺門派は大津の湖畔に三井寺(園城寺)を開いてそこを本山としたのです。  そいで。    山門派と寺門派の争いは、時の権力者の代理戦争みたいなところもあり、苛烈を極めました。  坊さん同士なのに、「僧兵」って言って、兵力を持ち、武力を持って相手を制圧することも多く、まったくもっていけないことです。 …

続きを読む

新春・京都旅行3日目

 2009年1月12日(月)。  朝起きて。カーテンを開くと。  そこは雪景色だった  夜の間に降ったらしく、うっすら積もった雪が白々と寒そうに見えた。  しかし!昨日食べなかったプリンを朝食として食べ!いざ!泉涌寺七福神巡りへ  駅まではすぐなんで、荷物を置いて、市バスに乗って泉涌寺へ。  毎年、成人の日に行われている、塔頭を巡る七福神巡りが今日のメイン。  8時半には着いた上に、先ほど雪が上がったところ、という寒さゆえか、例年よりも人が少ない。  とりあえず、山の下のほう、①番からお参りを。    即成院から、いつものようにウロウロと上り、今回も小豆粥のお接待を受けたり、丈六の釈迦如来像を拝んだり。  寒いながらもいつも楽しい。    今回は今熊野観音で、「知恵の餅」を分けてもらった。  ウチは三バカトリオで、家族揃っておバカさんなので。ねえ。もう少し知恵を分けてもらったほうが良いかしら。と思ってね。これはお仏壇にお供えしておけばよいらしい。食べてもいいけど、「お身守りですから」と言われた…。  悲田院で甘酒を飲みながら市街地を見下ろし、最後の寿老人を安置する法音寺で招き猫を買い、無事に今年も終わりました。  山を降りる頃、人が増えていった。10時頃のことでした。  さて、それでは次に。と言うことで。  一条にある、晴明神社へバスでゴー! {%大変web…

続きを読む

新春・京都旅行2日目

 2009年1月11日(日)。  今日は奈良ですよ。  もっのすっごぉおく不安  なぜか「合わない土地」というのが人間にはあるようで、奈良は非常に印象が悪い。鎌倉同様。それは奈良県および奈良に住まい、奈良で出会う人々のせいでは、決して、ありません。むしろ、奈良で観光に携わる人々の優しさなどは横浜も大いに見習うべき素晴らしさなのではありますが。  人間だもの。  合わないんじゃ、仕方ねえじゃん。←開き直った(笑  何はともあれ、京都から近鉄に乗り、早々に乗換えがわからなくてパニくりつつ、筒井駅に到着。  バスが…。20分…来ない…。  寒い。とにかく寒い。  本当はバスの時刻表なども厳密にチェックして、待ち時間なく乗れるはずだった。  しかし、せっかちで心配性な我々母子は出発時間を少し早めたため、余剰の時間が発生して、結局、時間を余らせてしまったのだ。「1本早いバスに乗れるかも」なんて、そんなバスは1時間前に行っているのさ!  コンビにで時間をつぶしつつ、バスに乗って到着。  法隆寺です。    空の青さが目に沁みます。ええ。寒くて空気が乾燥していて、ヒジョーに辛かったよぉ  法隆寺は修学旅行で来たのかなぁ。覚えてないなぁ。とにかく、夢殿目的&仏像目的。今日は徹底的に仏像を見倒す日なのですよ

続きを読む

新春・京都旅行1日目

 毎年恒例の京都旅行に行ってきました。  毎年、土曜日の仕事が終わってから(というか定時で上がらせてもらってから)新幹線に飛び乗る、という行程ながら、今回は「休みたい」と主張し、それが通り、土曜日からの2泊3日の旅に  という訳で。旅行記です。  2009年1月10日(土)  ちょうど良い時間の新幹線が取れなかったため、京都到着が13時14分の新幹線で行くことに。  今回は中日を奈良にする予定を組んだので、非常に不安。めちゃくちゃ不安。大丈夫かしら。何だか今回の私は心配性の持病が酷くなっている…。  京都に到着。寒い。けど、嬉しい。  ホテルに荷物を置き、バスで四条河原町へ。とりあえず、取り急ぎ、いつものお寺へお礼とご挨拶を。  新京極にある蛸薬師(永福寺)へ。  一年間、風雪に耐え、家内安全に尽力してくれた御札をお返しし、ストラップを返し、お参り、御札購入などを経て、さて、問題のおみくじです 。  私はここのお寺のおみくじを年頭に引くのを行事としておりまして、引いたおみくじは心の戒めとして一年間財布に入れておくので、ここで悪い卦が出たら、もう、1年間凹みまくらなくてはならない!重要な局面なのです!!  10円玉を3個入れると、自動的にガチャっとおみくじが排出されるいつもの自動販売機形式の赤いおみくじボックスから、毎度ながら投げやりに、ほらよ!とばかりに頂くおみくじ。  開けてみたと…

続きを読む