杳月日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 横浜赤レンガ倉庫 ねこ写真展2018

<<   作成日時 : 2018/07/12 19:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 横浜みなとみらい地区にある、赤レンガ倉庫で猫の写真展が行われております。昨日から!
 猫好きな母と本日行って参りました!

 横浜赤レンガ倉庫 ねこ写真展2018

 母娘共に、三度の飯より猫が好き!


 
画像

 

 期間短すぎじゃね? と、言いながら入館。大人500円です。安い。しかも、館内は撮影オッケー。SNSでどんどん宣伝してくれと言う大盤振る舞い。

 冷房がガンガン効いた広めのスペースに、猫の写真が写真家さんごとに展示してありまして。
 大きく引き伸ばしても猫の可愛さはいや増すばかりでひたすら「かわいい」「かわいい」と呟きながら地蔵と化す。

 その中で、沖昌之さんの写真を見つける。
 『必死すぎるネコ』とか『ぶさにゃん』というシリーズの写真を撮っていらっしゃる方です。


 
画像



 外ねこさん達の、必死すぎる姿を愛情あふれる目線で切り取った写真は、ものすごく、えと、大好きでして。
 どれくらい好きかって言うと、写真を見て、「あああ!この人!あたし、すごく好きな写真家さんなの!」と母に言ったら、ご本人が隣にいて、鳥肌が立ったくらいです!(笑)。

 いや、まじ。びっくりした。本当に鳥肌が立ったんだよ(笑)。

 「ええ。まさかご本人様で!?」と言ったら、「そうですよー」と。すっげ気さく(でも丁寧)な方。背が高くてヒゲで、でも優しそうな感じ。

 「や、やああ。だって、すっごい好きなんです。大好きです!」って言ったら、「え。ええ。なんで?」って聞かれて、なんでってなんでやねんってすっごく思いつつ、「いや、ほら。ツイッターとかで」とフォロワーです的なことを言ったら御納得いただいたのですが、「ええ。ぼく、毎日いるってツイートしてますやん」と言われまして、ええ、ええっと、あの。

 すいません!フォロワーではありませんでした!!(帰宅後、ソッコーフォローさせてもらいましたが!)。

 他の猫写真家さんをフォローしてて、それで沖さんの写真がぐいぐい流れてくるんだよぉ。

 そうしたら、「あ、そか。インスタの方では書いてないかぁ」とふむふむしてました。すいません。インスタ、やってません(笑)。

 「なんか、ほら、写真集とか持ってます?」と聞かれるも、「んあああ。持ってきてないですうう」と残念がり、残念がったら、「なんか、なんでもいいですよ。サインしますよ」と言ってくれ、キョドっていたら、お名刺にサインくれました。いいひと!!むっちゃくちゃいいひと!!!

 写真を撮る時の話とか、「猫って見てて飽きないですよね」みたいな他愛ない話とか、思いがけずたくさん話をしてくださって、その間中、「うああああ」と鳥肌が立ちっぱなしの私でした。

 岩合さんもそうだけど、猫写真家の人って、こう、オーラが優しいというか、猫より人間に近いのか(褒めてます)、やわらかい関西弁もふわふわで、ほわわんとしてて素敵。すごい好きって伝えたら、インスタのフォロワー、8万人もいるのに、「ええ?どうして僕なんか?」みたいなスタンスで、だって!すごい写真いっぱい撮ってるやん!って思った。自覚してくださいよ(笑)。

 ああ、来てよかった!!と、思いながらお礼を言って別の写真へ。

 プロ・アマ問わずの写真たち。秋田のリンゴ農園のにゃんこ達がいました。


 
画像


 
 超もっふり!!
 こちらも写真家さんご本人が説明してくだる(のを、後ろで聞いていた)。ほんのり東北訛りがあって、意味もなく親近感。曰く、「岩合さんのリンゴ園の子たちと同じような柄の猫が多くて、こう、ふわふわしているのとか、サバ柄とか」って。確かにリッキーくん(岩合さんが撮った弘前のリンゴ園の猫)と同じ柄の子がいた。雪の中で寄りそうにゃんことか、「寒そう」と言いつつ「かわいい」。ううむ、どこにいても猫はかわいい。


 
画像



 これは左上の「喧嘩両成敗」の猫が、もう、可愛くて(膝から崩れ落ちる)。

 首からパスをぶら下げてウロウロしている人は、どうやら写真家さんであるらしく、どんどん話しかけてくる人もいれば、ふわふわ漂っている人もいた。

 葛飾の保護猫さんを撮ってらっしゃる人ともお話しさせてもらったんだけど、そちらでは缶バッチを購入。お代金は保護猫さんの支援に使われるらしい。絵葉書はもう家にものすごいあって、飾れないくらいなんで今回は泣く泣く購入を断念。缶バッチは普段使っている買い物袋につけた。かわいい。

 写真、たくさんあって見応えがある。それに、どれも可愛い。あと、自分の好みがうっすらわかる(笑)。
 外猫さんで、がんばって生きている姿とかに弱い。秋田の漁港で、人間が作ってあげた囲いみたいな所(入口に「ねこの家」という手書きの札がかかっている)に、10匹近くの同じような柄の子たちがぎゅうぎゅうに入って風雪をしのいでいる姿とかね。たまらん。


 
画像



 ちっちゃい!!かわいい!!三毛ちゃん!!



 
画像



 なんなの?天使なの?!(軽くキレる)。

 隅から隅までじっくり眺めて「はぁぁぁ」とため息と共に展示室を出ました。
 ワールドポーターズまでの道のり、母と「ねこ」「ねこ」「まじ、ねこ」「いい、ねこ」「飼いたい」「ねこ」と語彙を喪失させながらの猫大絶賛大会。
 中井久夫先生の本に、「訪問診察に行った先に、猫がいたことがない」ってあって(犬はあるのだそう。そして、その家のわんこと必ず言葉を交わすそうですよ。中井先生は犬とお話しができるのだ)、それって猫を飼っていると精神を病まない説なんじゃない?!って思った。そうだよね。やはり猫が家にいれば人間は頭を病まないのよ!

 その後、ワールドポーターズの中にある、アウトレット化粧品店(型番が古いものや、リニューアル前の商品がものすごく安い)で、ふがふがと買い物。
 私はモノを選ぶ時、ものすっごく時間がかかる。買うと決まっているのであれば良いが、「買う」と決断するまでが長い。旦那さんは買い物に付き合ってくれるし、「早くして」とか絶対に言わないし、文句もなく一緒にいてくれるのだが、それが、こう、申し訳なくて。なので、一人でいくらでも考えていられる今よ!今なのよ!と。
 案の定、母は「あたし、ちょっと向こうで座っているね」と別行動。それだけぐねぐね悩む。
 けっきょく、フェイシャルマスク(8枚入りで198円!)と泡だてネット付き洗顔石鹸(72%オフ!!)、旅行用ミニパックのシャンプーリンスセット(3つで100円!)を購入。
 母に戦利品を見せると、「コンシーラーが欲しい」と言うので、再び店に戻って、「ほら、これをこう使うと良いのだよ」と自分の顔のシミで実演したらニキビ跡が消えて、「やばい!これ買う!」と購入。なにやってんのか。自分。

 3coinsでもクーラーバックを買ったりピアスを買ったり。ああ、散財した。楽しかった。久しぶりの「好きなだけすげー買う」をしたわ。とは申せ、総額2000円程度だけどね。

 母をあまり歩かせても悪いので、桜木町を2時くらいに出る。
 地元駅についたら、雨がパラパラ降っていた。しかし、スーパーで買い物をしたいため、母と寄って。

 出たら豪雨(爆笑)。きっとすぐに止むだろう。と言いつつ、「いいや。帰ろう」と濡れて帰りました。
 バイク。すごいよ。パンツまで濡れた(笑)。

 ああ、でも楽しかった。
 沖さんにも会えたし。そうだ。握手してもらえば良かったなー。
 アーティストの方に直に説明してもらえたり、お話が聞けたり、ものすごく贅沢な写真展でした。今日はいい日だった!


 
画像



 沖さんのサイン、ねこさんがいるの!

 「ああ!かわいい!」って言ったら、「昌之のMが耳なんですよ」って言ってました。かわいいが過ぎる!
 あと、どの写真家のみなさんも、「ねこさん」という言い方をしていたのが今思えばおもしろいです。むろん、私もそう言いますが。なんだろう。猫好きの性…ですかね(笑)。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
横浜赤レンガ倉庫 ねこ写真展2018 杳月日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる