ワートリ沼にハマる。

 とうとう我慢できなくなり、『ワールドトリガー』(葦原大介・著)を1巻から23巻まで、既刊本すべて大人買いしました。  さすがに23冊も大人買いするのは初めてだったので、若干手が震えたよ(笑)。  もったいないから「1日2冊」という謎の決めごとを作ってじっくり読んでいたわけですが、先日ようやく読み終えました。  また、Gyaoで2期の放送も始まって、ひゃっほー!というところです。  そう、私はGyaoでやってた「ワートリ一挙放送」で1期をバーッと見て、「え、原作読みたい」ってなって漫画買って、「え、2期やってたの?」だったので(2期の最後の方がリアタイできたけれどまとめて見たいからやめておいた)。  ワートリ、ここが良い!  ポイント①・誰も死なない。  ポイント②・魅力的なキャラクターがたくさんいて推しを選びたい放題。  ポイント③・設定やストーリーがしっかりしていて破綻がない。  ポイント④・専門用語てんこ盛りで、ハマりがいがある。  さー、ポイント①から見て行くぜ。  誰も死なない。大事。呪術廻戦、良いんだけどさ。主要キャラをもバンバン殺すでしょ、あの作者さん。鬼滅とかも、キャラが死ぬじゃん。しかも欠損(片目が潰れる、腕が吹っ飛ぶ)とか半端ないじゃん。  私は高橋葉介さんやJETさんのスプラッターホラーを愛読してきた人間なので、腐乱や血しぶき表現なんか全然大丈夫なんだけれど、痛そうなのはキャラクターがかわいそうで、できればない方がいい。  同…

続きを読む

月一連載になっている…

 お久しぶりです。生きています。一応。  パソコンを開けるのも、キーボードで文字を打つのも久しぶりです。前回は3月23日に更新したみたいで、そこから先週末までが一番大変な時期だったのかと振り返る。  私ではありません。うちの旦那さんです。  仕事がクソ忙しくてゾンビみたいな顔をしてました。  通勤に往復2時間、睡眠時間が4~5時間、食事や入浴が1~2時間と考えて、それ以外の時間は全部仕事しているような日々だったんです。  帰って来ても仕事してるし、休みの日でもメールやスカイプをチェックしているし。  仕事のことを考えていない時間なんて、たぶん分単位でしか存在しなかったんじゃないかな、あの人。  ようやく今週から少しずつ「大丈夫かも」という芽が見えているようです。    仕事が忙しいのは旦那さんなのに、仕事をしていないお前には何ら大変なことはないではないかというご意見もございましょうが、まあ、ええ、そうなんですけどね、別に旦那さんが忙しいからと言って私が忙しくなるわけでもなく、ただひたすら待ち時間が長いってだけで、ええと、ええと、忙しかったって感じではなかったかな。  でも、睡眠不足にはなりました。それは仕方ないね。  先週、ちょうど生理だったことも悪かったのだろうけれど、仕事に追い立てられている旦那さんが「平日に休むと仕事が溜まっちゃって嫌なんだよな。それなら週六連勤の方がいい」と言い出し、「そんなことをしたら死んでしまう」と思って、「上の人が休ま…

続きを読む