アグレッシブ・ゴールデンウィーク

 略してAGW。  意味がわからん。  今年のGWは珍しくアグレッシブに動いてました。  ……終わっちゃったよ(しょぼん)。  3日は、自転車で遠征して買い物へ。駅として数えるなら、4つ分くらいを往復する程度走りました。  ただ、いつもの買い物と違って。  誰かを思い浮かべながら、服や下着を選んでいると、ふと、「アタシ、こんな幸せなはずがない」という漠然とした恐怖感にかられ、「いや。マジで。実は、これは夢なんじゃ…」と目の前が真っ暗くなる。  夢、っていうか。  死んでるんじゃないか。と。  実は3月上旬に自転車事故で死にかけてて、3月中旬からの色々は、入院中の意識がない自分が見ている夢では?  そうでないと誰が言い切れる?!  目を開けたら、知らない天井で、アタシは点滴につながれてグルグルと包帯を巻かれてるんじゃないか?  それを友人に言ったら、「夢オチですらなく、死にオチとは」とツッコまれたけど。  実際、GW中、買い物の時に訪れる酩酊感はスゴイものでした。  メニエールか。みたいな。    幸せ慣れしていないカワイソウな三十路(ほぼ終盤)。  えー。  で。  4日は、映画を見に行きました。  『タイタンの逆襲』です。  リアム!!リーアム!!!(絶叫)。  リアムが出てるのは知ってたけどさ(だから見に行ったんだ)。  あんなに出番があるなんてっ!  もいもいと髭やらロン毛やらで顔があまり見えない(化粧もバッ…

続きを読む

読書と映画と岩舟と。

 CSで映画をやっていたので、見た。   アデル/ファラオと復活の秘薬 [DVD]Happinet(SB)(D) 2011-01-07 Amazonアソシエイト by  『アデル/ファラオと復活の秘薬』。リュック・ベッソン監督。  気の強い美人が活躍する映画は好きである。という事で見たのですが、フランス映画っぽい!感じ。  でも、レビューが辛いですね。アマゾンのレビューを読むと「そういう見方しなきゃ良くね?」というか。  私は好き。アデル、美人だし(そこ、大事!!)。  衣装とか、すっごく可愛いし、凝ってるし、ややコケる部分も大作への皮肉かもしれないしね。  昨日やってた『ウルトラバイオレット』は、冒頭で寝てしまった(映画がつまらなかったのではなく、ひどすぎる生理痛と泳いだ疲労によるもの)。    自分ができないので。  気の強い女性にあこがれる。  気が強いつながり(?)。  『刀語』(西尾維新)、続けて2巻読みました。   刀語 第一話 絶刀・鉋 (講談社BOX)講談社 西尾 維新 Amazonアソシエイト by  『デュラララ!!』を、2巻~6巻までなし崩しに読んで「うーん」と言っていた私ですが。  やっぱ西尾維新の方が面白い。  慣れるほど大量の作品を読み、面白いと思えるほど離れていたので。  相性は致し方ない。それは純粋な評価を凌駕する。  私は『化物語』シリーズより好き。あんまりハーレムっぽ…

続きを読む

主人公が性転換する不思議

 小説『ジェネラル・ルージュの凱旋』が気に入ったので、楽天レンタルして映画を借りて見てみた。 ジェネラル・ルージュの凱旋 [DVD]TCエンタテインメント 2009-09-09 Amazonアソシエイト by  いやー。驚いたったら。あーた。  主人公(ではないのか?)の、田口医師、女性になってるじゃーありませんの。  小説では「公平」だったのに、「公子」になってて、一瞬、目が点になりました。  原作者はそれでよしとしたのか。寛大な人だなぁ。    って、そもそも、『チーム・バチスタの栄光』から入らねばならない道を、いきなり『ジェネラル~』から入った私が悪いのか。笑。  映画のレビュー者達は、原作のファンである人も多いながら、好意的な意見が多くて「そんなもんか」と思ったり。  性別変えちゃうのは…いくらなんでも…。原作優位主義者なので。あまり好きではないのでした。映画のノベライズ版として小説があるなら良いけどね。  で。内容は。  まあ。内容も原作では起きない殺人事件とか絡んで、沼田さんとかキャラ付けが違ってたり、映画は映画で見たら良い。という感じ。  配役は、性転換問題を除けば、まあ、合致していた感じだけれども。  白鳥さんを全面押し!なので。阿部ちゃんが天才で、謎を解く。というカタチは、『トリック』を思い出してしまう。 ちょっとトボケた(でも美人)な女性を小突きながら、口先で丸め込んだり、結局は女性の方が答えを出したり、って。本…

続きを読む

ゆれる

 CSで日曜日にやっていたので。映画を見ました。  『ゆれる』   ゆれる [DVD]バンダイビジュアル 2007-02-23 Amazonアソシエイト by  公開当時から、レビューで大絶賛だったので、ずっと見たいと思っていた。  レンタルショップへ足を運んでも、レンタル中で借りられず。  そのうち、映画専門チャンネルでやるだろうと待っていた作品。  ええと。  感想…。  オダギリジョーも香川照之も、すごく演技が上手だなぁ。と。  この映画に出ている人達は、お芝居がとても上手だなぁ。  ……。えと。ええと。  「兄弟のある人には、この確執がわかるだろう」というレビューもありまして。  私には姉がいますが。  どちらかと言うと、この兄弟のように、姉は頑張り屋で忍耐強く、私は適当なアホで人生を適宜謳歌していますが。  特にピンとこなかった。  あ。  言っちゃった。笑。  お兄ちゃん側やお姉ちゃん側の人が見ると違うのかなー。  案外、「人間ってイヤなものだわ」って感想が残って、製作者の意図と逆の読後感(鑑賞後の感想)を抱いてしまいました。  もがき苦しむ普通の人の生活を見たいと思わぬ己の性格がそう言わしめたので。  この感想は、映画の善し悪しとは無関係だということを特記したいと思います。  邦画~。  久しぶりに見たけど。  洋画の方がいいやー。私ー。  日本語っ…

続きを読む

やるじゃん!アマゾン!!ハルクが来ましたっ!

 うわ。チープなタイトルだな。こりゃ。  でもね、優秀だったんだよ。アマゾン。つか、アマゾンに出店しているお店。  中古で買ったから、アマゾンから直ではなくて。東京にある中古DVDのお店から買いましたの。  『インクレディブル・ハルク』   インクレディブル・ハルク デラックス・コレクターズ・エディション (2枚組) [DVD]ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2009-02-25 Amazonアソシエイト by  2枚組なのに、価格わずか297円!!  送料込みでも、700円しない!!  というわけで、7日に注文して9日に来たため、仕事が終わって寝る前の時間、ちょこちょこと見てます。  2枚目の方の特典映像。  未公開シーンとかメイキング。  初めてのアクション映画出演のため、色々と身体を張って頑張っているTimさん。  インタビューで2回も「年齢的にキツイ」と笑っていました。可愛い…。  ハーネスつけてワイヤーに引っ張られて大ジャンプするシーンでは、何回も飛んではねて大変で。  監督からのOKが出て、ようやく終わったら、カメラに向かって「じゃ、ハーネス外してくるね」って笑顔…し、死ぬ…。  そう。あまりの愛らしさに、絶叫しまくりました。  嗚呼。仕事の疲れが氷解してゆく…。なんとステキなお姿。    気難しい役が多いですが、ご本人は気さくで、ふつうのオジサンな感じ(いやいやいや。普通、ではない)で。  愛が深…

続きを読む

パンフ発掘!

 ちょっと遠めのブックオフにて、『海の上のピアニスト』のパンフレットを発掘したよっ!!(号泣)。  思わず「あった!」って抱きしめたら、近くにいたアイドル雑誌を見ていた親子にぎょっとされた。  だってだってだって。嬉しかったんだもん。  パンフのTimさんは超絶キュートです。もう、猛然と可愛いです。筆舌に尽くし難しです。  車の中で(父親に乗っけてってもらったのだ)、「ああ!なんて素敵なのっ!」と言ったら、父親が「ぶふぅぅ」と吹き出しましたよ。  すいませんね。アタシには絶賛してもしつくせんほどの愛らしさに見えてるんですよ。もう、自分の目がおかしなコトになっていると潔く認めますよ。  認めますともっ!(逆ギレ)。  それと、『シンドラーのリスト』も同時ゲットしました。  こちらのリアムもすっご美形で素敵です。  公開する(した?)新作映画『アンノウンズ』(だっけ?)も見に行きたいリアム。  Timさんもそうなんですが、リアムも、今の方が良いなぁと思う。枯れてからの魅力が爆発しとるから。  昨日のスターウォーズEP3(地上波でやってた)で、ユアンを見て、「ユアンも可愛いなぁ。ちっさいなぁ」と、なんだかちっさい人萌えが加速しているのが怖いです。  来週14日で50歳になるTimさん。  理想の人が身長170センチ、50歳のイギリス人。  私の春は遠そうです(笑)。

続きを読む

胡蝶とピアノ

 楽天レンタルで借りた、2枚のTim Roth主演作品、見ました。  まずは、『コッポラ・胡蝶の夢』。   コッポラの胡蝶の夢 スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]Happinet(SB)(D) 2009-03-27 Amazonアソシエイト by  主演で、レビューも悪くなかったから選んでみた。  たぶん、話はよくわからないんだろうなー。と、思いつつ見た。  ……うん。なんだか、イマイチよくわからない作品だった。  ただ、映像は綺麗だったし、ティムさんの演技は素晴らしかった。  枕に顔をうずめて横になってるシーンとか、髭を剃ってもらってるシーンとか。個人的ツボもあり、裸体も見られて(笑)。  つか、この人、裸にレア感がないよねぇ。  『インクレディブル・ハルク』の時も全裸になってたし、お尻とか、「スゴイ!レアだわ!」という感じがないのは…まあ、いっか。笑。  姉といつだか話していたよ。意外と俳優さんは裸体を晒すことが多いと。  カール・アーバンが某映画で臀部を露出しており、「カールったら!」とキャッキャしたのだが、よくよく考えると、リアムだって『ロブ・ロイ』で全裸だったよ。みたいな。  リアムの全裸は正視できなかった。ちょっと恥ずかしくて。ティムさんは見られるのに。なんだ、その差は。エロ濃度の差か?!  ええと。  ティムさんのファンなら見たら良いと思う。そういう映画。  最後の死体の演技とかすごかった。数々の犯罪ドラマを見てきたけ…

続きを読む

ハスキー犬じゃない…かな…?

 ボスが貸してくれた『インセプション』を見ました。  すっごい大絶賛だったので、どんなもんかなーと思いつつ。   インセプション Blu-ray & DVDセット (初回限定生産)ワーナー・ホーム・ビデオ 2010-12-07 Amazonアソシエイト by  『アビエイター』を見たボスが、「レオナルド・ディカプリオがハスキー犬にしか見えなくて、話もわかんないし、寝ちゃったよ」と言っていたため、ディカプリオ=ハスキー犬。というのが印象に深くて(笑)。  そのボスが「ハスキー犬に見えなかったよー。ディカプリオもカッコよかったし、渡辺謙もカッコよかったー」と言っていた『インセプション』。  ぶっちゃけ、ボスと男の趣味がまったく全然モーレツに合わないので、その言葉は「へぇ」とだけで受け流しておいた。  彼女は逞しくて凛々しくてリッチな男が好きなのだ。    で。その上で、「でも、話がややこしくて、わかりづらいけどね」と言われ、それを映画好きの友人に言ったら「難しくないですよー」と返された。  これはボスには難解でも、友人には平易という事だ。  私がボス寄りなのか、友人に近いか。何だか犬の知能検査を受けるみたいだ。  いや、ボスに近いと犬同然などと暴言を言っているのではない。  ずいぶんと話がズレた。  ええと。  結句。  別に難しくはない。SFを多少なりとも嗜んでいれば、珍しい設定ですらないんじゃないかなー。と思った。    そ…

続きを読む

誰の陰謀かは知らねど、3日連続はイヤでござる。

 にんにん。  ODのファンクライベントの振替日が早々に決まったのに、PTPの振り替えが決まらず。  パソコンを開けるたびに「チケ代返せー」と呟いていたら、決まったらしい。  5月2日。…月曜日。  しかも、5月2日に仕事を早退してPTPのライブに行き、3日に朝っぱらから始発の勢いで同人誌イベントに行き、4日に代官山でODライブですか?  死にます。  つか、イヤです。←即決(笑)。  だからさ。モノには限度ってもんがあってさ。  あーうー。PTP、行きたかったなぁー。ムリだー(と、いうか。GWの飛び石の月曜日に早退しようという方が無謀です。3日4日に予定がなくとも、そりゃ出来ん相談ですわ)。  チケットぴあ購入者は、買った店舗(コンビニならコンビニ)で払い戻しするそうな。  あのセブンイレブンまでまた行くのか…。ウォーキングせえ、っちゅーことかぁー。←ウォーキングの途中で突発的に購入したので、家の近くのセブンイレブンではないのだった。  ティム!ティムー!!  と、絶叫しすぎで罰が当たったんだと思います。ふん。いいもん。  返ってくる3500円で、Timさんが出てる映画のパンフとか買うもんっ!←やっぱダメ…。  なぜか楽天で『Lie to me2』のDVDボックスが値上がってて、とっさには買えなかったのですが。  昨日、さんざん見て心は潤っているし、シーズン1を擦り切れるまで見て(DVDは擦り切れません)にやにやするからいいもんっ。寝…

続きを読む

身長

 あ。このネタはmixi向きだったか?  と、思いつつ。読んでいる人は同じ人だからいいや。めんどくさい。  などと、適当な事を言いつつ。  私のTim Roth熱は、相当に病気の域を抜け、もはや呼びようがないほどになっておりまして。  その「愛」を、生きてその辺をうろうろしている若い日本人男子に振り分ければよかろう!!と激昂するほど、なんで、ほんと…(ため息)。  というくらい。  今は、Tim Rothさんが大ブレイク中の私の脳みそ。  もう、だって。  可愛いんだもんっ(ハァハァ)。  久々にPCを開けてネットサーフィン的な事をして画像検索とかガツガツとオタクな事をやったら、出るわ出るわ。  当たり前の話ですが、エピソードを読むと、なおのこと惚れます。  性格とか、モロ、タイプなんです。  昨日の『Lie to me2』のイッキ見放送で気になっていた、「あのタトゥーはマジなのか?!」も判明しました。  マジだそうですっ!  マジなの?!俳優なのに、彫っちゃっていいの?!  いいみたいですっ!(笑)。  私の好きな、アンソニー・ボーデインと同じ場所に(腕にぐるっと一周)。    それと、身長。  ドラマを見ると、「ちっちゃいなぁ」というのが第一印象で、それでも外国の俳優さんたちは、日本人の規格には当てはまらないデカさだから。  と、思っていたら、170センチ(他、171、172センチ説あり)らしい。  ……アタシとあま…

続きを読む

インクレディブル・ハルク

 今さらですか?  今さらですよ。2008年の映画ですからねっ!  『インクレディブル・ハルク』、見ました。   インクレディブル・ハルク [Blu-ray]ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2010-05-26 Amazonアソシエイト by  内容的にはアレなんですが(笑)。  私はティム・ロス氏を見るためだけにっ!!!借りてきたのでっ!!  好き過ぎて、私の中で呼び名が一定していないティムさんなのですが。  ほんまこつ、ものすっごー、可愛かったです(萌死)。  ロシア生まれのイギリス人。戦闘マニア。という設定。ハルクと戦いたいあまり、自分も超人化してしまう、ブロンスキーという役です。ちょっとキレちゃってる人。そういう人、よくやりますね。笑。  それにしても。  ネットの公式HPでお顔を拝見してから、どぉっぉしても見たくて、辛抱たまらず借りてきてもらって良かった。オカン、ありがとうっ!  な、可愛さでした。筆舌に尽くしがたい←それじゃダメだ。  黒い戦闘服に、銃を片手に走り回るのもカッコよかったし  っつーか、軍服!!…バタリ(←倒れた)。  あんまりね、こう、シュシュっと背が高い人じゃないんですよぉ。どちらかと言えば、イギリス人にしてみれば小柄に見える彼。  軍服姿。アカン。おいら、もう。鼻血出るから。笑。  私の軍服姿ランキングは、1位ギブス・リロイ・ジェスロ(『NCIS』)、2位ミハイ…

続きを読む

好きな人が嬉しいと、私も嬉しい。

 友人のブログを読んで、「きゃー!」って。  ニヤニヤしながら、「嬉しい!」って思った。  私がお勧めした本を気に入ってくださったらしく。    でしょー。なんだよ。  だからさー。  勧めたの。  ……って、全然文章がつながってないし(笑)。  三浦しをんさん、って、初めて読んだとき、まだ直木賞も取っておらず、無名の作家さんだったんだけど、「この人は!同じニオイがする!」って(笑)。一発で気に入ってしまった。  先日、図書館に行ったときに、『ロードオブザリング』にしをんさんがハマってたときのエッセイを読み返した。  当時、リアルタイムには、指輪は知らなかったんだけど、今なら裏話から何から何まで知っているので(苦笑)、改めて。  ヴィゴ…。そうそう。しをんさんは、アラゴルンが好きだったっけ。  私としをんさんの違いに、①喫煙・非喫煙(ヘビースモーカー・タバコをくわえたことすらない者)、②兄弟編成の違い(弟君1人・三人姉妹の末っ子)、③風呂の好き嫌い(お風呂大嫌い・風呂に入らないと死ぬ)、があり、まあ、違いと言えばこの3つくらいで、後は、ほぼ、しをんさんと同じような感じなんで。  確かにアラゴルンはかっこよかった。でも、ヴィゴはビミョウだった。…なぜだ。髪型か?  そう。  ウチの姉は、プラチナブロンドに碧眼のかわい子ちゃん(死語)が好みなのですが、私は黒髪・黒曜石の瞳、そして体毛が薄く(いや、腕毛程度は許容範囲)、スレンダー美人、が、好みなんで…

続きを読む