テーマ:本/漫画

けっきょく、なんだ?

 旦那さんが借りた本を読みました。  『女って何だ?』(カレー沢薫・著)   女って何だ?キノブックス 2018-04-18 カレー沢薫 Amazonアソシエイト  著者名を見れば一目瞭然ではありますが、フェミ本ではありません(笑)。  カレー沢さんが「担当から送られて来る○○系女子」について書いている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日は我が身

 お昼ご飯の後から読み始めて、読み終わりました。  『母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記』(松浦晋也・著)     母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記日経BP社 松浦 晋也 Amazonアソシエイト  なんや、有名な本だったのか? 密林のアフェリエイトパーツ探したら、表紙だけじゃなくて何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いきもの社長と言葉俳句。

 買った本と借りた本と。  『ゆかいないきもの㊙図鑑』(ぬまがさワタリ・著)   ぬまがさワタリのゆかいないきもの?図鑑西東社 ぬまがさワタリ Amazonアソシエイト  ウワーッ(←あいさつ。)でおなじみの、ぬまがさワタリさんの本です。以前、『絶滅どうぶつ図鑑』を買ったときに、この本が出て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近のこと

 前に書いたのが13日か。やはりぼやぼやしていると1週間くらいあっという間ですね。  最近は何をしているかと言うと、「どうぶつの森」をやったり、相変わらずの「しまぐらし」、それから無料動画アプリで猫画像か大食い画像か料理作ってる画像を見ています。  最近は「ねこのデュフィ」というYoutubeチャンネルが好きです。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私には文字がある。

 某文学賞の応募作品数が4ケタと知ったら、とたんに「こりゃ無理も無理」という気になって、却ってホッとしたヘタレでございます。  むろん、応募作品数が3ケタだろうが2ケタだろうが、無理なもんは無理で、分母が多ければ戦う相手も多いから勝率も悪くなるだろうけれど、それよりも心象として「こりゃ無理だ」と出す前からすんなり受け入れたので精神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

某文豪ですから、アナログです。

 某文豪の名前がついた文学賞があり、私の敬愛する最愛の作家さまがそちらの出身で選者になったという情報を旦那さんからもらい、受賞できるとは微塵も思っていないが(そんなもの、ハナが生き返って「ねえね!あたし、喋れるようになったよ。猫又になったの!」と我が家を訪ねて来るのと同じくらい無理だと思っている)、もしかしたら、なんらか、文字の一文字で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

完成!

『となりのできごと』、出来上がりましたあああ!!! 嬉しいー!! ⇧表紙 ⇩裏表紙 6本の短編集で、102ページ。 嬉しい!!!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

整え!自律神経!!

 立ちくらみ、電車の中で起こる貧血に似たパニック発作のような症状、偏頭痛、微熱、倦怠感、身体の痛み、これらをネットでググると、全ては一つの言葉に行きつきます。  「自律神経失調症」  なぞな症状は全て「自律神経失調症」で説明がつき、原因は全て「ストレス」。なにこのテンプレ。  まあ、仕事をしている頃は自他共に認める「ス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぼんやりと。

 津村記久子さんの『ディス・イズ・ザ・デイ』を読み終わりました。   ディス・イズ・ザ・デイ朝日新聞出版 2018-06-07 津村記久子 Amazonアソシエイト  津村さんらしい、というか。とても面白かったし、元気になりました。  J2リーグのファンである登場人物たちが試合を見に行く話なのですが、チームを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本を読む

 小説を書いている間は小説を読まないというポリシーがあったのですが、そんなものは横に置いて小説を読んでいました(笑)。  『パーマネント神喜劇』(万城目学・著)   パーマネント神喜劇新潮社 万城目 学 Amazonアソシエイト  万城目さんの新刊(なのか?)。図書館の返却棚(返した本がまとめられてお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本が届いた!

小説本、届いたー(正しくはコンビニに取りに行った)。 表紙、こんな感じー。 裏表紙、こんなんー。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おかげさまをもちまして!

 誰も待っていないけれども、今回も小説の入稿を無事に終えることができました。  やれやれです。前回よりも「あわわ。どうやったら!」みたいなことはなかったけど、まるっと手順を忘れていて、次からはフローチャートを作成するのでサクサクできるようになりたいです(笑)。  完成して到着するのは9月11日予定。これで、「仕事をする前にも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホラーと言うより、「怖い話」

 加門七海さんの本を読んでいました。  『霊能動物館』(加門七海・著)   霊能動物館集英社 加門 七海 Amazonアソシエイト by  狼や狐など、様々な動物を日本における「神」や「遣い」などの霊能的観点から考察した本。狼と犬の違い、神の遣いとしての狐と人を騙す狐の差異など。なかなか面白かったで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そういうふうにできている。

 本を読みました。  『怪のはなし』(加門七海・著) 怪のはなし (集英社文庫)集英社 2011-12-15 加門 七海 Amazonアソシエイト by  加門七海さんは若いころからよく読んでいる作家さんなので、それを知っている旦那さんが図書館で「これ、読んだことある?」と見つけてくれ、「ないかもー」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「癒える」と「治る」

 中井先生の「考える患者シリーズ」の3巻目を借りて読みました。  『統合失調症は癒える(中井久夫と考える患者シリーズ3)』(中井久夫・監修解説)   統合失調症は癒える (中井久夫と考える患者シリーズ 3)ラグーナ出版 2017-10-17 中井 久夫 Amazonアソシエイト by  今回も元患者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水中翼船炎上中

 なんだかここ二週間くらい忙しくて。放置しっぱなしでした。ここ。  本を読みました。旦那さんが職場から興奮気味に「穂村さんの歌集が出る!17年ぶりだって!!帰りに本屋に寄って買って帰るね!」とメールが来て、「17年ぶりって!」って唖然とした(もっと歌集を出せ)穂村弘最新作です。  『水中翼船炎上中』(穂村弘・著) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ブス」という呪文

 旦那さんが好きだそうで、カレー沢薫さんの本を読みました。  『ブスの本懐』(カレー沢薫・著)   ブスの本懐太田出版 カレー沢 薫 Amazonアソシエイト by  私は泣く子も黙る正統派ブスなので、この本は「あるある」と頷きすぎて顎がガクガクした。もう大変。  バッサバッサと斬って捨てるさまを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『タマゴノヒト』無事に到着

 15日に到着予定の小説が!本日5月12日(織田信長の誕生日!!)に!!  我が家へ届きました!!(感無量!)  表紙はこんな感じです。メディバンありがとうぅ!    裏表紙は簡素です。    中身はこんなん。    今回、段組みは「楽猫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たまには立ち止まり、何もないも良し。

 本の備忘録です。  『太陽と乙女』(森見登美彦・著) 太陽と乙女新潮社 森見 登美彦 Amazonアソシエイト by  旦那さんが借りていたのを読ませてもらった。森見さんのいろいろが詰まったエッセイです。  この本を読んでから、旦那さんは人知れず誰にも見せない日記をパソコンで書いているようです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜の街角で塩昆布ときのこ

 本の備忘録です。  『横浜ルール』(都会生活研究所プロジェクト「横浜チーム」著)   横浜ルールKADOKAWA/中経出版 2015-03-21 都会生活研究プロジェクト[横浜チーム] Amazonアソシエイト by  街ごとにカラーがある。その、地域色というか「横浜ルール」「横浜あるある」をまとめた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蟻のように働き、鷹のように見る。

 どうしてF市の図書館は蔵書が変なんだろう(褒めてます)。蔵書数で言ったら、政令指定都市である我が横浜市の方が多いはずなのに、いつもお隣の市の図書館で面白い本を見つけます。  この本も、見つけた時は「やった!やったよぉおー♪お~おおお~♪はじめてのチュウ~」と脳内に無限ループするくらい嬉しかったわけですが。  なんぞ、すごい本だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乙女スーパー納豆ご飯

 本の備忘録です。  『世界で一番乙女な生きもの』(光浦靖子・著)   世界で一番乙女な生きもの宝島社 光浦 靖子 Amazonアソシエイト by  芸人さんの、光浦靖子さんのエッセイです。2007年から『mini』という雑誌で連載していたものをまとめた本。2010年に出版されてた。図書館に入ったのが2…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

いろんな人がいる。

 雪が降ると聞いていたので、昨日までに買い物とか済ませて家籠りするつもりが。  降らねえじゃん。  というわけで、朝早く起きたことだし(旦那さんが早番なので)、いっちょ図書館でも行ってくるっぺか。と思って、F市総合図書館まで原チャリ飛ばしてばびゅーんと行ってきました。  住んでる市の中央図書館へ行くには電車に乗らんと行かれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すてき図鑑

 ツイッターで知ってから、ずっと好きだった人の!!書籍化!!  出版されるとご本人のツイートで知ってから「いつ出るんだっけ」と思いながら本屋に行くたびに探していたら、どうやら15日に発売されたらしいです。  新宿のブックファーストをさまよい、児童向け図鑑の棚で見つけました。  児童向け?!まじで?! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本の備忘録

 中井先生の本が届いたので読んだのだった(忘れてた)。  『統合失調症をほどく』(中井久夫・著) 統合失調症をほどく (中井久夫と考える患者シリーズ2)ラグーナ出版 2016-09-12 中井久夫 Amazonアソシエイト by  副題の「中井久夫と考える患者シリーズ」とあるように、以前読んだ『統…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本の備忘録

 津村さんの作品を2冊、読みました。  『アレグリアとは仕事はできない』(津村記久子・著) アレグリアとは仕事はできない筑摩書房 津村 記久子 Amazonアソシエイト by  アレグリアさんていう外国人の女性でも出てくるのかと思いきや、複合機の名前でした(笑)。  主人公さんに対して、「あー。わか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本の備忘録

 これからは本も読み放題!うほー!!  『まぬけなこよみ』(津村記久子・著)   まぬけなこよみ平凡社 津村 記久子 Amazonアソシエイト by  津村さんのエッセイ。間違いなくおもしろい。  本当に。共感しかない(笑)。  津村さんの書く文章の軽快さが、エッセイでは爆発しまくりで、「この人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本の備忘録

 読んだ本の事です。  『山怪2』(田中康弘・著) (山怪 続編) 山怪 弐 山人が語る不思議な話 続編山と渓谷社 2017-01-19 田中康弘 Amazonアソシエイト by  前回おもしろかったので、続編を予約し、来たから読んだという感じ。  今回も山に暮らす人たちが語った怪異もりだくさん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本の備忘録

 仕事がヒマなので、本を読んでいます(仕事しろ。いや、あと少しだから好きにさせてくれ←どっちやねん)。  『八番筋カウンシル』(津村記久子・著)   八番筋カウンシル朝日新聞出版 津村 記久子 Amazonアソシエイト by    津村さんの長編。  八番筋とも呼ばれる大阪の商店街の話。嫌な人も出てくる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怖い話を怖くない家で

 今住んでいる家は、築20年を軽く越える木造アパートなのに、全く家鳴りが起きない。  二階に住む人がドタンバタンと大きな音を立てるのは日常茶飯事で、生活音は聞こえるが、聞きなれた「パン!」「ピキィー」という音はない。  おまけに、どこにいても背後が気にならない。一人で留守番していても怖くない。  これ、めちゃくちゃすごいこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more