長らく書いていなかったが元気です

 前回が9月26日更新か。なんかうっかりしていると書き忘れるな。ブログ。

 特に変わらぬ日々の中、両親の運転手を拝命してから車を出すことが多くて「一日中一人」みたいな日がない。
 昨日は母に「昨日は疲れただろうから今日はゆっくりしてねー」って言われたのに、父親に言われて一緒にホムセンとドラッグストア行ったし。

 毎日眉毛書いてるんだよ。おかしいなぁ。

 え、あ?みんな毎日眉毛書くの?すごいね。私はさ、でかけないと眉毛書かんし、ブラもしないんだよ(後者に関してはスルー推奨)。
 
 今日も両親の眼科通院の送り迎えのあと、「お父さん、大きなスーパーに連れて行きたい」とのご要望があり、ショッピングモールまでいかんけれども大きなヨーカドーに行ってきた。

 ついでにお昼ご飯も食べて行こうと言われ、ホイホイと某はな〇うどん(伏字になってない)で「温玉ぶっかけ(小)」とちくわ天ぷらを食べてきました。

 んんん。はな〇うどん愛好家のみなさま、ごめんなさい。私はやっぱり丸亀製麺がしゅき。天ぷらもちくわがぼそぼそやし、味付けも甘くて、そうか、なるほど、丸亀製麺って美味しんだ(遠い目)ってなりました。
 ちなみに父親は「カレー」と言い、カレーライスを食べていましたよ。うどん屋の意義!!(粗品さん風ツッコミ)。

 そんで、あのヨーカドーのはな〇うどん。いっつも注文の時に店員にキレられる(笑)。
 や、笑いごとでないような気もするが……ええと、なんていうか、フードコート慣れしてないって言うか、イマイチ注文の仕方(どこで立ち止まって何を言うか)がよくわからないのですよ。

 最初に天ぷらを選んで横に進み、角を曲がってその先がお会計で、「え、うどんは?」って思うと、曲がったあたりで「お客様!うどんは⁈」と強めに怒られる(1回目)。
 慌てて戻って、メニューを再確認し(適当な名前で言うと怒られそうだからキョドる)、「お、温玉ぶっかけ1つお願いします」と言うと、「ええええ??」と強めに確認される(2回目)。声が小さいんか、距離が遠いのか。
 もう一回「おお、温玉ぶっかけ1つ!お願いしますっ!!」と声を張って、やれやれと気を抜いたタイミングで「熱いの、冷たいの、どっちですか⁈」と聞かれ、「あ、熱い方で」と言うと、すかさず「サイズは⁈」と怒られる(3回目)。
 キョドると「大中小ありますけど!どれにします?」と先んじられ、「しょ、小でお願いします!」と強めに声を張り上げる。隣で母が「わ、私も、えと、温玉ぶっかけ小1つ。あったかいので。それと、カレーを一つお願いします」と告げると、「温玉ぶっかけ小2つとカレーですね⁈」と、暗に「一緒に注文しやがれ」という感じで怒られる(4回目)。
 散々怒られてうどんを受け取り、お会計。毎回このパターン。学習していない駄目客(年に一度も来ない店だから忘れる)であるが、それにしても、ここのはな〇うどんの店員さんはいつも怖い。

 考えてみれば、丸亀製麺では慣れた顔つきで、「温玉ぶっかけの、えと、小を1つ。あったかいやつでお願いします」とすらすら注文できるから、はな〇うどんも丸亀製麺と同じだと思えば良いのだ。なのに。なぜ。

 それで美味しくないのだから、やはり食べない方が良いのであろう。わかった。ごめん。

 誰かに怒られると疲れるものでありまして。

 ヨーカドーから帰宅したのちは、昨夜の睡眠不足も相まって昼寝しました。久しぶりに寝た。

 起きてからは、だいぶすっきりしたんで衣替えなんぞしました。
 夏物のパジャマをしまったり、秋冬物を出して、薄手のカーディガンや夏のパーカーを洗ってしまい、厚手のパーカーを出すなど。
 季節がぐいぐい先に進んでいて、なんだか今年は輪郭のはっきりした季節が続きますね。きちんと秋っぽいもの、最近。

 そんで冬は寒いんですって?(母の情報だからアテにならんが)。

 令和ちゃんは2年目をメリハリつけて運営しているみたいだから、寒いのでしょう。寒いのもまた良し。

 少しずつ日々は過ぎて、今年も残すところあと3か月。残りも健やかに過ごせますように。


 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

  • setoka

    一芭さん丸亀製麺のうどん好きなんですね♫
    私も昼休みは丸亀製麺で済ませる事が多くなりました。サッと食べることが出来るし並んでる間、従業員さんの仕事ぶりを目の前で見る楽しさもあるし。
    香川を旅して讃岐うどんを満喫された一芭さんが好きと言うのだから味に間違いはないでしょう。

    休日まとめてブログ拝見しました。
    「普通が出来ない人の気持ち」興味深く読ませて頂きました。件の本は本屋さんで見かけた事はあったのですが、タイトルから官能的な内容をユーモアで包んでいるんだろうと思ってました。ブログを拝見した中では深い内容なんですね…
    一芭さんのブログを通して私なりの感想も書いていたのですが長くなりそうなので又機会があれば書かせて下さいね♫
    2020年10月03日 09:22
  • 北村一芭

    setoka様

    味の好みは人それぞれで、なおかつ食べる側のコンディションやメンタルにも因ると思うのですが、そうですね。丸亀製麺、好きです。釜たまうどんに無料の揚げ玉を一匙+ねぎを多めに入れて食べています。と、いうか、そればかり食べています。
    はな〇うどんでも「釜たま」って言ったんですが、「釜たまは10分ほどかかります」って言われたもんで、別メニューにしました。
    『夫の~』は、官能的からは程遠い、痛くてしんどくて、私はこれほど著者を応援したくなる本に出合ったのは鳥居さん以来でしたので、読む人を選ぶとは思いますが、とりあえず、えと、エロくはないです。
    既婚者として「私だったら」と考えてしまうし、夫が風俗通いすることを容認できるだろうかとか。悩ましいです。
    この著者さんと、夫が全くスキンシップを取ってくれない人(こちらはコミックエッセイですが)と、どちらが大変なのかしら、とも思いました。後者の方が自分の夫だったらけっこうあっさり別れてるけど。あはは。
    2020年10月05日 17:48