再びの暑さと音楽の話

 まー、今日も暑くなりましたねー。  朝は肌寒いくらいで「本当に暑くなるのかよ」と疑っていたけれど、きちんと現在の室温、34℃と出ております。  ただ、極度の冷え性で低血圧なせいか、寒いのよりは暑い方が頑張れる。  頑張ったらいかんというツッコミが聞こえたが、耳をふさいで話を先に進める。  なんていうか、寒いと絶望するじゃん。  寒い。むり。死…。みたいな。  暑いと、アタマがぼーっとして、気持ち悪くなったり、気づいたら死んでるパターンだと思うんだよね。  フィジカルは確実に暑い方がヤバいけど、メンタルはヤラレないというか。  (わかってくれる人がどれほどいるか不安)  寒い苦行は嫌だが、暑い苦行は頑張れる。っていうか。  (だから苦行は止めろと再三再四、友人や旦那さんに言われているが)  そんな中。10時から歩いてきました。  図書館は駅前にあり、駅前まで行ってうろうろして帰ると、だいたい5000歩くらいになるん。  ちょうどよいので、久しぶりに曲を聴きながら歩いたよ。  先日記事を書いた、秋山黄色さん。イヤホンで聴いてなかったから。  やー、いいね。すごく良いアルバム。改めて。  caffeinが最高と書いたけれど、どの曲も良い。帰宅後、YouTubeにてMVや映像を片っ端から見ていたよ。  歌い方が曲によって違うっていうか、声の出し方?なんだろう?そこがすごい。  あと、問答無用で声が好きらしい。ボーカルの声が好…

続きを読む

学歴もなく、工場で働いたりする若者の声

 旦那さんが新しく借りてきた音楽を携帯に入れてくれたので(それをきちんとカスタムしてくれたので)、改めて聞いていた。  秋山黄色さん。  ちゃんと、イヤホンで彼の声をじっくり聴いた。アルバム『From DROPOUT』。  From DROPOUT (初回生産限定盤) (DVD付) (特典なし) - 秋山黄色  旦那さん曰く、「工場で働いてるような、安いお酒しか飲んでないような、どこにでもいるような男なんだけど、天才的な音楽の才能があった、みたいな人」。  歌詞がとにかく「鬱屈してんなー」である。  若い。そして鬱屈している。  「普通にできる人」に対する、羨望と吐き気がある。  できない自分に対する不安、憤り、それと同じくらいの誇り。  「もう自分なんて本当に駄目だ」とは言わない。駄目な自分というものをきちんと見ながら、ちょっと笑っちゃったりして、でも「世界に自分という人間はただ一人で、とても尊い」ということは知っている。  なんだかその辺が私は旦那さんにすごくかぶって、ハラハラしてしまう。  旦那さんの若いころに作った曲たちは、黄色さんの曲に似ている。似ているというと語弊があるか。なんというか、色が似ている。    「ちゃんとできない自分」「ちゃんとってなんだよ」「でも、俺だって」みたいな気持ちがあふれていて、胸がぎゅっとするのだ。  傷を見せてくれる。黄色さんは傷だらけで、包帯にまで血が滲んでいて、でも笑っているみたいなイメージ…

続きを読む

8年ぶりのあなた

 今日はKEN LLOYDの誕生日です。ハピバ!賢太郎!  43歳になられたかつての天使が今現在何をしているのか、我がパソコンのブックマークからポータルサイトを開いてみたらリンクが切れておりましてね。  爆笑しちゃったよ。どうしたのか、賢太郎。  仕方がないのでウィキったんだけど、なんも書いてなくてオブリの公式に飛ぶ。んで、行ったところ、どうやらツアーをするらしいですね?(半疑問形)。    オブリはぐいぐい回しているのかー。そうなのかー。と、思ってFAKE?の公式に飛ぼうと踏むが…。  リンク切れてる!!  ううん。むむん。  賢太郎のついったに飛ぶ。  すると、あなた、アトモス!!  ライブですって!!(驚愕)。  しかも終わってる!!(爆笑)。  どうやら2カ月連続でシングルが出るからツアー的なものもするよ、と言ってて。  5月下旬。渋谷。スタートが7時半。4500円。  えええ。いやああ、1人で渋谷に行くのは嫌だし、夫婦で一万仕事も嫌だし、夜遅いし、ローチケとかで買えないし、友達に行ったら「行かない」って言うし(笑)。  そんな気力と体力と8年前に……。  そう!前回のアルバムが出てから8年ぶりにシングルなんですってよ?はちねん?はちねんも放置?!(笑)。  8年前にやってほしかったなぁ(真顔)。  アトモスと打首なら、打首に行きたいと思ったからごめんなのでした。  それにしても……。時の…

続きを読む

キツネツキ!トリツカレ!

 11月22日、渋谷クラブクアトロ!  キツネツキのライブに旦那さんと行ってきました!  なんつーか、クアトロの下、全部、カラって…(テナントとして入っていたブックオ○が撤退したのだ)。  今回は対バンがあって、cinema staffさんというバンド。あ、石野卓球さんが「団体に『さん』つけるのって、あれ、俺嫌いなんだよねー。『電気グルーヴさん』とかさー」って言ってたけど、一応、尊称のつもりでさんづけします(初対面ですし、てへ)。  ライブ前に「アナタの管」でMVを視聴させてもろてて、「へえ。ふうん」という感じで、旦那さんからも「たぶん大丈夫だよ」と言われていたので、あまり心配もせず(あ、ワタクシ、音楽の好みが面倒くさくて、好きな音楽しか聴いておられんという特殊鼓膜を装備しておりますもので。シネマスタッフさんをディスる気持ちは微塵もありません)。  んで。最初にシネマさん(え、ファンの方、なんてお呼びしているの?このバンド?)。  シネマさん目当てのファンの方がとても多く、ライブもとても盛り上がっていました。  真ん中にマイクスタンドを置かない、スゲー暴れる小柄なギターさん(坊主頭)がいらっしゃって、思わず、「ああ、フィンラ○ドのギター氏のようだわ」と思って心が温かくなりました(笑)。  当の、元フィン○ンド、ギター氏にも同様の旨をしつこく3回ほど述べますと(なにせ隣にいる)、3回目にはさすがに「もういいよー」と言っていました。個人的には胸アツでしたよ(全然…

続きを読む

穴を掘って叫ぶ

 今、とぅいったーと「しまぐらし」というアプリとこのブログをやっているわけですが。  とぅいったーに書くと、もしかして万が一ご本人さまのお目に留まると(エゴサしているようには思えない上に、エゴサで引っ掛かっても反応する人ではないが)申し訳ない。  しまぐらしは反応が早くて、全然知らない人でもとりあえず「共感」くれたりするけど、このネタで共感とかもらいたいわけでもないしな。  と言う訳で、誰の目にも留まらないことでは右に出るものがないこのブログにダダモレることにする。  ええと。とぅいったーで、まりんさんがラジオ出演しているのを知りまして(ご本人様が出演したラジオ番組の公式をリツイしてくれていた)、聞いたのですよ。    そうしたら、あのですね、冒頭にまりんさんのことを「こんな人ですよ」という紹介があってですね。  身長164センチ51キロなんだって!!!!  ←崩れ落ちた。  ひゃくろくじゅうよん・・・。ごじゅういちきろ・・・。ベストパーフェクトなプロポーションじゃぁぁ。つか、旦那さんよりほんの少し小さくて、ほんの少し軽い(というか、配合はほぼ一緒や・・・)。  くぅぅぅ。あたしより小さくて軽い!!抱きしめたい!!(爆弾発言)。  あとね、あとね、B型なんだって!!(これは以前から知っていたような気がする)。  イヤホンで聞いたらね、耳元でまりんさん!(あたりまえ)。  プロレスとまりんさんという、俺得な内容である上に、「んふふ」って何…

続きを読む

Nothing's Carved In Stone10周年記念武道館ライヴ

 10月7日。大好きなNothing's Carved In Stoneの結成10周年記念初武道館ライヴに行ってきました!!  4時前くらいに着いたのかな。もう武道館付近は人がたくさんいて、とりあえずグッズ販売列に並ぶ。西日がツライ。キツイ。暑い。だが頑張る。  しかし!Tシャツをはじめ、グッズはほぼ完売(笑)。  仕方がないので、チャリティーシール(緑)とボーダータオルを購入しました。よよよ。  席は1階スタンドの南東5列目くらい。  早々に入って腹ごしらえをして待ちました。あ、もちろん旦那さんと一緒ですよ。  前日の夜に旦那さんと「1曲目はなんだろうね?」「よし、またTOTOやろう!」ってことで、お互いに4曲ずつ「1曲目候補」を立て、旦那さんが勝ったらビール、私が勝ったらプリンアラモードということで臨みました。  結果は!旦那さんが「きっとこれ」と推理した、「Isolation」!!  うわー!!ビールゥゥ!!←  そこからの、「Spirit Inspiration」「Like a Shooting Star」の流れ、ヤバイって。まじ、ヤバイって!  どんだけヤバイかって言うと、2曲目で早くもお団子がボロボロになって髪の毛を結い直したくらいヤバイって(笑)。  そこからの怒涛の名曲連打で、眼鏡を外して踊ること数回。いやあ、すごかった。楽しかった。  私としては、「白昼」をやってくれたのが嬉しかった。名曲だあ、やっぱり。  たっきゅん…

続きを読む

東京カランコロン@エッグマン

 書き損じていた。  5月25日(金曜)。東京カランコロンのライブに旦那さんと一緒に行ってきました。  昨年のカウントダウンの時だっけ? 「会場限定シングル発売」のレコ発的東名阪ツアーをやると聞き、「ライブは観られなくても、シングルだけは欲しい」と漏らしていた旦那さん。  どうにも対バン有ツアーだから、私が嫌がると思ったようなのですね。  そしたら、日程的に25日なら旦那さんがお休みで行けることが判明し、「行けるんだけど…」と言うので、「いいよー」と二つ返事で了承してチケットを取りました。  それが5月に入ってから。無事に取れて良かったねって言いながら、「そういえば、私、26日は用事があったんだった」とわかり、「まあいっか」って(笑)。強行軍だけど頑張りました。  平日のライブは時間が遅い。ありがたいような迷惑なような。  対バンのお相手は、Bentham。カウントダウンの時にカランコロンの前に歌っていた若いロックバンドくんたちです。正直、よく知りません。  ライブ前にランチパックで腹ごしらえをし、まあ、対バンが先にやるからとずるずると入場。  渋谷eggman。キャパは350程度だそう。けっこうギリに買ったのに、200番台前半だったので、旦那さんが「売れてないのかな」と心配していました。  それと、チケットもぎりの時に、「どちらがお目当てですか?」って聞かれたの。  旦那さん曰く、インディーズのバンドとかだと、どっちでチケが捌けたかというシビアな問題が後に噴…

続きを読む

新しい光

 旦那さんに、「Hさんの名前、『Sさん』になってたよ」と間違いを指摘され、前回の記事の名前を「Sさん」から「Mさん」に変えました。訂正してお詫びいたします(誰に)。  どちらかというと、彼女は真正ドSなんだが。まあいいや。  結婚式の二次会、初対面同志の人間が大半の中、そして、共通の話題がたぶん一つもないというのに、5時間以上喋っていたのはやはりすごいような気がしてならないのだが。アレだな、対人スキルが高くて何の話でもだいたいイケる人(ATフィールド皆無の末っ子)が二人いたし、自分からはしゃべらないが喋れば面白いおじさんが三人いたから(おいおい、その内2人は年下だぜ!)。  昨日も旦那さんに言ったのだが、友人の弟くんが、そりゃあまあ、むちゃくちゃ可愛い。  どう可愛いのかというと、すべて可愛い。語彙が低下するが許してくれ。なんつーか、「こういう人は好きか嫌いかで言うと、たいてい苦手なはずなのに大好き」というミラクル。  しかも相手は三十代半ばの男性なのだ。なのに、可愛さが溢れ返っている。これはいったいどうしたことだ。  自分が話したいときに、「ねえねえ、聞いて!」って感じで切り出すのとか、まじヤバい。  そんで、改めて、そのSくんに世界を広げてもらったことをここに開陳しようと思うのだ。  まず一つ。某深夜アニメ。登場人物の名前が温泉になっているから温泉地コラボすればいいのに!って熱く語っていた。確かにオタクの経済効果はハンパない。すごいことになる。ただし、一般人…

続きを読む

音楽のこと

 なんだかだいぶ前なんですけど、あちこち新譜が出たのに書いてなかったなー。  と、思ったので書き残すことにします。  『Mirror Ocean』(Nothing's Carved In Stone)   Mirror OceanDynamord Label 2018-02-14 Nothing’s Carved In Stone Amazonアソシエイト by  ナッシングスのアルバム。昨年末のカウントダウンで歌ってくれた曲(その時は未発表だった)も収録。  この1曲目からすごくいい!!ボーカルのたっきゅんは本当に歌が上手くなったなあと感動すらする。  曲によって違う色付けがされた声は、とても幅があって奥行きも深く、今までにはなかった音を混ぜた歌もあって、素晴らしいアルバムになっている。  どれも全然違うけど、どれも変わらずカッコいい。  なんというか、聞いているこちらも年を取っているもんで、イマドキの若者の音楽ってガチャガチャして耳障りに感じるように、こう、だんだんなってくるんだね。恐ろしいね、老化。  なので、ナッシングスは同世代の人達が作っているということもあって、すごくすんなりと聞けるし、大人向けなバンドだなと思う。  10月には武道館ライブがあるらしい。先行予約を申し込んだら、無事に当たった(やったー!!)。旦那さんと二人で初武道館を楽しんでくるつもり。  カウントダウンでも思ったけど、ナッシングスはいつ聞いてもワクワクするし踊れる。楽…

続きを読む

今更ですが、カウントダウンジャパン2017-2018・その2

 ACIDMANを適当に見て(ひどい)、次はすぐにポリだったので、終わりきるまえに移動。  ずるずると歩いてCOSMO STAGEに到着。ステージ移動も看板が多いからラクだし、このフェス、とにかくスタッフさんが多い気がする。  なにやらフェスやライブでスリとかあるっていうし、それならまだしも痴漢とかあるなんて、ほんと(この後罵詈雑言がひどいので割愛)だから、スタッフさんが多いのは心強くて良い。素晴らしい。今時、人件費が一番高いであろうに、よく集めた。若いスタッフさん達があちこちできちんと働いていてハグしたくなった。  さて。コスモ到着。あまり前の方ではなく、真ん中くらいの適当に場所が空いている所に立ちすくむ。  18:05 POLYSICS  わー!どの曲も知らねえー!でも楽しいー!!(笑)。  そりゃそうですよ。ビバラではじめてポリを生で見て「わー。良かった!ベスト版聞いてみよう!」って言ったの、3年も前じゃん!!(笑)。  というわけで、知らない曲ばかりだったんだけど、しみじみ、「あああ。ポリの曲、まじ好きだわ」と噛みしめながら踊りました。むちゃくちゃ楽しかった。ピコピコは良い。すばら。  いつも聞いてるベスト版(古い)より、こう、洗練されてる感じ?カッコイイ曲ばかりで楽しかった。  ポリは前回もそうだったんだけど、終わったあと、「楽しかった。まじ楽しかった」しか言葉が出ないんよね。  さあ、しかしババアはそろそろ腰が痛いぞよ(笑)。  テナー…

続きを読む

今更ですが。カウントダウンジャパン2017-2018!・その1

 もう三が日も終わり、すっかり正月気分も消え失せましたが、年末のカウントダウンレポでございます。    昨年。友達が「カウントダウンに行くんだけど、一緒に行かない?」と言ってくれ、「えー。金がかかる」等の最低な文句を言いつつも了承し、すったもんだの紆余曲折があって、最終的には私と旦那さんで行くことになりました。    12月31日。2時頃海浜幕張到着!!  駅へ出るとすごい人で、ビビる。え、なに。こんなに人が多いん?サマソニとか前のカウントダウンの時はもっと閑散としていたような気が…。おまけに小雨が降り、くっそ寒い。そうです。覚えていますか?12月31日。大晦日だけ、本当に、たった一日だけ、小雨がパラつくむちゃくちゃ寒い日だったのです。  震えながら会場に到着。  まずはリストバンドとチケットを交換し、クロークチケットを購入。  クロークチケットは1000円で、70リットルのごみ袋と引き換え券を貰います。これに服や鞄をギュウギュウに入れて預け、一日中出し入れ自由なわけです。複数人で行くとかなりお得。しかし、冬なので、二人分の荷物を入れたらギュウギュウ。4人でシェアするのは無理っぽいから、まあ、一人500円という感じかな。出し入れ自由なのはコインロッカーよりも楽だし、なにより「コインロッカーいっぱいかも!」みたいな焦りとか心配がないから、そこは確実に便利だと思う。  チケットに名前と携帯の番号を書くと、1枚をごみ袋に貼って、台紙の方は引換券になるシステム。  クローク…

続きを読む

東京カランコロン@Shibuya WWW X

 12月9日。渋谷WWW Xにて東京カランコロンのツアーファイナルに行ってきました!!  スペイン坂を登って左手にある。くらいの知識で行ったら、WWWとWWW Xとあったりでうわうわしながら開場10分前に到着。  途中、東横線内で具合が悪くなったりしたけど、とりあえず大丈夫(笑)。  もー、さー、困るんだよ。電車に乗れないのとかって!!  比較的混んでいる電車、座れない、という状況になると、頭がぷわぷわしてきて、じんわり吐き気が襲い、目の前が遠くなっていくのです。身体に力が入らなくなって、冷や汗が出て、目が見えなくなってくん。  今回もギリギリのところで座れたから大丈夫だった。実に困る。どうにかしてほしい。こんな症状の人、いません?仲間、いないかな。どうしてる?そういうとき。パニック発作ともちょっと違う気がするんだよね。100%なるわけじゃないけど、高確率で立っていられなくなるん。  と言う話は置いておいて。  ライブ会場は4階。下から階段をぐるぐる登っていくん。微妙に吐き気が残ってる(開場待ちの間にランチパック食べたら少し復活。空腹が良くないらしい。低血糖なのか?!)のに、とどめ的な状態で少々困った。  つか、ちっさ!!  コインロッカー、ちっさっ!!1個のコインロッカーが小さすぎて、あれで300円はダメだよ!100円くらいにしてくれ!!(貧乏人)。  二人分のコートと荷物を入れるとぎゅうぎゅう。つか、よく入ったな、あの面積のロッカーに。という感じ。 …

続きを読む

音楽の話。まさに布教。東京カランコロンはいいぞ!

 音楽の話です。それも布教です。  東京カランコロン。結婚前から旦那さんがファンで、私もカーステレオから流れてくる音楽は聞いておりました。  というか、想い出深いのは、付き合った当初(まじ会うの3回目とかくらい)に横浜で飲んでいたら、酔っ払った旦那さん(当時彼氏)が「東京カランコロンってバンドの、『ラブ・ミー・テンダー』って曲がすごく良くて、まさにそうだと思うんだよぉー」ってイヤホン貸してくれて、強制的に聞いたこと(笑)。  「だって、出会った。それは、消せないんだよ?」  って、ぐだぐだの口調で言ってました。可愛かったです。微妙に何が言いたかったのかわからんかったけど、私たちは出会ってしまって、恋に落ちてしまった。思いは消せないのだ。ということらしいです。  イヤホンで聞いた、せんせいといちろーさんの高く美しい声。その当時、私はそういうテイスト・・・いや、KEN LLOYDの音楽以外他のアーティストは全く聞いておりませんでしたので、「ふぅーん」ってそれ以上は踏み込みませんでした。    月日が経ち、結婚し、たくさんの音楽を聞くようになりました。  旦那さんが超絶雑食(褒めてます)なので、「君の耳は二つしかないじゃないか」と突っ込みたくなるくらいいろんな曲をものすごい量、貯め込んで聞きまくっています。  それに感化されて、私もだいぶ新しい音楽達を好きになりました。  自分で「これ!」と選んだ人達は、KANA-BOONとNothing's Carved…

続きを読む

カウントダウンジャパン17・18

 タイムテーブルが発表になりましたぞよー!みなの衆ー!!  友達が行けなくなったので、私達夫婦二人での参戦となりました、カウントダウンジャパン2017・2018!  見てみてびっくり。つか、笑った。  私達が必ず見るべしと思っている人達は以下、この通り。  15:00 NCIS(galaxy stage)  16:55 東京カランコロン(astro arena)  17:20 ACIDMAN(galaxy stage)  18:05 POLYSICS(cosmo stage)  19:40 ストレイテナー(galaxy stage)  カランコロンと伸夫さんとこは少しかぶってるけど、カランコロン優先なのはガチだから良いとして。  他、全然かぶらなかった!!!    しかし、夜の8時半以降、私ら、どこにいれば良いのだ(爆笑)。  年またぎもどこで過ごそう・・・って感じだし。えと…じゃあ、ダイノジさんかなー。  そりゃ、ひなっちさんがナッシングスとテナーの両方だから、ここは離れてるし、絶対にかぶらないからと思ってたけど、ナッシングスが早すぎじゃね?や、いいけど。いいけども。  やー。楽しみやわー。うふふ。  来月はカランコロンのツアーファイナルにも行くのだ!楽しいを増やそう!

続きを読む

音楽のこと

 なんつーか、超今更なネタで申し訳ないのですが。  KANA‐BOONのNEWアルバム『NAMDA』がとても良かったんで語りたい!と思った次第。   NAMiDAKRE 2017-09-27 KANA-BOON Amazonアソシエイト by  あら。1カ月前に発売なのね。  今回のアルバムはテンポの速い、アッパーな曲が多くて楽しいです。  飯田さんのことがもにゃもにゃあって、5月のフェスではイマイチ元気がなかった彼らでしたが、出来上がったアルバムは今までで一番良い出来だと思います。  吹っ切れたっていうか?「良さ」がとても出ている。おばさんは嬉しい。  それにしても、ぽよちゃんの声は相変わらず可愛いですなー。  メンバーが全員私よりも背が低いというのも非常に萌えますが、小柄だと声が高いっていう言説に則って可愛らしい声なんでしょうかね。  シングルカットした『バトンロード』は、今を頑張る全ての人に聞いて欲しい曲です。  歌詞を見ながら聞くとまた良い。カナブン史上、一番好きな曲かもしれん。  「 誰かを妬むこと 誰かを羨むこと きっと避けては通れないけど    理想 思想 君だけの軌道に添うものだけは手離さないでよ 」  ここの歌詞がとても好き。  自分だけの軌道に添うものを大切にすれば良くて、誰かの決めた何かに沿うもの、添うものなんて必要ないんだって思う。  カウントダウンジャパンでは日にちがズレて見られないけど、ま…

続きを読む

MUSIC VIDEO TOUR

 星野源さんのPV集。ボリュームありすぎて何回かに分けて見つつ、見終わりました。 Music Video Tour 2010-2017 (DVD)ビクターエンタテインメント 2017-05-17 Amazonアソシエイト by    源さん、サービス精神旺盛過ぎ!!(笑)。    ずいぶん前に(まだ旦那さんと交際中に)、ちょっとアレコレ沈むことがあって源さんの初期曲を聞いていたら泣きそうになり、思わず友人に「源さんの曲聞いてたらまじ泣きそうなんだけど」ってメールしたら、「それはヤバイやつやで」って言われたのを思い出しました。  今でも心が薄くなっていると、泣きそうになります。  結婚してからは、「老夫婦」などの曲がヤバイ。先に片方が死んでるのとかほんとキツイ。笑。  『くせのうた』  旦那さんはこのデビューシングルのPVをYouutubeでリアタイ視聴し、「こんな声で歌う人は他にいない!」とほれ込んでソッコーでCDを買ったそうです。  初期の源さんはアコギの音がくきくきしてて、なんかしんみりしちゃう。  『くだらないの中に』  名曲!←一言完結。  いや、この曲は源さんの曲を聞くようになる前に、確か、潮見のアパホテルでお泊り歌会やった時だったかな、友人Mさんと旦那さん(当時彼氏)が「源さんのこの曲は最高」「だよね。まじ最高」って言い合ってて、なんか、羨ましい半分嫉妬半分な気持ちになったのを思い出します。「Sさんも聞きなよ!」ってすごく勧めてく…

続きを読む

ジャパンジャム2017!!!

 さて、カナブンを見終わると、少し時間が空くのです。  旦那さんはゴッチさんが見たかったかもしれないけど、とりあえず3ステージ、ずっと踊り狂ってたので喉も乾いたし疲れた。    と言う訳で、ビールを購入。私はレモンサワー。  フードスペースでポテトを買い、ローソンまで行って追加のビールやおにぎり、サンドイッチ等も買ってしまう。  すごく早い夕食でありました(苦笑)。  実はこの辺りから微妙に記憶がぼんやりしている。ええ、酔っ払っておりまして。笑。  とりあえず、ACIDMANを見に行こうぜと思い立ってSKYステージへ。  伸夫さんです。伸夫節炸裂です。  友人Mさんと旦那さんが好きなん。私はぼんやりしか聞いたことがない感じ。  隣で旦那さんがゆらゆら踊っているのを、酔った頭でぼんやり見ていました。  最後の3曲くらいしか聞かなかったような…。  ここから19時スタートのテナーまでヒマなので、会場内をぼんやりうろうろ。  LOTUSが人工芝で広く、横になったりできたんで、そっちにいました。  BIGMAMAをぼーっと聞きながら空を眺めて「雲、はえー」と言ってみたり。  9mmの前に「コンタクトは無理だ」と悟って眼鏡に替えていたため、目の痛みはそうでもないんだけど、やっぱり砂埃はすごい。風も強い。体温と体力が奪われて行く。  会場内は、キュウソのTシャツを着ている人を多く見かけました。あと、オーラル?  もう、ね、オバだから、若い子のバンドを知…

続きを読む

ジャパンジャム2017!!

 4日、5日をゆっくりと、家でダラダラして英気を養い、迎えたジャパンジャム!!  5月6日!最終日!!  横浜から直通の電車があるため、延々と乗って(でも空いている路線らしく座っていけたので大変助かりました)、着いたぜ!蘇我!!  え、蘇我ってどこ?(千葉に疎い神奈川県民)。  それより、「本千葉」という語感がおもしろくて、ついつい「ほんちばー(「こんちは」の発音で)」とか、「ホンチバクリニック」「ホンチバハイツ」とキャッキャしていました。えと、フェスハイ?(笑)。  ジャパンジャムに行こうと思い立ったのは、実に1週間前。  何気なしにネイバーのGWおでかけまとめを見ていて、「あー。GWにジャパンジャムやるんだ。誰が出るんだろ」って軽い気持ちでタイムテーブル見たら、あーた。  9mm Parabellum Bullet!!  Nothing's Carved In Stone!!  KANA-BOON!!  ACIDMAN!!  ストレイテナー!!  サカナクション!!  ぎゃああああああ。なにこのメンバー!!!  と言う訳で、「え。チケ取れる?」「無理じゃね?」「頑張ってみっか」「余ってる?」「ローチケで直で取れるっぽい」「まじか」「じゃ、俺、明日アタックしてみるね」という流れでソッコーでチケットを買って、行くことにしましたああああああ!!!  チケットが各日、5月1日の時点でソールドアウトしてなかったんだけど。大丈夫かな。という…

続きを読む

音楽の事など

 少し前にリリースラッシュでたくさんの音楽が私のipodに入りました。  すぐには聞かず、地味にテンションが合うようになってから聞くのだけれど、最近はナッシングスの『Existence』ばかり聞いています。  どの曲もカッコ良くて、毎回「なんでナッシングスはマンウィズとかワンオクみたいな売れ方をしないのだろうか」と不思議に思います。  それと同時に、「ものすごく好きなんだから、市場の状況はどうでもいいしな」と瞬時に思ったりも。  たっきゅんの歌詞のセンスも毎回グレードが上がっている気がします。今回もすごいよね。  旦那さんがブログで書いていたけど、「ドジョウ投げる」って聞こえるからなんでドジョウ投げてんの?って思ったら、「同情を投げる」だった。って。笑。  っていうか、「同情を投げる馬鹿にはなりません」って詩もすごくない?(笑)。  『Our Morn』の詩なんですが、「無思想の慇懃な馬の骨」って。言葉に力がある。  『雪渓にて』の時も、「寂しそうなウサギ 毛皮を脱いで 雪の沢泳いで思い出してる」って、雪の沢を泳ぐのに毛皮脱いじゃだめだよ!うさぎ!!とか(笑)。ええ。意訳的なことはわかってますよ。冗談で突っ込んでます。  それと、米津玄師さんのシングル。  私は『翡翠の狼』がすごく好きで、通勤途中によく聞いているのですが、うっかりすると泣きそうになります。なんでだろう。すごく苦しくなる。わおわおーん。  「消せない記憶や苦しみの中で 終わりが来…

続きを読む

祈・水没

 メタのライブ。すっごく楽しかったのだけれど、ひとつ気になったことが。  前の前の人(最前列の人達)が、スマホでライブ中に動画とか写真撮ってたんだよね。  「撮影・録音は禁止」って看板をスタッフさんが持って回っていたのに、全然平気で撮ってたん。  アカンやん。アップしなきゃ良いって問題じゃないやん。    帰りの電車の中で旦那さんも同じことを思っていたらしく。  「あの携帯、水没しちゃえばいいのにね」  「ぶっ壊れろって思った」  プロのカメラマンさんが入ってたし、ビデオも撮っていたっぽいのに。  携帯の画面って明るいから目立つし、目に入るとイラってする。    「もう、行きたいライブのチケット取れなくなったらいい」  「つか、ライブに二度と行けなくなりゃいいのに」  だんだん呪詛も激しくなって参りました(笑)。  いろんな人のライブにそれなりに行っているつもりだけど、はじめて見た。あんな堂々と撮ってる人達。  ちょっと自分で注意するには遠かったから何も言えずにいたのも残念でした。  1枚くらい、ライブ前にパシャとかならわかるけど、演奏中に動画撮るとか意味分からん。  アーティスト側が許可している場合を除き、ライブ会場での録音撮影はダメ!絶対!!  そんなことなら、家でおとなしくDVD見てろ!!

続きを読む

METAFIVE WINTER LIVE 2016

 行ってきましたぁぁぁ!    METAFIVE ”WINTER LIVE 2016” Zepp DiverCity TOKO!!!!    観覧車の下にある方は何回も行ったことあるんだけど、ダイバーシティの方ははじめて行きました。  人が多い(年末だしね)中、開場40分前くらいに到着。  物販がすっげー並んでる。  待機列が外まで伸びているのを見て、「・・・ん。止めよっか」と諦める。  グッズ、可愛かったんだけど。残念。  それにしても、年齢層高ッ!!(オマエモナ!!)。    ご夫婦っぽい人達やカップルさんが多い。もちろん同性同士のお友達さんもいるけど、総じて30オーバーっぽい感じ?50代とか余裕でいる感じ?  高橋幸宏さんの影響?メンバーさん達も平均年齢高いしね(苦笑)。  軽く腹ごしらえをして、呼び出し時間に外で待機。寒い。  5時呼び出しで、10分も経たず列に。早い!(笑)。  先んじて荷物はロッカーに入れていたため、私も旦那さんも軽装。ライブにコートとかありえん元バンギャ(まではいかんがライブに通っていた人間)。    ライブ前に「場所取りは上手。なるべく右手。シンセの前」と打ち合わせをしていたのでスムーズに。  なんと、前から3列目のシンセ前(やや中央寄り)!  ままままりんさんの前ぇぇぇ。超ちけぇぇぇ!!!  いやあ、ね。今年の運は全部使い果たしたね。大丈夫。もう年末だから。  すっごく良いポジションで見られま…

続きを読む

こまごま。最近のこと。

 どうも更新をサボりがちである。  「疲れているから」というのはただの言い訳として、まあ、誰から強要されているものでもないし、ぼんやりと自分のペースで書けば良いかと思っているから、つい、実家へ出かけた日などはパソコンを開けるのがめんどくさくなってしまう。    これも、ウイルス性胃腸炎(感冒性胃腸炎)とRSウイルスとマイコプラズマと喘息とその他アレルギー疾患のせいです。  それでも今週は患者さんが少し減って、精神的にも穏かになりました。  子供と見るや「○ネ!!」と思うほどに心がすさんでいたので。ええ、実際に手は下しませんが、心の中で「○○○○」とか「××××」などと思っていました。うふふ。  何をしていたのかフィードバック。  木曜日は実家に行きました。1人でふらりと行くのは久しぶり。  母に話したいことがアレコレ溜まっていたため、昼前に行ったん。  両親のインフルエンザワクチンも打ってあげたいし、その日程とか、銀行へ電話しなきゃとか、なんか諸々。  木曜日は寒かったねー。  姉が某ファミレスの厨房でパートしているそうで、社割用の割引券(働いている人が貰えるやつなのかな?)を、母がもらったそうで、お昼ごはんはガス○で食べようということに。  父の車で近所のガス○に行き、ランチを食べました。  店内は分煙で、喫煙席と禁煙席の間にはエアカーテンのようなものがあるんだけど、煙がけっこう来る。  臭い。死ぬ。煙草。ううう。  ミックスフライ定食みたいなのを3…

続きを読む

3月と、恋。

 並べたら何のことやらわからん(笑)。    『3月のライオン』のアニメが始まりました。  原作は旦那さんが好き(はちクロ時代から読んでいる)なので、単行本が我が家にはあり、先日の落ちてるday(精神的に落ちてて何もしたくない休日)にはふがふがと一気読みして、おかげで底上げできました。  同じく『3月~』が好きな友人とLINEで「アニメやるよ」の話をして、ちょうど先週も先々週も旦那さんが遅番で起きていたこともあって、リアタイで見たん。  原作の雰囲気を壊さないよう、丁寧に作ってあって好感が持てました。  旦那さんが「なんか、ウチって眼鏡かけてる主人公の漫画、多くね?」って言ってたな。そういえば。  私が眼鏡フェチだから仕方なくね?  って、旦那さんが買ってる漫画の主人公も眼鏡だらけだわな(笑)。  『3月のライオン』『銀の匙』『四月は君の嘘』、『野田ともうします』の野田さんも眼鏡だ(笑)。それから私の『HOLiC』『青の祓魔師』。  眼鏡+黒髪率、異常に高し!!(笑)。  零くん、八軒、有馬くん、四月一日、雪男。髪型もかけてる眼鏡も似てるな。そういえば(爆笑)。  黒髪短髪ストレートスクエア黒縁眼鏡最強説。  3次元なら、ウチの旦那とまりんさん。  ライオンは、先日の新刊もとても良かったです。ようやくふんわりした雰囲気の話になって(ホロリ)。  あかりさんの彼氏には誰がという話。我が家では、島田さん一択で。島田さん推し決定。  実写化映画も、…

続きを読む

3人目

連休明け。クソ忙しく、ガッツリ残業したが、そんなことは吹っ飛ぶ訃報を聞いた。 ブンブンサテライツの川島さんがご逝去されたらしい。 もう。ショックで泣きそう。 大好きなアーティストが若くして他界するのは、本当にツライ。 私にとっては3人目。 ご病気なのは知っていたし、あまりよろしくないのも知ってた。でも、まだ。って思ってた。 賢太郎に出会う前。精神状態が不安定な時。1人で。渋谷でライヴを観た。 それと、旦那さんとビバラ。めっちゃ踊って跳ねて、すごく楽しかった。 友達の運転する車の中。ブンブンの曲を大音量でかけて、2人で「カッコいいねー!」って。 早過ぎるよ。もっと、たくさんの曲を聴きたかった。 死んだらあかん。解散とか脱退とか、そんならいいけど、死んだらダメだようう。 今は悲しすぎるけど。 ご冥福をお祈りします。 たくさんのハッピーと力強さをありがとうございました。 今日は追悼のため、ビールを飲みました(現在酔っ払ってる)。

続きを読む

メタにメタメタ

 実はですね。  METAFIVEのライヴチケが当たりまして。  行けることになったのでいす!!  生の!生で!まりんさん!!!  もう、そのことを想像しただけで鼻血出そうだし、なんなら失禁しそうです。  「ライブ。オムツして行こうと思って」  「オムツはヤバイ」  「じゃあ、尿取りパッド」  「ぎりセーフかな」  「セーフなんかい!」  友人から尿取りパッドはオッケーが出たんで買いに行かなきゃ。  夫とは。  「どうしよう!まりんさん、ぎゅーってしたくなったら、隣にいる人(夫)をぎゅーってすんね!」   「俺は代役か!」  と話しました。  それと、双眼鏡を持って行こうかな、など。  「エロいカメコみたいに、近い距離なのにすっげレンズの双眼鏡でガン見したい!」  「それはヤバイよ」  「ライブ終わったあと、『ヤバイ奴がいた』って話題になりそうだね」  「瀧(ピエール瀧さん)に『なんかさ、ライブでね、双眼鏡で俺の事ガン見してるヤツがいてヤバかった~』とか言いそう」  旦那さんの似ていないモノマネにすら萌えるほどの有様。  「コールする時はなんて言ったらいいの?『砂原さーん』が正解?」  「『まりん』でいいんじゃない?」  「呼び捨て・・・」  呼び捨てにはできまい。やはり「砂原さん」とお呼びするのがベストか。  んん?「良徳さん」。  ぎゃーーーー。駄目。恥ずかしすぎるっ!名前呼びはまだ…

続きを読む

30分未満

6時からビールを飲み、15分後には全て食べ飲みし終えて皿まで洗ってるってドユコト?(笑)。 何はともあれ、1人酔っ払いながら、F?のベルゼライヴDVDを見ています。 2006年ですって。ビックリだわよ。10年も前なのね(e_e) 久しぶりに見る賢太郎はエロカッコよくて素敵です。 常日頃、細くてコンパクトな人を見ているため、「賢太郎、でっか!」って思ったけど(笑)。 だわな。あたしより背が高いんだし。大柄ではないけど、モデル体型だもんね。 ああああ! ブンブンエブリワン!大好きな曲! はああああ。やっぱ、賢太郎すてきだわー。 一番大変だった十年間を支えてくれた人。 大好きな、天使みたいな友達に会わせてくれた人。 ベルゼの頃はサポートも一番良いから最高。 元気そうなパブロ。うむ。良い。 つか、賢太郎がカッコよすぎる。ヤバい。 実際、私はオブリよりF?のが好きだ。 オブリはもっと辛かった頃にリンクしてて、そっちも引っ張るから痛い(笑)。 10年経っても古くない。 ほんと。 なんで売れなかったんだろね?( ̄▽ ̄)

続きを読む

NCIS日比谷野音!

 昨日はNothing's Carved In Stone のライブでした。  日比谷野外音楽堂!!!  ずいぶん前に「え。ナッシングス、野音でライブだって!」「マジか!椅子あるじゃん!行きたい!」という、まあ、「椅子がある」という理由でチケットを取り、無事に取れ(即完だったらしい)、行ってきました!  日比谷だから、近くの有楽町交通会館に行きたいと駄々をこね、昼過ぎに出発して先にそちらを回りました。  心と魂は滋賀県出身のワタクシ、滋賀県から広報誌の詰め合わせを送ってもらう会員になっておりまして、それの住所変更をしたいと薄々思っていたのですよ。  交通会館2階に滋賀のアンテナショップがありますのでね、そこで。と、思って。  世は物産展ブームということもあって、どこも(滋賀県以外)たいへん賑わっておりました。  秋田県大館市の名物ということで「バナナ最中」みたいな最中。  商品名は違うのだけれど、バナナのカタチのバナナ味の最中。が、半額で売っていて購入。  いや、バナナ最中と言えば弘前っしょ。弘前銘菓のパクリかよ。と元弘前市民の旦那さんが言った訳ではなく、バナナ最中がすごく好きな私が「食べたい!」と熱望したのです。  それ以外はぐるぐる見て回って、4時過ぎに野音!  列がハンパない!  今回は立ち見も出ているそう。物販は並び過ぎていて断念。  ライブ前にランチパックを1つずつ食べ、飲み物もしっかり用意してスタンバイ!  野音。久しぶり…

続きを読む

ぽよ!

 旦那さんがKANA-BOONの新譜『Origin』を借りてくれたので、ipodに移植しました。  今回のアルバム、良い意味でJ-popぽいよね。  というのが共通の見解。  ロックに偏り過ぎていないし、歌謡曲テイストもあり、今のカナブンらしさが出ているアルバムなんじゃないでしょうかね。  全編に漂う「若さ」に、オバサンは終始くらくらしましたけど、それもまた魅力であると思います。  今しかできない音楽を、やりたい時にやったらええ。  誰に何と言われようとも、「これやりたい」をぐいぐいやったら良いとオバサンは思うので。  収録曲の中では、『インディファレンス』と『talking』が特に好きです。  『インディファレンス』はメロディラインがマイナーで、ぽよちゃんのファルセットが色っぽくてすっごく好きです。  ファルセットが綺麗な男性の声、いいっす。魅力的!  『talking』はPVを見た時から「いいな!」って思ってて。  アルバムに入ると、また少しファンクな感じがカッコよくて好きです。  ぽよちゃん達の歌はキャッチーで、それって批判されることもあるけれど、聞いていて気持ちが良いというのはとても良いことなのだと思います。  私の中で「聞いてて気持ちの良い曲を作るナンバー1」はナッシングスなんですけど。  ここで伸びたら気持ち良いという部分で、きれいに抜けたり、それでいて聞いたことがない音楽を作っている彼らは唯一無二の存在です。  っ…

続きを読む

めた。

 昨年旦那さんが行った、電気グルーヴの「塗糞祭」のDVDが発売され、一緒に映画のDVD版も買ったもんで、ここ数日は電気祭りでした。    旦那さんは昔から電気グルーヴが好きで、私は姉達が好きで一緒に見ていた(見させられていた)。と言う感じ。  特に真ん中の姉は、もろ「ナゴムギャル」のド真ん中だったもんで、リアタイであの頃を見ていました。  映画は、こう、懐かしさを感じますね。やはり。  んで。  インタビューを受ける、現在のまりんさんを見て。ですよ。  か、かわええええええ!!!!(衝撃)。  だったのです。笑。  それが書きたかった。そう。まりんさん、超絶可愛くないですか?!すっごく好みなんですが。超ど真ん中なんですがっ!!!!!  ものすごく華奢。黒づくめ。首元出さない。サラサラ黒髪。髪型も好き。黒縁眼鏡!(絶叫)。薄い唇。笑うと目元がくしゃってなる感じ。雰囲気。手とか指とか超細い!!あと喋り方も好き!  ぐはああ。旦那さんが隣にいるのに!最愛の人に向かって「まりんさん超かわいいんだけど。もろ好みなんだけど」を連発する。←ダメ。  正直、動いている姿を見て(写真とかではなく、動画)、「ぎゃああ!好き!」って思ったの、賢太郎以来ですよ。賢太郎以来の「この人、好み」ですよ。  あ、旦那さんは除外しますがね。旦那さんに対してもあたしは一目惚れですから(気が多いとか言うな。あと、旦那さんとまりんさんは似ていない)。  そこで、私は「動くまりん…

続きを読む

#私を構成する9枚

 SNSで流行っているらしく、旦那さんも自分のブログに上げていたから私も考えてみました。  「私を構成する9枚」。    『Rio』 DURAN DURAN  『Ray』 L'Arc〜en〜Ciel  『現存在』 DASEIN  『misery days』 OBLIVION DUST  『SONG FROM BEELZEBUB』 FAKE?  『MARILYN IS A BUBBLE』 FALE?  『Silver Sun』 Nothing's Carved In Stone  『般若心経』 真言宗豊山派檀信徒のお勤め集  『YANKEE』 米津玄師  左上から→。中段→下段。  賢太郎のCDが3枚も入っているのは御愛嬌。あの子に命を救われているので。仕方ないっしょ。    デュランは私が好きな訳ではなく、姉達が熱烈に好きだったため、音楽の志向性が萌芽する年齢で否応なく死ぬほど聞かされたんで。全てにおいて、私はサイモンの声と発音が最上となってる。洗脳だから。あれ。  一日中、MTVが流れ、邦楽は一切禁止。アイドルはクソ。そういう家庭環境だったもんでね。  80年代のユーロビート。ニューロマ系の音楽が私の源泉。  そんな中、姉達が家を出て、初めて自分で音楽を選ぶようになってたくさん聞き漁り、初めて「ものすごくハマった」のが、ラルク。  歴史同人の最後とかぶる頃合い。1999年から2000年にかけて。  音楽専…

続きを読む