ゴミ屋敷を片付ける動画

 ついったランドで、YouTubeの「片付けトントン」というチャンネルが面白いというプレゼンを見かけ、見てみました。

 「こういう人におすすめ」の中にあった、「数人で仲良くわちゃわちゃ作業しているのを見るのが好きな人」というのにドンピシャ(死語)だったからです。
 はい。私は二次元でも三次元でも、数人でわちゃわちゃと楽しそうに仲良さげに何かやっているのを見るのが好きです。そんな性癖なので、戦国時代とかツボったん。

 この、「片付けトントン」というチャンネルは、現存する愛知県の片づけ業者(なんでも屋さんとも違うっぽい)が行ってきた現場の様子を撮ったものに、ナレーション(社員)がついているというドキュメンタリー系の動画です。

 私が見たのは「天井が近い家」という動画。

 御覧になりたい人はこちらかからどうぞ。

 
 
 100万再生されている動画なので、御存知の方も多いのでは。

 いやあ、作業されている社員さんもすごいけど、これ、10年かけて圧縮しまくったゴミらしいのね。
 掘っても掘ってもいろんなものが出てくる…。すごい…。

 別の動画では、5年間住んでいた1Kの部屋、Gが壁をすごい数わさわさと逃げてゆき、ちょ、も、ね(語彙を失う)。
 その部屋の主は男性であったらしく、酒類の缶がむちゃくちゃ出てたけど。こっちの天井が近い家の主さんは酒は出てこない。なんか、ちょっとホッとしたような素面でコレかよと思うような…。

 部屋も3LDKくらい?ファミリー向けの物件。子供向けのおもちゃとか出てくるから離婚されて、ストレスとか心労とかでゴミが捨てられずに貯めていってしまったのかな?という印象。

 1Kの人も、3LDKの人も、言うなれば「忙しくて(もしくは、及び、精神的に病んでて)どんどん溜まっていった」というタイプ。

 こういう人は「捨てなきゃ」「きれいにしなきゃ」と思うからまだ良くて(実際、プロに掃除を任せているのだし)、困るのは高齢者に多い、「持ち帰ってきて溜めこむ人」ではないでしょうか。

 脳の機能障害とか認知症とか、もう、病気レベルでそうなっちゃってる人が大半だろうけど、こういう人は家の中のものが宝物だと思っているから他者が捨てろと言っても捨てないし、片づけを拒否することが多く、また、脈絡のない危険なものまで溜めこむから火災とか怖い。

 私はきれい好きではないけれど、物が定まった所に置いてあるのは気持良いと感じるし、「なんでー!なんで出したら出した所へ戻さないのー!!だからすぐに物をなくすんでしょうがぁぁ!!」と先生や同僚にブチ切れていた。
 独身の頃は母から「きったないんだから(部屋を)掃除しなさい」と言われたが(「汚い」ではなく、「きったない」と言われると傷つく)、結婚してからは旦那さんが「整っていた方が気持ち良い」というタイプだったために、さして「きったない」という状況にはないように思う(たぶん、だといいな)。
 
 だから、ゴミ屋敷にしてしまう人の気持ちはちょっとわかりにくいんだけど。

 でも、状況とかメンタルとかで、人はあっという間にごみを溜めてしまい、ゴミ屋敷になるような気がする。

 そういえば、前の職場の院長が発達障害でもあるのだろうかというくらい整理整頓ができず、そして物を捨てられない男であった。
 先生の物で「絶対に100%確実に間違いなく不要だ」とわかるものはバンバン捨てたりしたが、それでも「捨てる分」と「溜めこむ量」のバランスが取れず、ひたすら増えていき、年に一度、2tトラックとか手配してごっそり捨てる。なんてことをしていた。
 ああいう人は、きっと、気づくとゴミに埋もれているのだろうな(現に私が立ち入れない先生の個室は…嫌…思い出したくもない)。

 あんなゴミがパンパンに天井まで詰まった家が災害に遭ったとき。あれ、全部出るのか…。すごいな…。

 そういえばどこもかしこも災害が続いていて嫌ですね。心配です。

 
(九州や下呂の方は)親戚や友達がいないからいいや、なんてことはありません。
 なんか地震も多いしねー。

 洪水があって、バッタが大量発生して、地震と疫病とかなると、ますます終末じみてきますなー。あとは富士山の噴火か。

 いろいろと試練の年になった今年。下半期は穏やかでありますように。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント