杳月日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 書いてなかったから、まとめ書き

<<   作成日時 : 2012/08/27 09:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ダラダラしとって書いてなかったー。

 『鹿男あをによし』(万城目学さん)


鹿男あをによし
幻冬舎
万城目 学
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 鹿男あをによし の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 超絶今更読みました。
 図書館の「今なら読める、あの時話題の本」というコーナーにあったので。

 面白かったです。ちゃんとオチも決まってて。
 奈良が鹿、京都が狐、大阪がネズミ、という意味づけも納得できたし。←その辺りは煩いので。
 あー。それなら滋賀はサルだねー。日吉の神猿(まさる)さんだねー。
 と、思いつつ、そうすると三角形じゃなくなる訳で、滋賀の疎外感を無関係な私がヒシヒシと感じました。



 『パジャマでごろん』(ささだあすかさん)

 
パジャマでごろん (花とゆめCOMICS)
白泉社
ささだ あすか
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by パジャマでごろん (花とゆめCOMICS) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 借りた漫画。
 ほのぼの。なんだか幸せいっぱい漫画。
 こういうのは自分が幸せな時に読むと共感出来て良いな。と。
 結婚…ねえ…(遠い目)。
 姉がエライ目に遭っているので、結婚願望は薄いです。
 森三中の大島さんが「他人のお母さんやお父さんを、自分の親のように思えた時、大人になったなーって思いました」って言ってました。
 自分の方は好きでいても(歩み寄ろうと努力しても)、相手から蛇蝎のごとく死ぬほど嫌われる。という現実があると私は知っているので。
 この作品の二人のように、うまくお互いの家族とも家族になれたら素晴らしいと思いますね。憧れですわ。


 『銀の匙』(荒川弘さん)

  
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 これも、借りた漫画。
 農業高校のお話だよ、と言われ、農業高校出身者としては「読む!」とお願いして既刊分を借りました。

 いやー。良かった。
 本当に、面白かった。
 母親にも「読んでみー」と勧め、「あのマンガの続きはもうないの?」と言われる始末。

 同じ農業高校でも、漫画の舞台は北海道の酪農科もある大きな高校。
 かたや私の高校は街中にあり、酪農科もなければ、農家の子息・息女も皆無なのんびりした学校でした。

 でも、タマコちゃんのお兄さんが学んでいる食品化学科で、私も学んでいたのですよっ!

 さすがに鶏の頭をぶった切ったりはしなかったけど(苦笑)。
 缶詰を作ったり、パンを焼いたり、ローストチキンを作ったり、いろんなもんを作りました。

 ウチの高校では伝統的に乳酸菌飲料を校内生産していまして(今でも作ってんのかな?)。
 生乳を農家から買い付けて、高校内で生産瓶詰め加工販売。
 その名も「ハイピス」!!
 要するに、カルピスの平農版。うわ。懐かしい。

 畑も田んぼもビニールハウスもありましたよ。
 園芸科学科の人達は、蘭の品種改良なんかで賞もたくさん貰ってたし。

 一年の時には、畑仕事もカリキュラムにあるから、最初にやらされたのが「芋虫取り」。

 作付が終わった畑に、バケツを持って集合し、畑の中にいる、蛾の幼虫(ぷりぷりの芋虫。手のひら大)を掘り出して駆除する仕事です。
 人海戦術なのです。
 バケツに満ち満ちていく、乳白色のぷにぷに。
 私は足のない虫は一向に怖くないので大丈夫でしたが、母だったら気絶していると思います。
 炎天下の中、軍手で畑を掘り返しながらひたすらぷにぷにを掘ってはバケツに、掘ってはバケツに。
 授業が終わったら、畑の端に掘られた穴に、ひとクラス分のぷにぷにがぶち込まれ、その上に枯れ草を積んで。
 容赦なく燃やす。
 オソロシイ授業でした(本当?)。

 その後の作付で出来た大豆は、一部を枝豆として食べ、残りを豆腐に加工していただきました。
 後にも先にも、あの時よりも美味しい枝豆・豆腐とは巡り合えていません。

 ジャムやミカン缶詰なんかも作ったなー。
 ミカンは温州ミカンを手で剥いて、薄皮をはがす作業は薬品で行うんだけど。

 一斗缶の濃硫酸は吸ったら危ないから、って、中庭で小分けにする作業をし、揮発した成分を吸うだけでもヤバイからと、風上に移動。
 硫酸のニオイってどんなかな?って、ちょっと息を吸ったらば。
 「殺」ってニオイがするんだよ(笑)。
 
 強酸性の薬品で薄皮を溶かし、強アルカリ溶液(これはこれで死のニオイがする)で中和させ、その後、水洗いなの。
 缶詰を密封する機械とかも面白かった。

 思えば普通科では体験しないような、おもしろい体験の連続な高校時代でしたよ。
 部活もしてなかったし、学校帰りには本屋に寄るだけで直帰するような日々だったけど、授業だけは面白かった。
 ハチ君(主人公)は、部活やら恋やら色々あって、羨ましくもあり、懐かしくもある漫画でした。


 夏も終わりかけ、そろそろ手元が淋しくなってきました。
 またクロスステッチなぞやろうかと思っている昨今。
 彼のお母様がこぎん刺しをされてたと聞き、またこぎん刺しをやってみたいな(昔作ってた)と思ってみたり。
 帽子も編んであげたいし。

 本と手芸と。


 秋よ、早く来い!!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
書いてなかったから、まとめ書き 杳月日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる