3日、3か月、3年とはよく言ったもんだ。

 「辞めたくなるタイミング」があるらしい。

 3日、3か月、3年。なぜか3がつく区切り。

 ご多分に漏れず、私も唐突にnoteを辞めたくなって止めてしまった。3か月の儚い命でありました(ほろり)。

 楽しかったんだけどね。システム的にちょっと私には向いていない部分があった。noteが悪いんじゃない。書き手である私の嗜好に合わなかったのだ。

 写真を挟みながら文章が書きたい。旅行記とか好きで。

 それが、なんつーか難しい。

 「#」で記事の仲間分けができるけど、目次とかトップページとかなくて、過去記事は流れていくばかりで読むのが難しい(読まれない)。
 旦那さんが「マガジン」って形でグループ分けすると良いと教えてくれたんだけど、面倒が先立って「もういいや」となった。

 もしかしたら今は忙しいから面倒がっているだけで、もう少しゆっくりしてきたら改造する気になったかもしれないけど。後の祭りである。

 昔からこうやって「やるおー!」っていきなり初めて、唐突に「嫌じゃぁぁ」って止めることが多い。

 ブログも生き残ったのはここくらいで、ここの前にも後にもそこそこやったり止めたりしている。

 ここも止めようかと思ったんだけどね。アカウントを消すにはもったいないほどの量を書いているからそのままにしていたのよ。それが良かったのか悪かったのか(悪いことはないか)。

 読んでいる誰かを思い浮かべて書くのが苦手で、とにかく思ってることやらを手が向くまま書きたいだけの人間だから、穴を掘って叫んでいるようなもんで、それなのに「スキ」ってアクションがつくと「ええ?」ってキョドるし、「スキ」がつかなかったらしょんぼりするし、精神衛生上よろしくない。

 ここの「気持ち玉」とやらは、気まぐれに通りすがりの人がつけてくださることも無きにしも非ずであろう。という達観があって、むしろつかない記事ばかりだから、つかなくてもしょんぼりしない。そこがnoteと違って良い。ラク。

 誰かの何かになるのは荷が重い。

 私は旦那さんのために生きてて(字義通り)、彼が幸せであればあとは比較的どうでもいいと思っているから、それ以外の人の何かになるつもりはない。以前はその思い切りができなくてしんどかった(必要以上に応えようとする)けど、無理だからしない。

 ほかにも友達とか両親とか大切な人はたくさんいるものの、究極的に死んだら困るのはあの人だけだなと。

 ああ、むろんコメントとかで話しかけてくださるのは構わないんですよ。私は常識的な人には常識的な対応をしますし。ありがたいなーと思います。読んでくださる方には。

 いるかいないかわかんない人にモヤモヤするのは嫌だから、いないと仮定しているだけです。

 あと、noteってかっこいいよね(どういう感想?)。

 もう少しダサい方が私に向いているなって思って。てへ。

 私が思う以上に、私以外の人は私が書くものを面白いと思ってはくれないんだろうって諦めがついたから良かったかな。
 小説とか。私は自分の書くものがものすごく好きなんだけど(「北村一芭」の世界一のファンは私自身なんだと思う)。自分が面白いと思うものを書いてるんだから当たり前と言えば当たり前。
 他人が読んでもあまり面白くないものを私は書いている可能性が微レ存。ふおー、不毛ー。

 それでも、他人が書いてて面白くないものと、自分が書いてて面白いものなら、後者の方が自分の中で価値があるから私は書いていきたいと思っている。

 なんて言って全然書いてないけどねー。書けよー。もー。

 執筆脳と雑文脳と手芸脳って違っててさ。どれかにカチッとチャンネルが合うから、別のスイッチ入るとムズイんだよね。
 今はさー、だって。

 縫い物したいもん(爆)。

 料理と縫い物がしたい。飽きるまでやったらまた書くかも。

 そういう意味では、noteのブームが終わっただけなんかもしらん。私が止めてもだれ一人残念がらないからいいや。誰かに迷惑や悲しみを与えるのはしんどいけど、そうじゃないから良しとする。

 さて、晩御飯の支度をするわよ。好きな人に、「美味しい」って言ってもらえるものを作る(作れる)以上の幸せはないと私は思っていて、それが毎日できる日々なので、史上最高に幸せな人間です。死ぬまで旦那さんにご飯作り続けたい(3日、3か月、3年はとうの昔に過ぎたから、あとは30年後にこれも「やめたい」って思うのかしらん。69歳なら、あり得るわねww)。


 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

  • setoka

    一芭さん書くことが好きなんですね。
    私も書いてみたいなって思ったのがきっかけでここでブログ始めたんだけど、自分の記事を読み返しながら伝えたい事が素直に表現できて無いなって…結局読まれる事を意識し過ぎて飾っていたんです。形はどうであれ伝えようとする事が大切なのにね。自由に書ける一芭さんそして杳月日記…
    杳月はオフの日月木曜日から取ったってあったけど「杳として」を意識ながらブログ書いているのかな。
    でも今日のブログ最後の5行「美味しいって言ってもらえるものを作る…」のくだりは等身大の一芭さんの想いが込もっていてとっても良かったです(๑・̑◡・̑๑)
    2020年03月16日 22:42
  • 北村一芭

    setoka様

    コメントありがとうございます。

    んー。私にとって「書くこと」は「喋ること」と同じでして、なんとなく、「こんなことあったのー」ってべらべらと勝手に喋っている感覚です、このブログ。
    伝えたいことが明確にないからこそ、noteは場違いだなと思って止めました。
    あと、私は自分の文章が好き(ナルキッソスも真っ青な発言)なので、あとから読み返したくて。この時はこんなことを思ってたのか、こんな本を読んでいたのか、って。自分に残してあげてる感じ。
    だから、setokaさんも、画面の向こうの誰かじゃなくて、未来の自分のために書かれたら楽に書けるのではないかしらんと思いましたよ。

    「美味しいって言ってもらえるものを」って書いたのは、まず、何より先に、うちの旦那さんが私の料理を気に入ってくれていて、毎日せっせと褒めてくれているというところが大きいと思います。ありがたいことです。
    2020年03月17日 16:18