ゴミ屋敷を片付ける動画

 ついったランドで、YouTubeの「片付けトントン」というチャンネルが面白いというプレゼンを見かけ、見てみました。  「こういう人におすすめ」の中にあった、「数人で仲良くわちゃわちゃ作業しているのを見るのが好きな人」というのにドンピシャ(死語)だったからです。  はい。私は二次元でも三次元でも、数人でわちゃわちゃと楽しそうに仲良さげに何かやっているのを見るのが好きです。そんな性癖なので、戦国時代とかツボったん。  この、「片付けトントン」というチャンネルは、現存する愛知県の片づけ業者(なんでも屋さんとも違うっぽい)が行ってきた現場の様子を撮ったものに、ナレーション(社員)がついているというドキュメンタリー系の動画です。  私が見たのは「天井が近い家」という動画。  御覧になりたい人はこちらかからどうぞ。      100万再生されている動画なので、御存知の方も多いのでは。  いやあ、作業されている社員さんもすごいけど、これ、10年かけて圧縮しまくったゴミらしいのね。  掘っても掘ってもいろんなものが出てくる…。すごい…。  別の動画では、5年間住んでいた1Kの部屋、Gが壁をすごい数わさわさと逃げてゆき、ちょ、も、ね(語彙を失う)。  その部屋の主は男性であったらしく、酒類の缶がむちゃくちゃ出てたけど。こっちの天井が近い家の主さんは酒は出てこない。なんか、ちょっとホッとしたような素面でコレかよと思うような…。  部屋も3LDKくらい?ファミ…

続きを読む

定期的に訪れる物欲

 幾度となく書いているなー、物欲。  私は旦那さんに「もっと好きなもの買いなよー」と言われるほど物欲が薄い(らしい)のですが、たまに、こう、「あああ。〇〇が欲しい!」という周期が来ます(前回までのあらすじ)。  結婚指輪は無事に給付金のおかげもあって(お金が足りない、夫からの無理解、等ではなく、私の「もったいない心」の撲殺に給付金は功を奏しただけである)、購入しました。  プラチナ様ですよ。わーいわい。  想像より5ミリくらい細かったんですが、これがまた付け心地の良い、ストレスにならん指輪で大満足です。    それはそれとして良いのです。  今は、もう、何回目なのか数えることすら嫌になる「財布欲しいジプシー」の再来ざんす。  財布…欲しい…。  今使っている財布は、かなり大昔に仕事のストレスが高じて年末に「ボーナス(というは名ばかりの寸志)出るし、冬場はすげー頑張ってるから買うたる!買うたるで!」と清水の舞台から飛び降りる気持ちで買ったcoachの財布です。  今でこそ、プチプラブランドとして有名なcoachだけど、当時はそれなりにそれなりの値段がしました。  それ以後、もう1つcoachの財布を買ったものの使い勝手が悪く、やはりコチラと戻ってきたむちゃくちゃ使いやすい財布。  それが今でも現役の我が家財布なのですっ!  つまり、「ものすごく使いやすいこの財布以上に使いやすい財布」を探しているのであり、それがしんどいんよねぇ。  …

続きを読む

そこはスルーなのか…

 鹿児島でコビットのクラスター発生があった「New おだまLee男爵」というショーパブ。  看板を見て爆笑したのだが、誰もその名前のインパクトには言及していなくて、「そこはスルーなんだ…」と思った。  これってVOWネタじゃん。え。VOEネタって言っても誰もわからんのか。昭和は遠くになりにけりやな。  ここでクラスター発生があった件については、本当にお気の毒だとしか言えず、どこででも、誰とでも、クラスターは発生しうる(症状のない感染者はあらゆる所にいるものであり、自分がそうでないという確証はない)し、笑いごとじゃないのは重々承知。でもさ。すごい名前じゃない?  そしたら、ニュースで「ニューおだま リィ男爵」と女性アナウンサーが発音していた。  「ニューおだま」ってなんだよ!「リィ男爵」ってなんだよ!!  正しくは「ニュー・お黙り男爵」なんじゃないの!?違うの?え、地元の人は「ニューおだま行かね?」「二次会はリィ男爵ね」って言ってるの?(それならばアナウンサーが正しい)。  昔、VOWで「変態さる人間」っていうパブ?店?の看板が出てて、バイトとかで電話取るの嫌だねーって笑ってたんだけど、この老舗ショーパブに予約するときはどうやって出るのか気になる。  まあ、近くに「横浜かつひこ整形外科」(仮名)とかあって、それもなー、って思うけど。  女医さんで下の名前をクリニック名にする人けっこうおるよね。「ゆかり皮膚科」とかさ。あれもね、「はい、ゆかり皮膚科です…

続きを読む

当ブログ・12周年(おめでたい?)

 毎年7月3日になるとビッグローブから「7月3日は杳月日記が開設された日です。今年は〇年目になりますね」と親しげなメールが来ていたのに、10年目を最後に来ておらん。  過去記事を遡ったら2018年に10周年という記事を書いているから、今年は12年ということらしい。  干支を2周したのか…。  私が始めた年に小学校に入った子は高校を卒業⁈おお、すごいな。  実際はこのブログを始める前から文章ブログはずっとやっていて、そこから数えると通算20年以上やっていると思う(個人HP含む)。  たいていは仕事の愚痴と旅行のことだったもんで、仕事を辞め、旅行にも行かなくなって更新が減った時期もあったけれど、今は精神状態が安定していて平日の夕方に書くのが楽しみになっている。  昨年は「来年の今頃は何をしているか皆目見当がつかない」と締めくくっていたけれど、あの時一生懸命掃除していた私の部屋は両親の寝室となり、もうとっくに終わっているはずのリフォームはまだ終わっていないのだよ。ふふふふ。  この1年を振り返る。  などと言っても、今年の上半期はコロ助騒動でいろいろと異なった世界になったこの世で右往左往している間に過ぎて行った。  私は自宅警備員だから、まあ、ええ、ええと、言うほど何も変わってはいないし怖い思いとか不安とか全然だったけど(苦笑)。  あ、でも旦那さんの仕事に変化があったから(これからあるから)、それが一番大きいのかも。  突然の「なんか、うち、求…

続きを読む

美人は目の保養

 最近、美しい女性や可愛らしい女性が好きでたまらない。  かっこいい男性、素敵な男性ではない。  造詣が整っているなと思う男性はたくさんいる。個人的にはPENICILLINのHAKUEIが一番整っている顔と目しているが、どうやら彼は旦那さんと同じ青森出身(津軽人)であるらしく、北国の色白美人って最強やんな、って思う。  あとは、ベタだが、HYDEとか。ジャニーズの若い子らもキレイな顔の子らが大勢おりますな。  でも、「綺麗やなー」とは思うけど、惚れはしない。  なんというか、芸能人(というか、一般人ではない人)の中では砂原良徳氏が一番かっこいいのであり、一般人ならうちの旦那さんが一番かっこいいので、それ以外は「造詣が整っている」という感じで、それなら女性の方が目の保養というか、なんというか、とにかく最近は美人が好き。  今日、ようやく録画していた「ミス・シャーロック」を見た。  Huluオリジナルドラマをテレビで2本分放送してくれたやつ。竹内結子さんが主役のシャーロックを演じてらして、その、竹内結子さんが、もう、ええ、ええええええ、むちゃくちゃ美しいいいいいいいい!!!!!  好みの顔である。竹内さん。髪型が何より最高。唇の下、顎のあたりにホクロがある。ホクロ美人!最高!  だってさー、ボブじゃん。男女問わずあの髪型、すごく好きなのよ。  椎名林檎さんとか、丸みのあるショートボブが似合う女性は間違いなく美人。大好き。絶対になれないから憧れはしないけど(遠…

続きを読む

たくましい女性と怪談

 図書館が利用可能になり、書架の間をゆっくりと歩くことの幸せがどれほど得難く、ありがたいものであったのか身に染みている今日この頃。  私としては、本はそんなに読んでいない方だと思うし、読んでいる人、ひいては「本が好きな人」からすると幼稚園児並みに読書してないマンなのですが、それでも本は好きだし、図書館はもっと好き。  ということで、最近借りて読んだ本の話。  『ミッキーたくまし』(西加奈子・著)  ミッキーたくまし - 西 加奈子  前作、『ミッキーかしまし』の第二弾。横浜市立図書館の蔵書にはすべて本のお尻(え、なんていう部分?下?)に入荷した年が押印されているのですが、「17」とあったので、「なんだ、3年前に入った本か。最近の本だな」と思って借りてみたら2009年に出版された本だった。騙された。図書館あるある。騙されたのは今回が初めてではない。  と言うわけで、内容を読んでいると「え。まだ西さんご結婚されてない?え?30歳になったばっかり?え?え?」ってなり、その弾けた若々しい文体に圧倒されました。    私は自分で言うのもナンですが、とにかく真面目に生きてきた公務員みたいな(比喩がおかしい)人生及び性格で、橋は叩いても渡らず叩きすぎて壊してから「クッソ、めんどい!」と川に飛び込むような人間なので、西さんみたいな破天荒というかえと、なんていうか、えと、そ、そう、自由な人に憧れがあります!  西さんなら、橋を叩くとかしないで「なんやのん、これー!」と爆笑して、橋を…

続きを読む

鳥よ…。

 かつて新宿にあった日赤病院にて生を受け、早稲田大学の近くで3歳までを過ごし、それ以降はこの地で暮らしております。  家の建て直しで数か月別の場所に家族と共に住んでいたことと、1年間だけ実家から徒歩3分のレオパレスで一人暮らしをしていた以外、基本的にずっと現住所におりました。  それが結婚して、初めての賃貸。初めてのアパート。初めての他住所。  そして6年ぶりにまた今の家に戻って来て。  え、こんなに鳥がいっぱいおるのん?    カエルもめっちゃ鳴いてるし、夜は車の音とか全然しないし、近所で犬がワンワン鳴いておるし。  家を出て旦那さんと住んだ場所は実家から徒歩20分くらい。同じ区内で町名は違うけど、まあ、近所。    それなのに、コチラは「住宅街」なので全然違うのですね。  本当に鳥が多い。あちこちで朝から晩まで何かが鳴いている。  旦那さんは津軽に生まれ育ちました。18歳までかの地で津軽衆として暮らし、ちょっと南部衆に混ざったりしながら再び津軽衆に戻って、そんで、埼玉だとか東京とか津軽を挟みながら流転し、この地に流れつきました。  なので、「鳥が珍しい」のだそう。鳥とか蝶など?確かに津軽に比せばここは南国。いろんな鳥がおります。  ちょっと想像してほしい。  夫が、どこにでもいる鳥を見ては「あー。鳥がいる!」などと嬉しそうにキャッキャしていたら。どうだろう。かわいいが過ぎないか?え?過ぎない?君の夫にはかわいいという成分が足りないのだろう…

続きを読む

頭痛持ちよ、生きているか(呼びかけ)

 頭が痛い。せっかく良くなったのに。  金曜日から日曜日まで、ロキソニンを飲んでも効かないほどに片頭痛がひどかった。  動くとガンガンして(動かなくてもガンガンしておるのだが、一層ひどくなる)、つい、ネット都市伝説である「平沢進御大の曲を聴くと頭痛が治る」を実践してみたほどである。  ちなみに、頭痛は「おお、頭を振ってもガンガンしない」と相成りましたが、聞き終えた数分後からは元通りになったので、平沢さんの力をもってしても治らん頭痛ということであった。残念。  その頭痛、月曜日はすっかり良くなった。晴れたから?天気良いから?  火曜日は、「なんか嫌な予感がする」くらい、そして、今日は「やっぱ痛ぇ」である。  だってさ。この天気だよ。絶対、この天気のせいだよ。  いわゆる気象病というやつ。低気圧が来ると片頭痛も手を携えて来る。低気圧だけにしてもらいたい。  かと言って、天気が良いと大丈夫なのかといえば、私は太陽光が強いと片頭痛が出るので、雨が降ろうがピカピカに晴れようが、痛いときは痛いのである。そして、痛みが来ると、4~5日はずっと痛い。本当にやめてもらいたい。  だから、金曜からの片頭痛が月曜日だけ奇跡的に良く(考えてみれば月曜日も痛かったのだ。それまでがあまりにも痛かったから「そうでもねえな」ってだけで。あと、こっちは人が多いところにいたから痛いのかと思っていた)、ずるずる続いているのでございますね。  昨日、「三連休に出かけたいがどうしよう」み…

続きを読む

時間には限りがあるので、悩んでいるうちに終わる。

 クッソ忙しかった5月が終わり、6月は比較的暇であった旦那さん。  そして7月は三連休が2回あるとのこと。  3連休ぅぅぅ!!イェェェエエエイイイイ!!!  私は年中夏休みのお気楽小梨専業主婦。家事は365日休みなしだけれど、子供がいるわけでなし、なんでもない。  だから、「え、連休?あたくし、毎日休みですけれども?ヲホホ」なのだが、まあ、旦那さんが休みというのは嬉しい。  ついね、こう、どっか泊りがけで行きたーい!!ってなるやん。なるやないですか。  23日から26日まで、世の中は四連休であるらしい。しゅごい。うちは23日が休みではないため、24日から三連休。ここはみんなあちこちに行きそう。混みそう。  それなら、11日から13日までの三連休でどっか行きたいやん。  箱根とか行っちゃう?1万円分の宿泊券、あるからさ、行っちゃう??  なんて思っていたら、母が「12日・13日で友達と箱根に行ってくるー」だそう。うおふ。  「うちも12・13とかで箱根に行こうかと思ってたんだけど…」  「えー。それじゃあお父さん一人ねww」  一人になる上に車ないなんて、大丈夫かいな。「平気でしょー」と母は言う。ああそう。あの人はそういう人(知ってる)。  旦那さんに言ったら、「完全に足がなくなるし、お父さんかわいそう…」。心優しき婿殿よ。父の味方は婿だけじゃ。この家は嫁も娘も悪鬼のごとくだからのう。  まあ、私もそれだと心苦しいと言う…

続きを読む

鎌倉・長谷寺最後の紫陽花

 6月29日(月曜日)。  母親と、鎌倉の長谷寺に行ってきました。  2週間前に母が急に「今年の長谷寺は予約制で紫陽花が見られるんだって。往復はがきで申し込むの。行かない?」と言ってきて、ネットで調べたら、拝観料1000円/日にち指定で紫陽花を見られるとのこと。  1000円と言う金額に一瞬ひるんだが、新型コロナウィルス関連で頑張っている医療機関に半額を寄付するらしいので、それなら良いかと思って。  一応、「神奈川県民優先」とあるので、まあ、大丈夫だろうと6月29日の午後を指定して申し込んでみた。  それが当選したので行ってきた次第である。  同じ家に住んでいるから、「そろそろ行く?」「うん、いいよー」で出られることのラクさよ。  母と二人で電車に乗って出かけるなんていつぶり?1年以上ぶり?つか、電車に乗るのも香川旅行のために空港まで乗った以来、3か月ぶりだわよ。  当日は梅雨の中休みでいい天気。藤沢から江ノ電に乗って長谷で下車。  江ノ電は平日だからなのか、座席が全部埋まっている程度。空いている方だと思う。  拝観は午後からなので、ぼんやり出発したらちょうど正午ごろに長谷駅であった。  そして長谷駅周辺には安くご飯を食べられるところがない。  母が「コンビニでもいいよ」と言うので、Googleマップ先生にコンビニの場所を教わってセブンで昼食を調達。  「せっかく来たんだから」と贅沢にランチをしないあたり、実の親子だなって気がする。  長…

続きを読む

再びの暑さと音楽の話

 まー、今日も暑くなりましたねー。  朝は肌寒いくらいで「本当に暑くなるのかよ」と疑っていたけれど、きちんと現在の室温、34℃と出ております。  ただ、極度の冷え性で低血圧なせいか、寒いのよりは暑い方が頑張れる。  頑張ったらいかんというツッコミが聞こえたが、耳をふさいで話を先に進める。  なんていうか、寒いと絶望するじゃん。  寒い。むり。死…。みたいな。  暑いと、アタマがぼーっとして、気持ち悪くなったり、気づいたら死んでるパターンだと思うんだよね。  フィジカルは確実に暑い方がヤバいけど、メンタルはヤラレないというか。  (わかってくれる人がどれほどいるか不安)  寒い苦行は嫌だが、暑い苦行は頑張れる。っていうか。  (だから苦行は止めろと再三再四、友人や旦那さんに言われているが)  そんな中。10時から歩いてきました。  図書館は駅前にあり、駅前まで行ってうろうろして帰ると、だいたい5000歩くらいになるん。  ちょうどよいので、久しぶりに曲を聴きながら歩いたよ。  先日記事を書いた、秋山黄色さん。イヤホンで聴いてなかったから。  やー、いいね。すごく良いアルバム。改めて。  caffeinが最高と書いたけれど、どの曲も良い。帰宅後、YouTubeにてMVや映像を片っ端から見ていたよ。  歌い方が曲によって違うっていうか、声の出し方?なんだろう?そこがすごい。  あと、問答無用で声が好きらしい。ボーカルの声が好…

続きを読む

背中の塩梅

 昨日、ぎっくり腰の背中版をまたやらかしたと書いた続報です。  誰も待っていない続報。地上波初登場!!  ええと、結論から言うと、「だいぶいい」でございます。  前回は寝て起きたら悪化してて絶望したけど、今回は「お、いいぞ」という感じ。  痛みがゼロになったわけではないのですが、昨日を10とすれば、3くらい。ほぼなんでもねえ。ちなみに3年前のガチぎっくり背中は昨日の500倍は痛かった。  なので、朝、旦那さんに湿布をはがしてもらい、いつも通りの日常。  朝の支度、お弁当作り、車でのお見送り、帰宅後、「え、痛いかも」と思ったので、動かすとよくないということが判明。  急遽、母親に「湿布貼って~」とお願いして、再びボルタレンに頑張ってもらうことに。つか、ボルタレンすごい。  雨が止んだので、図書館に行ってきました。  西尾維新の「美少年探偵団シリーズ」。しまぐらしのしまともさんが「好き」と言っていたので、未踏の地故予約しておいたのが来た。  あと、「おつまみ図鑑」「運慶×仏像」「オレンジページ増刊号・レンジで作るおかずBEST」「ダーリンは外国人ベルリンで3年目」等を借りてきました。    午前中はぼんやり漫画を読んだり本を読んだり過ごし、昼過ぎからやる気を見せてマット類の洗濯、掃除、トイレの大がかりな掃除、等。  バタバタと家のことをしておりましたら、なにやら背中がポッポと熱い。  湿布を貼ったところが熱くなっておる!  これは、あれ…

続きを読む

魔女の一撃・再

 今日はゴミの日でした。燃えるゴミの日。  捨てる前に、明日食べる予定のカレーを仕込んでおこうと思ったのですよ。  玉ねぎ、じゃがいも、人参、野菜くずがたくさん出るから。  そんで、ちょっと焦っていたのかもしれない。  予定通りカレーを作り、さて、鍋帽子にするべと半間の押し入れの前に座し、何の気なしに掛布団をめくったその瞬間。  ビキーッ!!!!  背中に電撃が走る。まさに、魔女の一撃。  こ、これは・・・・・・・・・。  ぎっくり腰!!!!!  もう、も、もう嫌だ。あんな経験はしたくない。というか、また背中か。  そーなんす。3、4年前にやってんだよ。ぎっくり腰ならぬ、ぎっくり背中。  その時は5キロの米を持ち上げたときに(たぶん)やらかして、昼過ぎから「うっ」と声が出るほど痛くなり、翌日、元勤め先の3軒先の整形外科に行ったのでした。  「ぎっくり腰だねー」って簡単に言われて、なにやら骨をちょいちょいされ(それは後に神奈川県内でも数人の整形外科医しか施術できぬ魔法のような施術と知ることになる)、電気を当てられ、「仕事は…できませんよね?」と恐る恐る聞いた私に、ネズミみたいな整形外科医は朗らかに「えー。できるよ?」と言ったので、半泣きで「今日は無理ってうちの先生に言ってください!!」と嘆願し、その日はそのまま職場に赴き、「午後は休みます」と言ったのでした。  翌日からは「なるべく早く動いた方が治るし、仕事は行ってもいいよ」と整形…

続きを読む

学歴もなく、工場で働いたりする若者の声

 旦那さんが新しく借りてきた音楽を携帯に入れてくれたので(それをきちんとカスタムしてくれたので)、改めて聞いていた。  秋山黄色さん。  ちゃんと、イヤホンで彼の声をじっくり聴いた。アルバム『From DROPOUT』。  From DROPOUT (初回生産限定盤) (DVD付) (特典なし) - 秋山黄色  旦那さん曰く、「工場で働いてるような、安いお酒しか飲んでないような、どこにでもいるような男なんだけど、天才的な音楽の才能があった、みたいな人」。  歌詞がとにかく「鬱屈してんなー」である。  若い。そして鬱屈している。  「普通にできる人」に対する、羨望と吐き気がある。  できない自分に対する不安、憤り、それと同じくらいの誇り。  「もう自分なんて本当に駄目だ」とは言わない。駄目な自分というものをきちんと見ながら、ちょっと笑っちゃったりして、でも「世界に自分という人間はただ一人で、とても尊い」ということは知っている。  なんだかその辺が私は旦那さんにすごくかぶって、ハラハラしてしまう。  旦那さんの若いころに作った曲たちは、黄色さんの曲に似ている。似ているというと語弊があるか。なんというか、色が似ている。    「ちゃんとできない自分」「ちゃんとってなんだよ」「でも、俺だって」みたいな気持ちがあふれていて、胸がぎゅっとするのだ。  傷を見せてくれる。黄色さんは傷だらけで、包帯にまで血が滲んでいて、でも笑っているみたいなイメージ…

続きを読む

悪いことはできない。

 胃が弱くなったなー。ってさっきも書いたけれど。  いやね。今日はお昼ご飯が家に足りなくてですね。銀行と図書館へ行ったついでにローソンに寄ったのですよ。  小さいパンが一つあるから、それとナニカ食べればいい。そしてauペイで買えば家計に響かずこっそり買える!  auポイントって、なんだか知らないけど、地味に溜まっててさ。300円分は労せずして増えたお金だから300円以内で美味しいもの買うぜ!  そんで。何を選んだのかというと。  「大きなツインシュー」(118円)。  パンとかおにぎりじゃなく、シュークリーム。うん、デブの思考回路だね。  これがねー。山崎製パンで作ってるやつで、ものすごく大きい。しかも、生クリームとカスタードクリームの比率が半々ではなく、どう考えても生クリームが多い。そして甘い。  わーい、わーい、と食べて、ふと気づく。  この胸のざわめきは…。  胸焼け!!!  118円のシュークリーム1個で胸焼けするなんて!どんだけババアなんだよ!あたし!かつては甘味大食い王として周囲からドン引きされてたのに!!バカ!バカバカ!加齢のバカ!!  と、いうか。  旦那さんが仕事してるっちゅーのに、ポイント消化で買ったものとはいえ、シュークリームなんぞ買って食ってる罰が当たったんだ。こんな贅沢、許されるわけなかったんだ。くっすん。  そんなことを思いつつ、カフェオレ飲んで「いやあ、でも美味しかったなあ」と幸せを満…

続きを読む

酒遍歴

 酒飲みって肝臓より先に胃を悪くするタイプがいるじゃないですか。え、私や旦那さんみたいな人です。  肝臓が頑丈なのか、胃が弱いのか。  お酒に強い人というのは、肝臓ではなく胃が強いんだと思うのよね。連続飲酒とかさ。もう、胃が爛れてる感じがあって飲めないもん(それでも飲むのがアルコール依存症という病なわけですが)。  私は若いときに、ものすごく酒に強い人に酒を教わるという駄目なコースを歩みました。  母親が内職してて、その材料(内職の内容)を持ってくる会社の人。思いだした。前の家で。それで私も話したりするようになったのよね。つか、今考えても、なんでパート先の上司と娘と酒を飲んでいたのか不思議だが。うちの母親。  内職以外にも仕事に行っていたりして(内勤と内職としていた)。たまに飲んでいたのです。そのAさんという人と母と3人で。  まだ二十歳そこそこだったような気がする。とにかく酒を教えたい欲求の強い男性で(いるよねー、そういうおっさん)、私が飲むと喜ぶもんだから(そしておごりなものだから)私は勧められるままに日本酒をガブガブ飲んでおりました。  いつもは駅前の居酒屋にて。たまに、Aさんの最寄り駅の行きつけの居酒屋にて。    居酒屋では日本酒を升で飲んで、飲めなくなったらビール。アルコール度数の強い酒を先に飲んでおくと、ビールなんぞ水みたいでいくらでも飲めた。二日酔いの記憶はあまりないから強かったのかな。  Aさんと飲むことを止めたのは、ある一件から。 …

続きを読む

物申したいわけではなく。

 以前にも書いたけれど、パソコンのホーム画面はビッグローブにしています。  ヤフーでもどこでも同じだと思うんだけど、トプ画にトピックスでニュースが出ますよね。  あれ、見るとはなしに見てしまい、見出しに踊らされて「はあ?」と言うことが多い。  先ほど、「渡部も?川谷絵音「休みなし」」というタイトルを見て、「まだ…えのぴょんはディスられているのか…」とちょっと遠い目をしながら何が起きたのかと読みに行ったら、バラエティ番組で「2年くらい休みがない」と言っただけで、そう言っただけなのに、「同じく不倫をしていた渡部もすぐにテレビに復帰するだろうと嫌悪感を抱くネット民が多い」みたいな流れで、クソデカな「はあ?」が出た。    ①渡部さんが出演していた番組に絵音さんが出た→②「休みがない」って言った→③同じく不倫してた渡部もすぐに復帰するのだろうか。  ②と③の間に理論の破綻がないか?んん?私が文章読解能力がないだけ??  もう少し脈絡があればわかるけど、これはすごいな。ネットのまとめ記事って民放のワイドショー並みに下劣だね。そして記事元は安定の「まいじつ」。このサイト、ほんとクソだよね。  そして日本はどうしてこんなにも不倫が叩かれるんだろうかね。正しく言うと、叩かれる人と叩かれない人がおるが。  不倫した芸能人に怒っている人は誰に怒っているんだろうかと思う。今でも絵音さんに嫁を寝取られたくらいの怒りを持続している人がいるもの。そのパワー、どこから沸くのか。 …

続きを読む

そして更に記録を更新

 誰だ、34℃で暑いなどと言っていた軟弱者は!  今日は35.3℃を記録したぞ、コノヤロウ!!  これが8月なら我慢するけどさー、6月だよ?何なの?  そして、さすがに生命の危機を感じたのでエアコンをつけました。弱い私を許して。  というか。午前中は風もあり、朝から33℃くらいあったけどまあ頑張れた。しかし、昼を越した辺りからどんどん気温が上がって来て、パリパリに乾いた洗濯物を汗だくで取り込んでアイロンかけてたら蜃気楼が見えたのよ。  友達にその話をしたら「どんな拷問よ(笑)」って言われた。  確かに拷問に近いな。と、思い、掃除も軽く済ませ(掃除機をかける気力と体力はもはや残っていなかった。クイックルワイパーでクイックルした。掃除機は明日の私に任せる)、洗濯物を片付けて、エアコンをスイッチ・オーン!  送風口が全開になって、最終形態みたいになったよ。プラズマクラスターちゃん(エアコンの名前)、びっくりしただろうね。  とりあえず29℃設定にして2時間半くらいかな。涼しくて快適です。33℃まで落ちました。  って、下がらねぇぇ!!(笑)。  ああ、いいのよ。寒いの苦手だし。動くと汗をかくくらいの室温でオッケー。これ以上は足が痛くなる(BBA)。  だってさ。外と比べると天国なんだもの。  どれだけ外がえぐいかと言うと、1時過ぎにシーツ1枚と敷布団カバー1枚、掛布団カバー2枚、大判バスタオルを洗ったのですが、うちの洗濯機、脱水がす…

続きを読む

オタク語り・夢女と壁

 注)誰かを非難したり、どなたかの嗜好を侮辱・否定するものではありません。本文はあくまでも個人の一人語り。あと、内容がオタクなので専門用語について不明な点がございましてもご自身で解決してください。  さて。いきなりだが。  pixivで鬼滅の刃の二次創作をウホウホと漁っていたとき。「〇〇×夢主」というジャンルがあることを知った。  目ん玉飛び出た。そんな・・・すごい・・・フリーダム・・・。  そもそも。私はガチの壁である。幼少のみぎりよりBL(当時はそんな呼び方がなかったが)を嗜む生粋の腐女子で、「推しがとにかく愛されている」というシチュエーションが大好物。基本的に「仲間と仲良くわちゃわちゃしているのを壁となって見ている」のを至高とするタイプなので、そこに「私」という存在はなく、キャラクターが自分を認識することはない。  大昔。太古の話だが、個人のHPが全盛だったころ。創作活動もみんなHPでやっていた。キリ番とかキリリクとかあった時代だ。うおお、懐かしい。  今はpixiv様のおかげで神のごとくな絵師様を気軽に拝見することができるが、昔はひたすら検索とリンク先に飛ぶことで探していた(まとめサイトとか登録サイトもあったけどね)。  そんで、ふと立ち寄ったHPに上がっていた小説。最初に閲覧するとき「あなたの名前を入れてください」というコマンドが出てきた。  HNでも良いとのことなので、当時使っていた名前(はや)を入れて「読む」をクリックすると…。  「…

続きを読む

ドキ☆脇汗パラダイス!

 暑いです。先ほど、室内の温度計が「室温34.1℃/湿度55%」を叩き出しました。  昨日、33℃もあるぜ!などとほざいていた自分を殴ってやりたい。まだ上には上がある。  でも、昨日の方がしんどかったです。やはり湿度というものが大事なんですな。34℃もあるけど、湿度が低いからエアコンの稼働は考えておりません(汗だく)。  つか、温湿度計には「快適ならにこにこマーク😃」、「危険だとしんどいマーク😖」が出るようになってて、温度は死にそうなのに、湿度がニコニコしているのが若干腹が立つ。や、湿度は快適かもしらんけど、34℃はまあまあしんどいよ?みたいな。  昨日の朝、朝食後に体重計に乗って「ぎゃひー!も、もう、アイスコーヒーに砂糖を入れて飲むのは止める!おいどん、頑張る!」と誓ったのに、あっさり破っております。糖分ないと死ぬ。  それにしても、「梅雨入り宣言すると晴れる」というジンクスは当分破られそうにないですね。ウッドデッキが熱くて素足で歩けないほどピカピカ太陽っすよ。14時現在、雲は出てきているけれど、雨は降らなさそう。夕方には降るのかしら。  洗濯や買い物に行く関係上、昼間は晴れてて夕方過ぎから雨、という天気は大歓迎(しかも夜は雨が降って涼しくなるとか最高)だけど。  そんで。暑いとなると、気になる。  汗。  脇汗です。  私はそんなに汗っかきでもないと思うのだけれど、暑ければ汗をかきます。脇汗って本当に厄介。  灰色とかのトップス。夏…

続きを読む

わっしょい、ユニクロ祭り

 タイトルがダサすぎて泣ける。  いや、私はファーストリテーリング社の回し者ではござらん。通りすがりの専業主婦でござる。  なんでも今日からユニクロ感謝祭なるものをやっているとチラシが入っておってな。  おお、「チラシ」とタイピングしたら「チラ氏」と変換したぞ。誰だ、チラ氏。何人かもわからんではないか。  話が逸れた。ええと。そう、なんかね(口調を戻した)ユニクロ感謝祭なんだって。    なんだかしょっちゅう感謝祭をやっているイメージがあるんだけど。まあいっか。  んで。近所のユニクロに行ってみたんですよ。  相変わらず「近所でクラスター発生したため云々」の張り紙と共に入場規制。入店時に検温。即手指消毒。入場人数も規制。入口と出口を分ける。マスクしてないと入店お断り。  それなのに混んでるぅ(だから混んでるのか?)。  11時開店だったから11時に出発したのだが、駐車場は満杯で、先着でくれるというお菓子もすっかり終わっていた。しょぼん。  神奈川県は横浜ハーバーをくれるそうですよ。青森は「いのち」なのかと思ったら「金魚ねぷた」とやら。知らん。そんなお菓子。さすがにHPで「青森はいのちを差し上げます」と書いたら不穏だからだろうか。ものすごく美味しい銘菓なのに名前がねぇ。青森を舞台にした朝ドラのタイトルにしたらしい「いのち」。今更変えることもできない。でも美味しい(しつこい)。  目的は旦那さんのウエストポーチ。携帯とお財布、免許証が入る…

続きを読む

梅雨入り前に33℃とは

 まだ梅雨にも入っておらぬのに、33℃もあるよ。ここ。  今日は風が強くて窓を開けてられなくて。風が入らない方の窓しか開いてない状態で扇風機を回していた。  暑すぎて1階へ避難したらそのまま爆睡。気づいたら1時間が経過していた。恐ろしい。  旦那さんからは「エアコンも視野に入れるべし」とのお言葉をいただいたが、やはり6月からエアコンかー。という気持ちもある。  変に我慢強くて「ヤバい」と思ったときには手遅れで死んでいるパターンの人間なもので、旦那さんもいろいろと気を遣って大変そうだと思う(他人事)。  そういえば、今朝、1階で母親と話をしていたとき。ラジオからこんな言葉が聞こえた。  「佐々木希ほどの美人が家にいれば飛んで帰るよね~。なのになんでなんだろ~。ほら、美人は三日で飽きるっていうけど、あの人は世界的な美人に何度も選ばれてるんだよ。飽きるわけないのに~」  んー。なんとなくカチンと来た自分にびっくりした。  63歳の経済アナリストとやらの発言であったが、言いかた(話し方、声のトーンなど)が嫌だったのと、「佐々木希さんの良さって顔だけじゃなくね?」って思ったからかな。    夫婦になるって、人生を共に歩むってことだから、飽きるとか飽きないとかの話でもないと思うし、昔から「畳と女房は新しい方がいい」みたいな、女性の初々しさを持てはやす感覚みたいなのにカチンと来たのかもしれない。  「だいたい、研究結果でも3年も経てば愛が冷めるって研究が…

続きを読む

膝の上の肉に対する呼称について

 みんなに集まってもらったのは他でもない。  この、膝の上にもんにょりとしている肉について。この、醜い肉についての意見を聞きたい。  そもそも、この部位に名前はあるのか。君、知っているかね。  うっせー、ググれカス!  む。正論だ。ググってみよう。・・・「膝の上の肉」が正解らしい。  というか、「膝の上の肉」と検索すると「膝の上の肉 落とし方」などが出てくるな。なるほど。我々以外にもこの肉を落としたいと思う人間は多いということだ。  待ってください!このテレワーク全盛の今、不用意に我々をこの狭い小部屋にぎゅうぎゅうに詰め込んで会議をする緊急性が一体どこにあると言うのですか!部長!  それはな。ほら、今日から新しい部屋着にしたじゃん?  ああ、母親が買って父親が着なくて回ってきたのを旦那さんも着なくて最終的に着ることになった、短パンとフード付き半そでトレーナーのセットアップですね。  そうだ。それを着るとどうなると思う?そう。膝が出るんだ。  膝が出ると、自然と目に入るだろう、この膝上のもんにょりした肉が。  確かに格好悪いし、膝の形が劣悪ですね。  そうなんだ。これは、あれか、俗にいう「セルライト」とやらか?  部長!調べによりますと、膝の上に肉がつくのは、①筋肉の衰退 ②むくみや老廃物 だそうです!  ぐ、ぐはぁ(吐血)。そのまんまじゃないか。ドンピシャど真ん中パフパフ。  ですが、片道5キロ以上の、坂が連続す…

続きを読む

あれから1年

 あれから1年が経ちました。いやぁ、早いものです。  1年前の今日。雨が降って肌寒い日でした。旦那さんにT駅まで送ってもらい、JRで東京駅まで行って、そこから初めて乗る北陸新幹線で燕三条まで行ったのです。  土曜日で、6月8日に入校したのは私ひとり。「1人なんて珍しいですよ」と言われたとき、寂しさと共に「そんなもんか」と思ったのを覚えている。  そう、1年前の今日から2週間。私は新潟県燕市で免許合宿に挑んだのでした。40代半ばに差し掛かろうという年齢で!  今思えばあの時行ってしまって良かったと思う。1年伸ばしていたら無理だった。こんな、コロナで移動が難しいとかなるなんて思ってもみなかったよ。  合宿パックをしている自動車教習所はコロナの時は中止していたのかしら。山形で横浜から来た子がコロナ陽性ってニュースもあったし、全国から来るから難しいよね。  私の時は、関東や九州、北海道の人もいた。まさに日本各地から集まる。  あの2週間は…うーん、すごかったな。胃がねじ切れるかと何度も思った。仮免までがとてもしんどくて、後半は楽になったものの、卒検が近づくほどに「早く帰りたい」と思って。ホームシックというよりは、「料理作りたい!」だったんだけど。なんだったんだ、あれ。  6月8日に入校、13泊14日の最短コースで無事卒業。帰宅して、翌日の日曜日は免許センターがお休みだから、月曜日の24日に本免の試験を二俣川に受けに行った。  神奈川県の本試験、難しいんだっ…

続きを読む

高カロリー=美味しい

 はー、何で高カロリーのモノって美味しいんでしょうね。もぐもぐ。  今日は久しぶりに混んでいることでお馴染みのスーパーに行ってきました。そしたら、チョコパイがね。40%オフでね。1分ほど熟考した挙句、買ったわけですよ。そして、食べた。うまい。うますぎる。  「旦那さんがチョコパイ好きだし」と言い訳しながらカゴに入れたのに、旦那さんより先に食べている。万死に値する行為だが、うまい。  旦那さんとは比較的食の好みが合致しており、お互いにチョコとチーズが好き。あ、でも、私のチーズ好きは結婚してからなような気がする。  チョコは昔から。依存症レベルで好き。    家にチョコが一欠けらも存在しない。ということは、そう、6年間、一度たりともないわけです。  チョコパイうまかったなー(まだ言ってる)。  生クリーム食べたい病は治まったが、甘いものは通年食べたいのである。  でも、この年になるとたくさんは難しい。昔は大食い甘味王の名を欲しいままにしておったが、過去の栄光よな。本気を出せばまだイケる気はするが。本気を出すとそのあとが辛いと知っているBBA…。  高カロリーのモノが美味しいと感じるのは油や糖質が多いからなんでしょうね。  その観点から言うと、私は油が多いものは苦手だから、そっち系はあんまりなぁ。こってりしたラーメンとか食べられんし。  でも、バター(マーガリン)やマヨネーズはたまらなく食べたいときがあり、たまにこってりする。マーガリンとか健康には…

続きを読む

確かに10万円よりも市県民税が来た。

 横浜市は大きい故なのか、いろいろなことが遅うございます。  10万円の特別給付金申請書も布マスクも届かぬ内から、市県民税のご到着。  自動車税はもっと前に到着済み。  ううん。お金をもらう前にもらうお金と同じくらい払えと言われると、「もらっても補填に使おう」って気持ちになるね。  タイミングが悪いのはむろん仕方ないとはいえ、うちは国保じゃないからまだましな方で、やはり国保と市県民税と自動車税でお一人10万円なんぞ飛んでゆく・・・なるほど・・・(虚しさを噛みしめる)。  うちの両親はとうとう非課税家庭になったそうで、母親がむっちゃ喜んでいる。  早稲田のアパートがあったから、そこの家賃収入のせいで、普通のサラリーマン以上の市県民税を払っていたからね。って、それだけ金が入ってきたんだからええやんけ。と思うけど、彼らはその家賃収入はほぼ使わず、修繕やその他アパートに必要な金しか使っておらず、「別に増えてないのに税金ばかり高い」となっていたらしい。  え、そしたらすげー金が溜まってるんじゃないかって?  「すげー」ってどのくらいかは個々人の感覚によるものですので、判断しかねます。ただ、プールしておいた金は父親の生命保険代になりましたよ。私と姉が受け取りで。  今は同居だけど、世帯を分離しているから2通来た。2通来たということは世帯が無事に分かれているということで、やれやれである。  同じ住所に居してはいるが、お金はまったく別々。  両親は旦那さん…

続きを読む

おっぱいと細マッチョ

 6月になりました。雨のスタート。ヒゲが濡れた猫みたいにやる気がわかない(というか動けない)月曜日。  しかも。昼前から月の使者が1日早いお着きとなり、腹も痛いしとにかく眠い。  生理中はコーヒーなどのカフェインは良くないと聞くんだけど、生理中くらいは好きなものを飲み食いさせてくれと思ってしまう。チョコも。良くないんですってね。うん、控えようって言いつつ食べる。  ただ、昨日までの「生クリーム!生クリームが食べたいのじゃぁぁ」と叫ぶ老婆がいなくなった。  血が出た(と知った)瞬間から欲しくなくなるんだから、女性ホルモンって不思議。  今朝、大阪に住むバリキャリの友人から「今日から通勤に戻りました」とLINEが来た。  彼女にとってテレワークは良かったのか悪かったのか、特に「嫌だ」という旨は言っていなかったから大丈夫かな。  一同に会して仕事をすることの是非が考えられた今般のコロナ。  「会社に着いて、制服に着替えると気持ちが仕事モードになる」という気持ちもわかるんだよね。制服って嫌う人も多いけど、そういう面では切り替えのための良いツールで私は好き。  ナース服に着替えて消毒薬の匂いに包まれると「さー、仕事すっか」って気になっていたもの。  あと、選ばなくて良いじゃん。制服って。そこが良い。  今は部屋着とパジャマの往復で、なんとなくずるずる生活しているからな。家だとノーブラだし。  ああ、そう。  高須クリニックの高須医院長のご子息がYouTube…

続きを読む

運動音痴

 運動なのに「音痴」とはどういうことだろうか。  そればかりか、運動音痴のことを略して「う〇ち」とされるのも解せない。    「音」に「痴漢」の「痴」。ググったら、「痴」とは「 おろか/頭が鈍い/思慮が足りてない などの意味をもつ」らしい。  なんとなく「センスがない」という意味のような気がする。  何をするにも一定の「センス」は必要だ。それが無である状態。運動音痴とは、「運動するセンスがないやつ」という意味なのかもしれない(適当に言っているので本気にしないでください)。  運動以外に、本来の意味である音楽系の事象を指さずに用いる「〇〇音痴」ってあるだろうか。んー。あまり思いつかない。  音楽もセンスが重要なファクターとなるし、運動と音楽、これらはセンスがないとヤバいんだろう。  センス。それは培ったり強化したりできる後天的なものもあるが、やはり先天的なものが強い気がする。  生まれつきのセンス。これが皆無だと歌は下手だし、ハンドボールは投げたら後ろに飛ぶ。  相変わらず前口上が長いが、お察しの通り、私は運動音痴である。  本当の運動音痴はまっすぐ歩くことすら困難なのかもしれないが、まあ、ええと、適度に歩けはするものの、球技の類は一切駄目、動くのも嫌い、格闘技(プロレス)は見るものであり、泳げるが息継ぎができない。  先ほど母が「昨日ね、アメトークの運動音痴芸人やってたの。おもしろかったよ」って言ったのよ。それでこれを書いてるわけなんだけど。…

続きを読む

昔の記事をお勧めします。

 専業主婦となり、悩みもなく平和な暮らしをしているので、ブログの記事が面白くなくなっている傾向が散見されます。  年を取るとキレも悪くなるしな。仕方ねえな。あと、言葉遣いが悪くなった(それは治せ)。  先ほど、過去記事を読んでおりましたが。  一番古い記事は2008年7月。なんと12年前!まだ30代!旦那さんに出会う4年前!!  旅行の記事もたくさん書いてて、今は全然出かけられないからうらやましいの塊。つか、むちゃくちゃ京都に通ってんなー(笑)。  ライブも独身の頃はたくさん行ってたしな。うん。  まあ、それでもぼちぼちと、おばさんなりに細々と続けていく所存でありますよ。  面白いことは書けないけれど、書きたいことを書いていこうと思います。

続きを読む

覆水は盆に返らず、入れた酢も戻らない。

 ポテトサラダを作ったんですよ。晩御飯用に。    前回、新玉ねぎを入れて、「え!なにこれ!」ってくらい美味しくできて、「新玉ねぎが手に入ったらまた作ろう」って思ってたん。   そう。柳の下にドジョウはいなかったよ…。  どれもこれも私が悪いんだけどね。ポテトサラダは悪くない。  下味に、酢少々と砂糖を入れるのが好きなんだけど、酢がね。こう、ね、恐れていた結末だよね。  どばーっと。どかーっと入ったんだよ(絶望)。  もう少しでなくなるから気をつけなきゃ(瓶が軽い)と思ってたのに。本当に駄目だ。  こういう単純なミスってすごくへこむ。しかも、取り返しがつかない。せっかくの美味しいポテトサラダが。なんとなく酸っぱいポテトサラダになった。前回の目を見張るばかりの美味しさからは程遠い。草野球にダルビッシュが来るって言うから望遠レンズ買って喜んで行ったら、樽ビッシュって無名の物まね芸人さん(しかも似てない)が来たくらい程遠い。望遠レンズ代返せ。…まあ、そう、草野球にダルビッシュが来るなんて本気で思った私が馬鹿だったんだけどさ。万に一つの可能性にかけたのにさ。と言う感じである。    昨日は早稲田でお施餓鬼がありました。  今年は三密を防ぐために、本堂でのご法要は中止(人を入れないでやったそうだが)。正午から各々勝手に墓参りに来てくれというスタイルで、せっかくだしってんで旦那さんに運転してもらって車で行ってきやした。  青山あたりで「時間が早いから高円…

続きを読む