8年前の今日。

 2012年3月17日。8年前の今日。

 この日がなかったら、私は、うーん、ガチめにどうなってたかわかんないなー。

 とにかく、私にとっては結婚記念日より挙式を上げた日より、嬉しくて特別な日であります。
 そして、その日の出来事をリアタイでこのブログに書いてるっていうね(笑)。

 「祝!歌会「穂村会」(名前の使用については本人に無許可です)開催!」という記事。

 あ、一応リンク貼っておきますね。上のタイトルから飛べます。

 この「T中」という人物が現在の夫君でありまして。その日が初対面である3歳年上の女性に対して、「彼女欲しい」と言いまくり(友達が「彼氏欲しい」と言いまくってたから乗っかっただけだと後日言い訳をしていた)、二次会を打診した私に対して「あ、それならメイドカフェ行きたいんだけど、いいっすか?一人で行くのはちょっとアレなんで、行ってみたいところがあるんですよー」とメイドカフェに連れて行き、三次会では「はぁー。死ぬ前に童貞卒業したい」ってくだ巻いてたわけですが。

 そんな男に惚れました(爆笑)。

 そうだよー、あのねー、人生なにがあるかわからんの。飾っても仕方ないの。そのままをさらけ出したら「お、おもろいやん」って思ってくれる相手がいるかもなの。
 むろん、私の側も「いや、それは親鸞上人って人がね」って話し出してもドン引きされなかったのだからお互い様でございます。

 旦那さんは人見知りで人嫌いで、お酒が入らないと全然喋れない、野犬のような人でしたが、なぜか私のことは怖くなかったそうです。なんでだろうねー。たぶん、間に入ってくれた友人のおかげだと思う。それは今でも。

 私は初対面の日に「彼女欲しい」って散々言いまくり、「実はつい先日、ちょっと好きだった会社の女の子にメールをブロックされたんだ」なんて話をしていたから、「そんなら私が彼女になるってのはどうなんだろうか」と思ったし、あと、顔がもろ好みだった。

 今思うと、私は男性不信をかなりこじらせ、むしろ男性恐怖症の域に達していたから、私の中の「この人、怖くない」は特別感を抱かせるに十分足る要素だったんじゃないかな。

 旦那さんは初対面の時から怖くなかったん。とにかくおもしろい人だった。

 おもしろくて、「この人のこともっと知りたい」ってすごく思ったから、やっぱり一目ぼれしたってことなんだわね。

 あれから8年。長いようで短い。

 野犬のような男は、私がせっせと施した餌付けによって、すっかりお座敷わんこになりましたよ。黒い豆しば犬に似ている。かわいい。
 今でも人見知りで人嫌いではあるけれど、なぜだか私に性質が似てきたのか、道を聞かれたりするようになったらしい。
 
 昨年のゴールデンウィーク。お邪魔した那須の長楽寺さん(4匹の猫と住職で有名なお寺さん)で、奥様に「お二人は、こう、雰囲気と言うか空気というか、とても似てますね」と言われたん。

 8年経って、どんどん似てきて、似てきたからか、ますます一緒にいるのが楽になった。

 誰かと一緒にいる方が一人でいるより楽だなんて、あの日以前は知らぬことであったよ。

 他方で、私が苦手なことをいとも簡単にしてしまうところもあり、旦那さんのことは心底尊敬している。

 とにかく優しい。どうした?仏か?ってくらい、優しい。滅私の心が半端ない。無私の人。二言目には「俺はどうでもいい」。どうでもいいじゃねえよ、お前が楽しい方が良いって言ってんだろ。と、こんな口汚く言わないけれど、心の中では「旦那さんの良い方にしておくれー」と叫んでしまう。

 「俺は一芭さんが機嫌よく元気に過ごしてくれたら、あとはそれだけで本当にいいんだ」って言ってたけど。それってありがたいけど、「あたしの幸せは君が笑っていることなんだけど?」って思ったよね。あと、荷が重いな(笑)。

 何というか、私がつらいとか悲しいとかが本当にダメな人で、私以上に私の辛さに気を遣っているから、「意外と頑丈だし、大丈夫だよ?」とは常々言っている。

 昨日も、auペイで「ローソンで200円以上買うと200円割引クーポン」なるイカレたものがあったので、そっこーローソンにバイク飛ばして旦那さんの好きな一番搾り(500ml缶)買って、それがクーポンで97円で済んでウケるー。ってLINEしたん。
 旦那さんもauペイでビール買っておいで。半額以下でビールが買えるよー、って。
 そしたら、「俺は一芭さんが好きな甘いものを買いたい」って言うから、「甘いものはシャトレーゼでも安く買えるし、大丈夫だから。なんか美味しいビール選んでおいで」って返したのに、結局、クレープ買ってきた。

 最近、YouTubeでクレープ作る動画ばかり見て、「クレープ食べたい」って言ってたから。

 「ダンナサンニヨロコンデホシイノニー」ってLINEしたら、「ボクモオクサンニヨロコンデホシイヨ」って返ってきて、素直に「ありがとう、嬉しい。一緒に食べようぜ!」って言った。

 そんな感じで、優しい。

 うちの夫は優しさでできている。

 そんな人に出会えた8年前の今日。

 今日は旦那さんの大好物のキーマカレーを作った。温泉卵も。乗っけるぜ。そんで、いつもは発泡酒とか第三のビールだけど、一番搾りを用意したし、クレープもある。

 ああ、太るだろうな。絶対太るな、って思いながら、同じくらい、幸せだなと思う。


 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

  • setoka

    色んな出会いがあった中で、一芭さんはご主人と結婚されたんだ(๑・̑◡・̑๑)
    優しくて尊敬できるパートナーと人生を共に歩んでいけるって素敵な事ですね⭐︎出会いって不思議で一見偶然に思えるようでも後で考えると必然だったのかなぁ…とか見えないものに導かれるように偶然が重なる事ってありますよね。女性にとって結婚って自分の長い人生を男性に委ねなきゃいけない部分が大きいと思うけどお互い笑顔でいられるご夫婦っていいですよね。記念日なので一芭さんの恋愛時代を想像しながらHYの「Song for」贈ります♫
    2020年03月20日 10:08
  • 北村一芭

    setoka様

    コメントありがとうございます。返信が遅くなって申し訳ありませんでした。

    うちの旦那さんは、よそ様のご亭主だったら応と言わないことも頷いてくれる人で、本当に感謝しています。
    一番嬉しいのは、私と一緒にいる今が一番幸せだと言ってくれることで、お互いに「今が一番幸せ」と一生言いあって笑っていたいです。
    2020年03月25日 16:15