たくましい女性と怪談

 図書館が利用可能になり、書架の間をゆっくりと歩くことの幸せがどれほど得難く、ありがたいものであったのか身に染みている今日この頃。  私としては、本はそんなに読んでいない方だと思うし、読んでいる人、ひいては「本が好きな人」からすると幼稚園児並みに読書してないマンなのですが、それでも本は好きだし、図書館はもっと好き。  ということで、最近借りて読んだ本の話。  『ミッキーたくまし』(西加奈子・著)  ミッキーたくまし - 西 加奈子  前作、『ミッキーかしまし』の第二弾。横浜市立図書館の蔵書にはすべて本のお尻(え、なんていう部分?下?)に入荷した年が押印されているのですが、「17」とあったので、「なんだ、3年前に入った本か。最近の本だな」と思って借りてみたら2009年に出版された本だった。騙された。図書館あるある。騙されたのは今回が初めてではない。  と言うわけで、内容を読んでいると「え。まだ西さんご結婚されてない?え?30歳になったばっかり?え?え?」ってなり、その弾けた若々しい文体に圧倒されました。    私は自分で言うのもナンですが、とにかく真面目に生きてきた公務員みたいな(比喩がおかしい)人生及び性格で、橋は叩いても渡らず叩きすぎて壊してから「クッソ、めんどい!」と川に飛び込むような人間なので、西さんみたいな破天荒というかえと、なんていうか、えと、そ、そう、自由な人に憧れがあります!  西さんなら、橋を叩くとかしないで「なんやのん、これー!」と爆笑して、橋を…

続きを読む

自分は自分と言う会社の筆頭株主である。

 図書館は予約した本の貸し出しと返却だけですが、受け付けてくれています。これも1ヵ月全面閉鎖になるのかしら。  さて、先日予約していた本が来たので読みました。  『ぼくたちが選べなかったことを、選びなおすために。』(幡野広志・著)  ぼくたちが選べなかったことを、選びなおすために。 - 広志, 幡野  34歳という若さで、お子さんが生まれたばかりなのに多発性骨髄腫の告知を受けたカメラマンである筆者が書いた手記です。  全面的首肯。頷きすぎて首モゲそう。  淡々とした読みやすい文章ながら、筆者の強い思いが深々と伝わってくる素晴らしい本でした。  「親に恩返ししなきゃいけないっていうのは嫌いだ」  確かにそう。子供は親を選べない。親は子供を作らないという選択もできるけど。だから、親は「家族」とみなすのではなく、「家族」というのは自分が選んだ人(配偶者)とその子であるべき。  毒親に苦しんでいる人は読んだ方が良いと思う。私は毒親育ちではないけれど、姉たちに蔑まれ、嫌われて育ったせいで、「姉妹といえども他人であり、人としての好悪は別にある」と思っている。  姉は私が妹であるという理由で私に親切にしてくれることは決してなかったし、たぶん、血のつながりがあろうとなかろうと私のことは嫌いだったに違いない。  昔から。子供のころから。「相手が自分のことを嫌いなのに、自分は相手のことを好きにならなきゃいけないのは理不尽である」と思っていた。率直かつわ…

続きを読む