鳥よ…。

 かつて新宿にあった日赤病院にて生を受け、早稲田大学の近くで3歳までを過ごし、それ以降はこの地で暮らしております。  家の建て直しで数か月別の場所に家族と共に住んでいたことと、1年間だけ実家から徒歩3分のレオパレスで一人暮らしをしていた以外、基本的にずっと現住所におりました。  それが結婚して、初めての賃貸。初めてのアパート。初めての他住所。  そして6年ぶりにまた今の家に戻って来て。  え、こんなに鳥がいっぱいおるのん?    カエルもめっちゃ鳴いてるし、夜は車の音とか全然しないし、近所で犬がワンワン鳴いておるし。  家を出て旦那さんと住んだ場所は実家から徒歩20分くらい。同じ区内で町名は違うけど、まあ、近所。    それなのに、コチラは「住宅街」なので全然違うのですね。  本当に鳥が多い。あちこちで朝から晩まで何かが鳴いている。  旦那さんは津軽に生まれ育ちました。18歳までかの地で津軽衆として暮らし、ちょっと南部衆に混ざったりしながら再び津軽衆に戻って、そんで、埼玉だとか東京とか津軽を挟みながら流転し、この地に流れつきました。  なので、「鳥が珍しい」のだそう。鳥とか蝶など?確かに津軽に比せばここは南国。いろんな鳥がおります。  ちょっと想像してほしい。  夫が、どこにでもいる鳥を見ては「あー。鳥がいる!」などと嬉しそうにキャッキャしていたら。どうだろう。かわいいが過ぎないか?え?過ぎない?君の夫にはかわいいという成分が足りないのだろう…

続きを読む