美人は目の保養

 最近、美しい女性や可愛らしい女性が好きでたまらない。  かっこいい男性、素敵な男性ではない。  造詣が整っているなと思う男性はたくさんいる。個人的にはPENICILLINのHAKUEIが一番整っている顔と目しているが、どうやら彼は旦那さんと同じ青森出身(津軽人)であるらしく、北国の色白美人って最強やんな、って思う。  あとは、ベタだが、HYDEとか。ジャニーズの若い子らもキレイな顔の子らが大勢おりますな。  でも、「綺麗やなー」とは思うけど、惚れはしない。  なんというか、芸能人(というか、一般人ではない人)の中では砂原良徳氏が一番かっこいいのであり、一般人ならうちの旦那さんが一番かっこいいので、それ以外は「造詣が整っている」という感じで、それなら女性の方が目の保養というか、なんというか、とにかく最近は美人が好き。  今日、ようやく録画していた「ミス・シャーロック」を見た。  Huluオリジナルドラマをテレビで2本分放送してくれたやつ。竹内結子さんが主役のシャーロックを演じてらして、その、竹内結子さんが、もう、ええ、ええええええ、むちゃくちゃ美しいいいいいいいい!!!!!  好みの顔である。竹内さん。髪型が何より最高。唇の下、顎のあたりにホクロがある。ホクロ美人!最高!  だってさー、ボブじゃん。男女問わずあの髪型、すごく好きなのよ。  椎名林檎さんとか、丸みのあるショートボブが似合う女性は間違いなく美人。大好き。絶対になれないから憧れはしないけど(遠…

続きを読む

たくましい女性と怪談

 図書館が利用可能になり、書架の間をゆっくりと歩くことの幸せがどれほど得難く、ありがたいものであったのか身に染みている今日この頃。  私としては、本はそんなに読んでいない方だと思うし、読んでいる人、ひいては「本が好きな人」からすると幼稚園児並みに読書してないマンなのですが、それでも本は好きだし、図書館はもっと好き。  ということで、最近借りて読んだ本の話。  『ミッキーたくまし』(西加奈子・著)  ミッキーたくまし - 西 加奈子  前作、『ミッキーかしまし』の第二弾。横浜市立図書館の蔵書にはすべて本のお尻(え、なんていう部分?下?)に入荷した年が押印されているのですが、「17」とあったので、「なんだ、3年前に入った本か。最近の本だな」と思って借りてみたら2009年に出版された本だった。騙された。図書館あるある。騙されたのは今回が初めてではない。  と言うわけで、内容を読んでいると「え。まだ西さんご結婚されてない?え?30歳になったばっかり?え?え?」ってなり、その弾けた若々しい文体に圧倒されました。    私は自分で言うのもナンですが、とにかく真面目に生きてきた公務員みたいな(比喩がおかしい)人生及び性格で、橋は叩いても渡らず叩きすぎて壊してから「クッソ、めんどい!」と川に飛び込むような人間なので、西さんみたいな破天荒というかえと、なんていうか、えと、そ、そう、自由な人に憧れがあります!  西さんなら、橋を叩くとかしないで「なんやのん、これー!」と爆笑して、橋を…

続きを読む