20年以上前の話

 なんか思い立って1998年から2000年に作った自らの同人誌なんぞ読んでおりました。  小説です。懐かしい。  「大人の男性」「おとうさん」のイメージで作ったキャラが現在の私と1歳しか年が違わんかったり(来年は同い年だよ!)、基本が家電だったり(携帯常備ではない世の中よ!)、タイタニックごっこが流行っていたり(若い子は知らんよ!)、もう、懐かしさで目頭と鼻の奥がつーんとした。やばい。時の流れを感じる。しみじみ。  それから、語彙が豊富で驚いたん。ちゃんと小説を書いている。えらい。今の私、語彙がまるきり消失しておる。装飾的な文章というかな。今と文体が、まあ、違う。  ツッコミたいところは多々あれど、なかなかおもしろかったので、もっと書けよと20年前の自分に言ってしまいました。  当時は推理小説なんぞ書いておりましてね、そんなん、今は書けるわけねーっての。  あと、いろいろこじらせてんなーって思った。中二病的っていうか。  肩の力が抜けたのか、毒が抜けたみたいに今はもっと気楽っていうか、何も考えてないっていうか、人生に絶望していない。これはやはり旦那さんのおかげなんだろうな。  当時は結婚はおろか、誰か異性と付き合うことすら想像してなかったし。「好きな人」もできたことがなかったもん。初恋もまだの俺よ、今はこの世で一番大切な人のために生きておるぞ、うらやましかろう(笑)。  料理研究家の男性が「毎日誰かにご飯を作ってもらえるなんて、どれだけ前世で徳を積んだ…

続きを読む