上野興福寺展と桜。そして猫&猫。

 紆余曲折ありまして(その辺はマイスペに書いた。そっちは読まんでいいです)、昨日は上野国立博物館の興福寺展と上野の桜。それから根津~谷中の猫店&路地猫散策に行ってきました。  7時半出発、8時待ち合わせ。  T駅から電車に乗って、上野まで。  上野駅のイベントチケット発売所は長蛇の列で、並ぶ友人夫婦を待って、いざ、国立博物館へ。  開館30分前ながら、入場規制しながらの入り。なんだこりゃ。  今回は『興福寺 国宝阿修羅展』がメイン(に、なったらしい)。  私は母と行くつもりで前売りを買っていたので、母に、「Sさん達と行くことになるらしいので、申し訳ないが貴女は貴女で行っとくれ」と詫びを入れて、とりあえず見てきた。  ええと。  第一室の水晶球や金の粒、椀とか、綺麗でした。  十大弟子と八部衆は、えと。  お弟子さん達(変な言い方)は、あの、私、羅漢さんとか、そういう、元人間な人達のお像にはあんまり興味がなくて(←失礼)。  八部衆も、興福寺で3人くらい会っているので、会っていなかった人メインで見たけれど。  五部浄が。ちょっと感動でしたよ。  なんか、写真で見ると切ないっていうか泣きそうっていうか、ちょっと情けないっぽい表情に見えるんだけど、本物の五部浄は、キリッとしてて、むしろ勇ましい感じを受けました。良かったなぁ。  そして、阿修羅は。  もう、人間が取り巻いていて、「時計方向に少しずつお進みくださーい」てな状況で、むしろ、この煩悩に取り付かれた人…

続きを読む